Google Search Console(グーグル サーチコンソール)」は、(not provided)として隠されていた検索キーワードを調べられたり、Google検索結果であなたのWebサイトがどのように表示されているかを知る手段として使えます。また、Google アナリティクスと連携することで、アナリティクス上でGoogle Search Consoleの情報が閲覧可能です。

記事では、Google Search Consoleの基本、Webサイト運営者であれば必ず必要になるGoogle Search ConsoleGoogle アナリティクスの連携方法、検索キーワードの取得方法を紹介します。

※便宜上、記事ではユーザーに馴染みがある言葉として「検索キーワード」を使っていますが、正確には「検索クエリ」です。

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)とは

Google Search Consoleとは、Googleが提供しているツールの1つで、Web担当者が欲しいと思うデータを閲覧できる無料ツールです。2015年5月20日に「Webマスターツール」から名称変更、2018年にはリニューアルが実施され、機能やデザインが進化しました。

Web担当者が登録しておくべきツールとして、「Google アナリティクス」が非常に有名ですが、両者に違いはあるのでしょうか?

Google アナリティクスとの違い

42_searchco_1.png
検索結果の画面

Google アナリティクスでは、Webサイトにアクセスされる前のことはわかりません。ユーザーがそもそもサイトに来なければデータは取得できないためです。しかし、Webサイトへアクセスしてきたユーザーが、「どこから来たのか」「どんなページを閲覧したのか」「どれくらい滞在したのか」などアクセスしてきた後のデータの取得には非常に長けています。

一方、Google Search Consoleはアクセスしてくる前のデータが多く閲覧できるのが特徴です。例えば、検索結果で自サイトのページがどれくらい表示やクリックがされているかなどのデータが見れます。その他、サイトが検索エンジンにどう見られているか、ペナルティを受けているかなども見ることが可能です。

Google アナリティクスの方がメジャーですが、Google Search Consoleで取得できるデータも非常に重要です。なぜなら、検索結果上でクリックされなければ、そもそもWebサイトへのアクセスにはならないからです。一体どれくらいの人がクリックしていて、どれくらいの人がスルーしているかがわかれば改善もできるでしょう。

そのため、Google Search Consoleユーザーのアクセス前の動きを取得し、Google アナリティクスでアクセス後の動きを取得するという使い分けが一般的です。

Google Search Consoleで使える機能

多くの機能が無料で使えますが、 その中でも、よく使う機能を解説します。

検索パフォーマンス

42_searchco_2.png
検索パフォーマンスの画面

検索流入キーワードの詳細を知ることができます。以前のSearch Consoleは3カ月分と短かったのですが、現在は16カ月分のトラフィックデータを使用できるようになりました。閲覧できるデータは、クリック数・表示回数・CTR・掲載順位の4種類です。

これにより、実際にサイトに来ている検索流入キーワードとその検索順位、クリック率などがわかるため、今何をすべきなのかがわかります。例えば、検索上位にも関わらずCTRが低いキーワードがあった場合、検索上位なら普通はCTRも高くなるため、CTRを高める施策を打たなければいけないということがわかるのです。

URL検査

42_searchco_3.png
URL検査の画面

以前のSearch Consoleでは、Fetch as Google という名称でした。URL検査を使えば、クローラーにサイトへクロールしてもらえるような指示を出すことができます。

通常、Googleクローラーリンクなどを通じて自然とサイトをクローリングしてくれますが、サイトを立ち上げたばかりの場合などは、クローラーがそのサイトの存在を知り得ないため、クロールできず検索結果にサイトが表示されないことがあります。そのような場合は、URL検査を使って、Googleにサイトの存在を伝えることで適切にクロールしてくれるようになります。

カバレッジ

42_searchco_4.png
インデックス カバレッジの画面

サイトのインデックス状況を確認できます。

インデックス>カバレッジ

インデックスに影響のあるエラーが発生していれば、詳細まで表示されるので改善が可能です。また、注意するべき問題がある「警告」やインデックスに登録されない「除外」に関する状況も把握できます。修正作業を行った場合、正しく処理できているのか検証できるので安心です。

Webページインデックス状況を把握できれば、本来評価されるはずのページが登録できていない、といった事態に気付くことができます。

サイトマップ

42_searchco_5.png
サイトマップ送信の画面

サイトマップを送信する機能です。

インデックス>サイトマップ

以前のSearch Consoleからあった機能ですが、画面がわかりやすくなりました。サイトマップURLを入力して送信すると、送信されたサイトマップ一覧に表示されます。サイトマップ送信だけを一覧にして表示しているため、前回いつサイトマップを送信したか、また、最終読み込み日時に関する情報まで確認可能。一覧からインデックスカバレッジを表示できるボタンもあり機能的な構成です。

サイトマップを送信すると、Googleにサイトの内容をわかりやすく伝えられます。この機能で送信するサイトマップは、XMLサイトマップといいクローラビリティを向上させるものです。

リンク

searchco_6.png
リンクの画面

サイトへのリンク元情報が調べられるツールは世の中にあまり多くありませんが、Search Consoleでは、サイトへ貼られたリンク元(外部リンク内部リンク、上位のリンク元サイト)の情報が閲覧可能です。

リンク元の情報を知る理由は、不正なリンクなどを第三者に貼られた場合、そのリンク情報を元にGoogleからペナルティを受けてしまう可能性があるから。Search Consoleは、その精査もできるのです。

Google Search Consoleへの登録方法

42_searchco_7.png
Google Search Consoleの公式トップページ画面

Google Search Consoleへの登録は、公式サイトから行います。ページにある「今すぐ開始」をクリックしてください。Googleアカウントのログインを求められますので、アカウントを持っていない場合は登録。
Googleサーチコンソール公式サイト

ログインした状態だと、以下の画面が表示されます。
42_searchco_8.png
Google Search Consoleのプロパティ選択画面

Google Search Consoleの登録には、「ドメイン」と「URLプレフィックス」のどちらかを選択する必要があります。URL情報を入力して、「続行」をクリックしましょう。

「ドメイン」について

新しい登録方法です。サブドメイン、サブディレクトリやhttpやhttps、wwwの有無といった複数のドメインを1つのプロパティで確認できます。ドメインプロパティを使う方が、登録のための労力が1度だけなので便利でしょう。

「URLプレフィックス」について

以前のGoogle Search Consoleからある登録方法です。サブドメインwwwの有無などがあれば、別々のプロパティとして管理するものです。

「ドメイン」の登録方法

プロパティタイプに「ドメイン」を選択する場合、DNSレコードを使ってドメインの所有権を確認しなければいけません。作業としては、ドメインのDNS設定にTXTレコードを設置します。ドメインに関しては、DNSレコードを使う方法しかないため、レコードという言葉に馴染みがないとわかりにくいかもしれません。
42_searchco_9.png
Google Search Consoleドメインの所有権確認

自分が契約しているドメイン名プロバイダにログインし、上記画面でコピーした「TXTレコード」をDNS設定に貼り付けてください。その上で「確認」を押して完了です。

「URLプレフィックス」の登録方法

URLプレフィックス」を利用する場合は、サイトの所有権の確認方法がいくつかあります。
42_searchco_10.png
Google Search ConsoleURLプレフィックスの所有権確認

上記画面でダウンロードしたファイルを指定されたURLFTPでアップロードします。その上で「確認」をクリックしてください。FTPさえ使えれば、すぐに確認できるはずです。

また、その他の確認方法としては以下があります。FTP以外の方法を利用したい場合は、4種類の方法から選択してください。

42_searchco_11.png
URLプレフィックスをその他の方法で所有権確認する

・HTMLタグ
メタタグを指定の位置に設置して所有権を確認します。

・Google Analytics
Googleアナリティクスのアカウントを使用する方法です。サイトにトラッキングコードを設定する必要があります。

・Google タグ マネージャー
タグ マネージャーを使うため、コンテナスペニットをソースに設置する必要があります。

・ドメイン名プロバイダ
TXTレコードをDNS設定に入力して、DNSレコードの関連付けから所有権を確認する方法です。

上記のいずれかを使って、所有権が証明できれば、登録は完了です。

Google Search ConsoleとGoogle アナリティクスの連携方法

Google アナリティクスを利用しているとGoogleアカウントと、Google Search Consoleを利用しているアカウントが同じであれば、すぐに連携ができます。

1.Google アナリティクスのSearch Consoleメニューを選択する

42_searchco_12.png
Google アナリティクスのSearch Console画面

Google アナリティクスの左メニューの「集客」の「Search Console」の中にあるメニューを選びます。Search Consoleの中であれば、どれでも構いませんが、今回は「検索クエリ」を選択。すると、右側に「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります。」と表示されるので、その下にある「Search Consoleのデータ共有を設定」をクリックします。

2.「Search Console」の調整をクリックする

42_searchco_13.png
Search Consoleの調整

上の画像のようにGoogle アナリティクスの設定画面が表示されます。ページをスクロールし、「Search Consoleの調整」をクリックしてください。

3.「追加」をクリックする

42_searchco_14.png
サイトを追加する

Search Consoleの設定をします。追加するSearch Consoleを選択する画面を開くため、「追加」をクリックします。

4.Search Consoleのサイトを選択する

42_searchco_15.png
関連付けるサイトを選択

Search Consoleに登録しているどのサイトをGoogle アナリティクスと連携させるのか選択します。選択後は「保存」をクリックしてください。

5.「OK」を押す

42_searchco_16.png
関連付けを追加

関連付けの追加をするか確認画面が表示されますので「OK」をクリックします。これで完了です。

Search Consoleレポートを確認する

Google Search Consoleと連携したGoogle アナリティクスの画面で閲覧できるようになるのは「Search Console」です。

集客>Search Console

からアクセスできます。

Search Console>検索クエリ

上記の通り、画面を進めると、検索されたキーワード別のクリック数、表示回数、クリック率、平均掲載順位が確認可能です。

集客>Search Console>検索クエリ

この画面では、連携したGoogle Search Consoleのデータを閲覧できます。
42_searchco_17.png
検索クエリの一覧画面

Google Search Consoleのデータは、検索結果で自サイトのリンクが表示されたら、1回カウントされます。

よって、

検索クエリは自サイトへの流入した検索キーワード
クリック数は自サイトへ実際に流入した数
表示回数は自サイトへの流入に繋がる可能性があった数
クリック率は検索結果上での自サイトのクリック率
平均掲載順位はその期間の平均掲載順位

と言い換えられます。

同じ検索キーワードで複数のページ検索結果上に表示されている場合は、算出方法が少し複雑になります。詳細は、Google Search Consoleヘルプを確認してみてください。

検索アナリティクス レポート - Search Console ヘルプ

Search Console>ランディングページでは、ページ別データが確認できます。

「検索クエリ」は検索キーワード別ですが、「ランディングページ」はページ別の数値を確認可能です。
42_searchco_18.png
ランディングページの一覧画面

青枠の部分がSearch Consoleで取得した数字データ、赤枠の部分がGoogle アナリティクスのデータです。
これまでは、それぞれからデータをダウンロードして突き合わせをしなければいけなかったものが、連携させることで業務の負担を減らせるようになります。

<各項目の意味>
・表示回数:
Googleの検索結果に表示された回数。多ければ多いほど露出していることを表します。

・クリック数:
検索結果でクリックされた回数。概数で集計されているので、実際のアクセス数とは若干ずれが生じます。

・クリック率:
クリックされた割合。高ければ高いほど、クリックされやすいと言えます。

・平均表示順位:
複数のページなどが検索対象になることもあり、その平均順位を表します。

Search Console>ランディングページでは、Webサイトのどのページ検索結果に表示されたのかがわかります。

例えば、あるページは多く表示されているにも関わらず、クリック率(CTR)が低いとします。その場合、タイトル文や概要の文章があまり魅力的でない可能性があり、それらを調整することで改善が期待できるのです。

Google Search Consoleを連携させて効率よく分析

先述の通り、Google Search ConsoleGoogle アナリティクスを連携すると、Google Search Consoleの一部のデータをGoogle アナリティクスで確認でき、2つのツールをそれぞれ確認しなければいけなかった手間が解消されるので便利です。

ユーザーがサイトに訪問した後のデータを分析できるGoogle アナリティクスと、検索クエリなどサイト訪問前のデータを保持するGoogle Search Consoleを、Google アナリティクスのデータと合わせて利用できれば、アクセス解析の幅が広がるのは言うまでもありません。
searchco_19.png
Google Search Consoleをアドオンでバックアップ

また、アドオン「Search Analytics for Sheets」を使えば、Google スプレッドシートに、Search Consoleのデータを定期的に自動送信できます。データが取得できたらメールで通知することも可能。これは、Google Search Console単体ではできないことです。

Google Search Consoleは、連携させてこそ効率よくツールの力を活かせます。ぜひ定期的に見てホームページのチューニングをしてみてください。

参考:Search Console ヘルプ

Google アナリティクスの基本もおさらい

初心者必見!「あの数字が見たい」から解説するGoogleアナリティクスの使い方

初心者必見!「あの数字が見たい」から解説するGoogleアナリティクスの使い方

Googleアナリティクスは、ホームページのアクセス状況を無料で把握できるツールとして、多くのWeb担当者に利用されています。アクセス解析をすると、ユーザーがどのような目的でホームページにアクセスしたのか、コンバージョンに至ったユーザーにはどのような傾向があるかといったことが見えてくるのです。ぜひ活用したいGoogleアナリティクスですが、初心者の中には、知りたい数値をどうやって表示したらよいのかわからないという人もいます。