電話やメールで登録を受け付けており、登録対応業務にかかる工数が多いと感じている方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが登録フォームの設置です。登録フォームを設置することで様々な業務が自動化され、ミスを減らすこともできます。
本記事では、WordPressで作成したサイトに登録フォームを設置することのできるプラグインや、フォーム作成ツールを紹介します。また、登録者限定に公開される会員ページを作成することのできるプラグインもあわせて紹介します。

目次

  1. 登録フォームを設置するメリット
    1. 24時間登録の受付が可能
    2. 必要な登録者情報を確実に入手できる
    3. 一次対応から登録者管理までを自動化できる
  2. WordPressに登録フォームを設置するプラグイン5選
    1. Contact Form 7(コンタクトフォーム)
    2. MW WP Form
    3. Jetpack Contact Form(ジェットパックコンタクトフォーム)
    4. User Registration
    5. WP User Manager
  3. WordPressに登録フォームを設置するツール2選
    1. formrun(フォームラン)
    2. FormMailer(フォームメーラー)
  4. 会員サイトを作成できるプラグイン2選
    1. WP-Members Membership Plugin
    2. Theme My Login
  5. 登録フォームに必要な機能
    1. 条件分岐
    2. 自動返信
    3. CSVエクスポート
  6. まとめ

登録フォームを設置するメリット

まずは、Webサイトに登録フォームを設置することで、どのようなメリットがあるのか解説します。

24時間登録の受付が可能

従来のように会員登録を電話やFAXで受け付ける場合、自社の営業時間外に登録を受け付けることができませんでした。
しかし、会員登録をフォームで受け付ければ、顧客は24時間いつでも登録を申し込むことができるようになります。これにより、登録したいユーザーを逃してしまうことを防ぐことができ、顧客獲得機会を失ってしまうことを防止できるようになります。

必要な登録者情報を確実に入手できる

フォームの設問項目を必須にしておくことで、必要な登録者情報を確実に入手することができます。

電話やメールで登録を受け付ける場合、聞き漏らしや記入漏れというミスが起こる可能性があります。一方で、フォームで登録を受け付ける場合は、聞き漏らしや記入漏れを確実に防ぐことができます。さらに確認画面を設けることで、記入内容に誤りがないか確認することも可能です。

一次対応から登録者管理までを自動化できる

フォームの自動返信機能を活用することによって、登録が完了したことを伝えるメッセージや登録情報を瞬時に送ることが可能です。通常のメール等で登録を受付する場合は、担当者がいなければ迅速な対応ができないため、一次対応の自動化は大きなメリットと言えるでしょう。

また、登録フォーム作成ツールを活用すれば、さまざまな媒体から取った顧客情報が自動でデータ化されるため、簡単に一元管理することができます。登録フォームを利用せずに電話やメールで登録を受け付ける場合は、顧客情報を手動で1つの形式にまとめる必要があるため、作業の手間を減らすことにつながります。

WordPressに登録フォームを設置するプラグイン5選

まずは、登録フォームを設置できるプラグインをご紹介します。WordPressフォームを設置できるプラグインは数多くありますが、その中から厳選したプラグインを5つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

Contact Form 7(コンタクトフォーム)

image11.png

フォームを作成できるプラグインとして有名なのが、Contact Form 7です。簡単に操作でき、高いカスタマイズ性が魅力です。初心者はもちろん、HTMLCSSを扱える方からも簡単にカスタマイズできるフォーム作成プラグインととして重宝されています。

ただし、Contact Form 7の初期設定では、確認画面の設定ができません。プラグイン「Contact Form 7 add confirm」を追加することで確認画面を追加設定できます。登録者の入力ミスを減らしたい場合は、プラグインを追加し確認画面を設定することをおすすめします。

項目 内容
自動返信
CSV出力 △(追加のプラグイン使用時利用可能)
条件分岐 △(追加のプラグイン使用時利用可能)
プログラミング知識 不要※カスタマイズには必要
日本語対応

MW WP Form

image10.png

MW WP Formは、WordPressフォームを設置できるプラグインです。シンプルなショートコードを記述してフォームを作成することができます。また、確認画面を設置できたり、MW WP Formの機能を拡張する追加アドオンがあるのが特徴です。

さらに、フォームから送信された情報はデータベースに保存が可能で、CSV形式でダウンロードもできます。さらに、データベースに保存したデータをグラフで表示できるため、収集したデータの傾向分析に便利でしょう。

項目 内容
自動返信
CSV出力
条件分岐
プログラミング知識 不要
日本語対応

Jetpack Contact Form(ジェットパックコンタクトフォーム)

image9.png

Jetpack Contact Formは、HTMLが苦手な初心者でもフォームを設置できるプラグインです。Jetpackという多機能プラグインの一機能なので、フォーム作成以外にも、サイトの管理やセキュリティ対策、SNSとの連携(シェアボタン)など複数の機能を、WordPressでのWebサイト運営に必要な機能がここに揃っています。

投稿画面からフォーム作成ができ、初心者でも扱いやすい点が魅力です。しかし、フォーム内容の確認画面やフォームの保存、自動返信ができないなどのデメリットもあるので、これらの機能を利用したい場合には他のツールを検討すると良いでしょう。

項目 内容
自動返信 ×
CSV出力
条件分岐 ×
プログラミング知識 不要
日本語対応

User Registration

image3.png

User Registrationは、フォームをドラック&ドロップで簡単に作成することができるプラグインです。フォームを無制限に作成できたり、新規登録者をメールで通知、管理画面でフォームのプレビューが見れたりと、フォームの管理者にとって便利な機能が多く備わっています。

また、作成したフォームから登録したユーザーの、ユーザープロフィールの表示と編集、パスワードの変更、ログアウトなどの機能を備えたアカウントページも簡単に作成することができます。

項目 内容
自動返信 ×
CSV出力
条件分岐 ×
プログラミング知識 不要
日本語対応 ×

WP User Manager

image7.png

登録フォームや登録者のログイン画面を作成・カスタマイズすることができるプラグインです。また、ユーザープロフィールやディレクトリページの作成が可能です。

登録フォームやログイン画面を作成する必要最低限の機能が元から備わっていますが、さらに機能を拡張したい場合は、アドオンを追加で購入する必要があります。アドオンは機能ごとに販売されているため、必要な機能を確認してから購入するようにしましょう。

項目 内容
自動返信
CSV出力
条件分岐 ×
プログラミング知識 ショートコード使用
日本語対応 〇(言語パック使用時)

おすすめのフォーム作成ツール2選

登録フォームWordPressに設置するには、プラグインを使う方法だけでなく、フォーム作成ツールを使う方法もあります。登録フォームを作るのに最適なフォーム作成ツールを紹介します。

formrun(フォームラン)

image4.png

formrunは、ドラック&ドロップ操作で簡単にフォームを作成できるツールです。WordPressへのフォーム埋め込みも、コピー&ペーストのみで完了するため、簡単に行えます。

また、管理画面上で未対応 / 対応中 / 対応完了などのステータス管理や、メールの送受信ができるため、複雑な設定や操作をしなくても登録者の管理ができます。自動返信機能をフリープランも使えるため、業務の効率化につながります。
さらに、2018年にグッドデザイン賞を受賞しており、シンプルでおしゃれなフォームを作成できるため、CVRのアップも見込めます。

項目 内容
料金 FREE:0円、BEGINNER: 5,980円、STARTER:12,980円、PROFESSIONAL:25,800円
導入事例 BASE株式会社、株式会社文化放送、合同会社DMM.com など
自動返信
CSV出力
条件分岐
セキュリティ

FormMailer(フォームメーラー)

image5.png

FormMailerは、無料プランでも5つのフォームを作成できるフォーム作成ツールです。フォームだけでなく、LP(ランディングページ)もドラック&ドロップで簡単に作成することができます。

スマートフォンでもフォームの編集が可能で、フォームの作りやすさや手軽さが強みです。また、他社のツールと比べると選択できるデザインは多くはありませんが、数多くのテンプレートが用意されているため、素早くフォームを作成・公開することができます。

項目 内容
料金 Free:0円、Pro:1,250円、Business:22,500円(年間)
導入事例 NPO法人 DNA、アクトジャパン株式会社、株式会社ループ など
自動返信
CSV出力
条件分岐
セキュリティ

会員サイトを作成できるプラグイン2選

会員サイトとは、会員登録をしたユーザーに会員限定コンテンツを公開できるサイトのことです。登録フォームだけでなく、会員限定サイトを作成したい場合にはこちらを参考にしてみてください。

WP-Members Membership Plugin

image8.png

WP-Members Membership Pluginは、会員制サイトを簡単に作れるWordPressプラグインです。ログインフォームやパスワードの再発行ページなど、会員制サイトに必要な機能の多くが自動的に生成されるので、初めて会員制サイトを作る人でもそれほど時間はかからないでしょう。

会員登録やログインページは、専用のショートコードを記載するだけで簡単に作成できます。利用者が多く、解説記事もインターネット上にたくさんあるため、初めて会員サイトを作る初心者におすすめのプラグインです。

Theme My Login

image6.png

Theme My Loginは、WordPressで無料会員サイトを作成できるプラグインです。電子メールのみのログイン認証を設定できるので、ユーザー名による不正ログインへのセキュリティ対策ができます。

また、機能ごとに分けられた有料のエクステンション(オプション)に課金することも可能で、二段階認証や各種SNSによるログイン、セキュリティ面の強化につながる機能も追加できます。登録ユーザーは、自分のプロフィールの登録やパスワードの変更などが行え、パスワード紛失時にはパスワード再設定画面からメールを経由して再設定することが可能です。

登録フォームに必要な機能

こちらでは、登録フォームに必要な機能を紹介します。プラグインやツールを導入する際に、ぜひ参考にしてみてください。

条件分岐

条件分岐とは、クリックした選択項目によって、その後に表示される設問項目を変更する機能です。フォームに訪れた人にとってみると、確認・回答する必要がない設問を省いた回答を促すことができ、ユーザーにとっての利便性を向上させることができます。

自動返信

自動返信メールとは、登録者がフォームに回答した直後に、登録者のメールアドレス宛てに自動でメールを送信できる機能です。
自動返信メールを設定しておくことで、フォームに回答したユーザーに安心感を与えることができます。また、申込者一人一人に手動でメールを送る必要もなくなるため、業務の効率化にもつながります。

エクスポート機能

エクスポート機能とは、登録者のデータをCSV(ExcelやUTF-8形式)やGoogleスプレッドシートなど外部に出力できる機能です。
登録者データの傾向を分析したい場合や、複数フォームのデータを1つにまとめたい場合などに、データをエクスポートできると便利です。効率的にデータ管理をしたい場合は、エクスポート機能が利用できるかを確認しましょう。

まとめ

フォーム作成ツールを使って登録受付をすることで、多くの業務を自動化することができます。しかし、やみくもに機能が豊富なプラグインやツールを使ってしまうと、費用が高くなったり、サイトの動作が遅くなってしまう可能性もあります。導入する前に、必ず何の機能が必要か確認するようにしましょう。

今回紹介したプラグインフォーム作成ツールは、登録フォームを作成できることはもちろん、その他に資料請求フォームや問い合わせフォーム、応募フォームなど様々なフォームを作成することができます。登録フォーム以外のフォームを作成する際にも、ぜひ使ってみてください。