ferret編集部:2015年1月12日に公開された記事を再編集しています。

ディスプレイ広告の効果検証をする為に複数のバナー広告を作成したり、自社で複数のホームページを所有していた場合にそれぞれのホームページバナー広告を設置したりと、バナーは一度に複数作成しなければいけないケースが多く、意外と手間がかかります。
社内にデザイナーがいる場合でも、思いのほか時間を取られてしまうため、外注される担当者様も多いのではないでしょうか。

今回は、そのような時に便利に使える、比較的安価なバナー制作サービスを9個ご紹介します。
大量のバナーを短期間で作成しなければいけなくなった、という場合でも焦らず対応できるよう、どのような会社がバナー制作を請け負ってくれるのか把握しておきましょう。

クラウドソーシング系

1.クラウドワークス

***
https://crowdworks.jp/lp/cl/competition/banners/index3
料金:自由に設定可能
株式会社クラウドワークスが運営する、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。
一度の依頼で複数のクリエイターから応募がくるコンペ形式のため、様々なデザインを集めたい場合に便利です。

バナー制作専門サービス

2. バナートーキョー

***
http://www.banner-t.jp/
料金:1,480円~
株式会社トーキョーラボが提供するバナー広告制作サービスです。
料金プランが細かく分けられており、目的に沿ってプランを選択できます。GIFやFLASHなどの動画形式のバナー広告も対応可能です。

3. バナー制作ふりーく

***
http://www.bannerfreak.jp/
料金:1,000円~
株式会社ノーダウトが提供するバナー広告制作サービスです。
最低価格が1,000円と安価で作成できる他、最短納期も1日とスピーディーなスケジュールで対応可能です。

4. バナー工場.com

***
http://www.banner-fac.com/
料金:980円~
個人で運営されているバナー広告制作サービスです。最低価格が980円と格安で、バナーのリサイズ(縮小)であれば500円で対応可能です。
バナー広告の他にもランディングページや会社ロゴも受託可能です。

5.バナーチャンネル

***
http://www.banner-ch.com/
料金:1,800円~
個人で運営されているバナー広告制作サービスです。通常の広告用のバナーだけでなく、アメーバブログヘッダー画像やFacebookのカバー画像も作成しています。
SNSでのブランディングを強化したい時に利用できそうです。

6. バナーウェイブドットコム

***
http://www.bana-wave.com/
料金:5,800円~
株式会社MediaWaveが提供するバナー広告制作サービスです。
依頼から最短で1営業日でバナーのデザインが納品され、その後の微修正にも対応しています。GIFアニメーションのバナー広告も制作可能で、そちらも納期が2日とスピーディーに対応しています。

7. Ameiro Design

***
http://www.ameiro-banner.net/
料金:2,160円~
合同会社ビークイックが提供するバナー広告制作サービスです。
所属している複数のデザイナーの中からクライアントの依頼内容が得意なスタッフを当てるため、幅広い業種やテイストに対応可能です。

ネットショップのバナー広告が得意なサービス

8.GAZOU999

***
http://www.gazou999.jp/
料金:999円~
GAZOU999が提供するバナー広告制作サービスです。
基本料金が999円と格安で、楽天などネットショップのバナー広告の制作を強みとしています。

9. リューキデザイン

***
http://www.ryuki-design.jp/theme20.html#slidejs/image/20/1318326539.jpg
料金:4,000円~
株式会社Ryuki Designが提供するバナー制作広告サービスです。
楽天ショップやYahoo!ショッピングなどのネットショップページの制作を専門としている会社が提供しており、ネットショップのノウハウを元にしたバナー制作が期待できます。

まとめ

上記で紹介したように、バナー制作は驚くほど安い料金で依頼することができます。ニーズの多様化によりサービス内容も細かく細分化され、自社の目的に合ったサービスを選択することができます。
納期も1日~2日と非常にスピーディーに対応しているサービスが多いので、急ぎでバナーを作成しなければいけないけれど社内で作成できるリソースが足りない時は外部サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

LPOのカリキュラム一覧
ランディングページ(LP)はストーリー性のあるフレームワークを使って作ろう
LPOツール(ヒートマップ)の活用

美容9社のLP構成を簡単に分析してみた

美容9社のLP構成を簡単に分析してみた

LPは内容もとても大事です。ユーザーにすんなりと受け入れられ、読ませ引き込むようなストーリーがとても重要です。それらを事例から学びましょう。