企業としてWEBサイトによるデジタルマーケティングに注力しようとする場合、どのCMSを活用してサイト構築を図るのかが重要になってきます。ところがCMSにはすでに世界で800以上のサービスがあり、その中から自社に最適なものを選ぶというのは大変な作業。そうした中で現在注目を集めつつあるのが、CMSを自作して活用することです。

そこで今回はCMSとは何か、既存のサービスにどのようなものがあるかを触れた上で、CMSを自作することのメリットや基本的な作成プロセスをご紹介します。

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

直感的な操作で、Webサイト・LP・フォームも作成も自分で完了!さらに、問い合わせの管理や効果測定もできてPDCAが高速に回ります。

CMSとは?

CMSとは「コンテンツマネジメントシステム(Contents Management System)」を略した用語で、WEBサイトを構成するデザインやレイアウト、画像などを一元的に管理できるシステムのことです。

企業が自社サイトを作成してデジタルマーケティングを行う場合、ユーザーにとって見やすく、分かりやすいコンテンツを盛り込む必要があります。

また、自社商品・サービスの最新情報、業界の最新ニュースなどを効率的に更新できるように、管理しやすいシステムを利用することも大事です。CMSはこうしたWEBサイトの作成・運営を行う上で生じるニーズに、きめ細かく対応できるツールといえます。

さらにCMSを使うことで、IT知識にそれほど詳しくない人でもサイトの作成・運営が可能です。CMSを利用しない場合、HTMLあるいはCSSなどのマークアップ言語、さらにJavaScript、PHPなどのプログラミング言語を使って、WEBサイトを1ページずつ作成・管理していく必要があります。

しかしCMSを使えば、WEBサイトに使えるテキストデータや画像データをデータベースに一元的に保存し、あとは各ページにどの画像・テキストを配置するかを選ぶだけでOK。実際のサイトはCMSが自動で組み合わせて作ってくれるので、ITに詳しくない人でも感覚的な操作でサイト運営ができるのです。

CMSのオープンソース型と独自開発型

CMSには大きく分けて「オープンソース型」と「独自開発型」の2種類があります。以下にそれぞれの特徴と代表的なソフトウェアを紹介しましょう。

オープンソース型CMS

オープンソース型とは、ソースコードが基本無料で公開され、誰でも自由に利用できるCMSのことです。コストがかからない、プラグインが多くカスタマイズしやすいなどのメリットがあります。ここでは代表例として挙げられるのがWordPress、Joomla!、Drupalなどです。

Wordpress

WordPressは2003年にオープンソース型CMSとして公開が始まり、現在も世界中のエンジニアがバージョンアップに協力し続けています。CMSとしてのシェア率、知名度は高く、CMS全体の6割近くを占めているとのデータもあるほどです。

デザインテンプレートとプラグインの多さが特徴で、組み合わせることで独自性の高いWEBサイトの構築ができます。プログラミングに関する知識を持つ人はもちろん、初心者でも気軽にWEBサイトを作れる画期的なツールと言えるでしょう。

Joomla!

WordPressの次に高いシェア率を持つのがJoomla!です。デザイン性の高いテンプレートが多数用意され、ユーザー同士のネットワーク構築が容易で、ECサイトを作りやすいという特徴を持っています。

公式サイトにて詳しいチュートリアルがあり、初心者でも使いやすいです。WordPressほどではないものの、ネット上で使い方を紹介しているサイトも多数あります。

Drupal

やや玄人向けのCMSといえるのがDrupalです。政府機関や大学などにおける大型サイトで活用されていることが多く、汎用性は高いといえます。さらにページの読み込みスピードも速めです。

ただし、やや構造が複雑であるため、IT関連の言語知識がないまったくの初心者にとっては少し扱いにくいといえます。企業のIT部門に配置され、ある程度IT知識を身に付けている人、本格的に勉強している人向けのツールです。

しかしその分、複雑なシステム構築も可能なので、その点では高い評価を受けています。

独自開発型CMS

独自開発型とは、WEB制作会社が企業ごとにカスタマイズして作成・開発するCMSのことです。

オンプレミス型とは異なり、提供は基本的に有料。サーバーを自社管理するオンプレミス型と、CMSを提供している事業者がサーバーを管理するクラウド型の2種類があります。

オンプレミス型

CMSを導入する企業が自らサーバーを設置することを前提に提供されるCMSです。

導入から運用まで一通りベンダーからサポートを受けることができ、企業が必要とする機能も一通りそろっていますが、ゼロから個別的に開発を行うので導入コストがやや高くなり、システム構築に時間がかかります。

クラウド型

クラウド型はCMS提供事業者がサーバーの管理をしてくれるので、自社で別途サーバーの契約をする必要がありません。CMSシステムとサーバーがセットで提供されているのがクラウド型の特徴です。

テンプレートが多いので、用意されているものを組み合わせるだけでも、質の高いWEBサイトを作れます。ただし、あらかじめ用意されたものを活用するという形となるので、細かいデザインやレイアウトを独自に行いにくいです。