数あるCRMツールのなかで、 Zoho CRM」は15万社以上で導入される信頼性の高いシステム となっています。Zoho CRMは高機能でリーズナブルな価格設定のため、CRMツールの導入が初めての企業にもおすすめです。

この記事では、Zoho CRMの機能や評判、料金プラン、自社にあうCRMを選ぶためのポイントについて解説します。Zoho CRMを導入し、顧客管理や営業の効率を高めたい方はぜひ参考にしてください。

CRMとは

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称で、 顧客関係の管理 を表す用語です。

CRMツールを利用すると、顧客に関する情報や購入履歴、問い合わせデータなどを一元管理できます。エクセルデータや複数のシステム、またはCRMツールに蓄積された顧客データから将来の売上を予測したり、収益性の高い販路を分析したりすることも可能です。

さらに、顧客へのメール送信やDM発送先リストの作成なども、CRMツールの機能に含まれます。そのため、CRMツールは 営業部門だけでなく、カスタマーサポートや企画・開発部門などでも役立つシステム です。

Zoho CRMの主な機能

Zoho CRMは顧客情報の管理機能に加えて、セールスやマーケティング業務を自動化するための機能や、AIによるアシスト機能などがあります。また、顧客情報に関する分析レポートの出力や、外部システムとの連携も可能です。

顧客管理

Zoho CRMでは、 顧客の企業名や住所、メールアドレスなどの情報や、各顧客とやりとりした活動履歴の管理が可能 です。

Zoho CRMの顧客管理機能では、まだ商品やサービスの購入に至ってない段階の見込み顧客と、すでに取引が開始している既存顧客を区別できます。顧客ごとの取引状況に応じて、適切な対応をしやすいことが、Zoho CRMの特徴です。

セールスオートメーション(SFA)

SFAは「Sales Force Automation」の略称で、 CRMのデータを活用してセールス活動を自動化すること を表します。Zoho CRMのセールスオートメーション機能を使えば、 毎日繰り返すルーティン業務を自動化したり、タスクを管理したりすることが可能 です。

また、営業の担当者を各タスクに割り当ててスケジュールを管理したり、購入頻度や購入金額などに基づいて見込み度の高い顧客を特定したりすることもできます。

マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(MA)とは、見込み顧客に関する情報取集や、購買意欲を高めるための活動を表します。

Zoho CRMマーケティングオートメーション機能では、 自社サイトのフォームから登録された見込み顧客の情報を自動で取り込むことが可能 です。資料請求やメルマガ登録などが発生した際に、見込み顧客のメールアドレスや流入経路を自動で管理できます。

また、メールへの反応や自社サイトへのアクセス状況などをもとに、見込み顧客への情報提供を自動的に行えることも、Zoho CRMの特徴です。

分析レポートの作成

Zoho CRMの分析レポート機能を使うと、 売上目標などの達成に役立つデータをリアルタイムで確認 できます。

Zoho CRMの分析レポートは、予めセットした内容に基づいて自動的に作成することが可能です。そのため、手作業でデータを集計したりする手間がかかりません。また、達成すべきKPIを設定しておくと、ダッシュボードと呼ばれる画面で目標達成度を簡単にチェックできます。

分析レポートやダッシュボードでは、グラフやチャートなどさまざまな形式でデータを可視化できるため、必要な情報を直感的に把握できることが特徴です。

AIによるアシスト

Zoho CRMには、 Ziaと呼ばれるAI(人工知能)を活用して業務効率を高めるための機能 が備わっています。Zoho CRMのAI機能は、営業担当者の業務パターンなどを分析し、効率化に役立つ提案をすることが可能です。

また、CRMに蓄積された過去のデータに基づき、顧客行動を予測することもできます。行動パターンが似ている顧客の傾向から、購入の見込み度が高い商品を割り出したり、売上を予測したりできることがZoho CRMの特徴です。

外部システムとの連携

Zoho CRMの拡張機能を使えば、 さまざまな外部システムと連携して、業務効率をさらに高める ことができます。例えば、電話対応を行っている企業の場合、Zoho CRMの電話連携サービスが効果的です。Zoho CRMとコールシステムを連携することで、顧客情報やこれまでの履歴を確認する手間と時間が省けます。

このほか、Zoho CRMを通じた顧客へのアンケート機能や、カスタマーサポートチケットの管理なども可能です。