Webを活用してコンテンツマーケティングをおこなう場合、必ず必要になるのがアクセス解析でしょう。アクセス解析はサイトを訪れたユーザーの行動をデータ化して教えてくれるものです。サイトの現状が把握できるため、アクセスの改善に向けた対策を立てるのに役立ちます。

この記事では、アクセス解析についての基礎知識を解説していきます。Googleが直接提供している代表的なツールであるGoogle Analytics。この導入方法や使い方についても紹介していくので、参考にしてアクセス解析についての理解を深めていきましょう。

その他にもおすすめのアクセス解析ツールや、アクセス解析で注目すべきポイントについても触れていきます。本記事が、アクセス解析を始めるためのよいスタート地点となれば幸いです。

アクセス解析とは

まずはアクセス解析とは何なのか、基本的な内容を押さえていきます。全体の概要を把握し、実際に導入する際のイメージを膨らませていきましょう。

サイトへの流入などを数値で把握

アクセス解析では、サイトに訪問したユーザーに関する情報を数値で確認できます。この数値は、ユーザー数やページビュー、サイトでの滞在時間や離脱率など多角的に反応を分析できるものです。

データを照らし合わせて考えることで、次の対策がより明確になっていきます。

効果的な分析と対策が可能に

アクセス解析において、手に入れた情報の分析と次への対策は最重要事項といえます。特に直帰率や離脱率セッション数などの数値はサイトにリピーターがいるのかどうかや、コンテンツの方向性がユーザーのニーズに合っているのかを示してくれます。

もしサイト運営に明確な道筋が見出せないという状況であれば、今すぐアクセス解析を導入していくのがよいでしょう。

アクセス解析をおこなうメリット

それでは、具体的にアクセス解析をおこなうメリットについて紹介していきます。アクセス解析は文字通り、サイトの訪問者に関する情報をデータ化できる機能です。

コンテンツを届けるべき相手の反応を知れる重要な要素となるので、メリットを理解して効果的な運営につなげていきましょう。

アクセスの状況を数値で確認可能

先述した通り、アクセス解析ではサイトの状況を数値で確認することが可能です。漠然とPV数などで判断していたサイトの状況をあらゆる視点から見ることで、本当の課題に気づくことができるでしょう。

特にセッション数などといったユーザー1人1人の行動データは、質の高いコンテンツを追求するのに役立ちます。

訪問者の情報から運営の指針を立てられる

サイトのアクセスを伸ばしていくためには、訪問者のニーズを捉え、良質なコンテンツを提供することが重要です。アクセス解析を利用すれば、打ち出した施策の評価を間接的に知ることができます。

訪問者がどのような傾向にあるのかを知ることができるので、サイト運営の指針も立てやすくなるでしょう。

適切なサイト運営のために必要な情報を入手できる

アクセス解析で得られる情報は、サイト運営を円滑に進めるために大いに役立ちます

コンテンツを発信していくとわかりますが、意外とユーザーからの評価というものは読み取りづらいものです。ユーザー評価を具体的に読み取っていくためには、多くのデータが必要となるでしょう。

このように必要なデータを集めようと思ったときに、アクセス解析を導入していれば安心です。サイト運営の質を高めたいのであれば、必ず導入しておくべきでしょう。