管理ツールを見直してみてはいかがでしょうか。

今回はWeb担当者必見のプロジェクト管理ツールをご紹介します。

Web担当者の方はもちろんのこと、スケジュール管理にもぴったりです。毎日忙しく、なかなかツールを見直す機会がない方は、ぜひツールを見直し業務効率・チームワーク向上を目指してみてはいかがでしょうか。
  

Web担当者にオススメのプロジェクト管理ツールまとめ

1. Googleカレンダー

Googleカレンダー
https://www.google.com/calendar/render

Googleカレンダーをすでに利用しているという方も多いと思いますので、手軽にプロジェクト管理をしたい方は、まずGoogleカレンダーから初めてみてはいかがでしょうか。

Googleカレンダーにはカレンダー機能だけではなく、やるべきことをメモしておくToDoリストが備わっています。ToDoリストは簡単に追加することができ、完了したものにチェックをすると横線で消してくれます。

また、Gmailから直接ToDoリストに追加することができるのも便利なポイントです。メールから登録することでカレンダーを開くよりも手軽にタスクが登録できますし、重要なメールへの対応も忘れることがありません。

日常的にGoogleカレンダーを使っていれば導入がとにかく簡単ですので、ぜひ使ってみましょう。
  

2. Brabio!

Brabio!
http://brabio.jp/

プロジェクト管理、工程管理で用いる表といえばガントチャートですが、エクセルで時間をかけて作っているという方はいないでしょうか。そんな方にオススメなのがガントチャートをサクッと作れる「Brabio!」です。

通常の表計算とメールを組み合わせた使い方を研究した、プロジェクト管理のための設計となっており、達成率の表示、マイルストーン、次の工程のメンバーに通知をするタスクリンク……とプロジェクト管理に役立つ多彩な機能を搭載しています。プロジェクト横断ビューでいくつかのプロジェクトを一度に確認することができるため、効率よく全体の状況を把握することが可能です。

誰にでも簡単にガントチャートが作れ、5人までならずっと無料・プロジェクト数無制限で使えるので、 まずはFREEプランから試してみましょう。
  

3. Backlog

Backlog
http://www.backlog.jp/

作業状況をチェックすることができるマイルストーン、ガントチャートのほか、バージョン管理、Wiki、ファイル管理とプロジェクト管理に必要な機能をオールインワンで搭載したツールです。

チャート作成と聞くと難しそうに感じてしまいがちですが、Backlogでは課題登録を行うだけでガントチャートを作成でき、各課題の状況を一目で把握することが可能です。

プロジェクトの情報はWeb上で一元管理・共有出来、コラボレーション&コミュニケーション促進機能もありますので、メンバーと共有しながらプロジェクト管理を行いたいという場合にぴったりなのではないでしょうか。
  

4. JIRA

JIRA
https://ja.atlassian.com/software/jira

チーム開発向けに使われることが多いプロジェクト管理ツールで、プロジェクト管理以外に、バグ管理、タスク管理、工数管理、進捗管理、スケジュール管理と幅広い用途に使うことが可能です。

機能としては、スクラムボード表示、カンバンボード表示、アジャイルレポートなどがあります。
  

5. Todoist

Todoist
https://ja.todoist.com/

Todoリストとタスク管理に特化したプロジェクト管理ツールです 様々なデバイスからいつでもどこでもタスクを追加・管理することができます。

管理ツールの一部機能としてタスク管理機能が備わっているものもありますが、あらゆる機能が一度に使える点が便利な反面、タスクが作成しづらかったり実際使用してみると管理が難しいこともあります。しかし、TodoistはTodoリストに特化したシンプルなデザインと充実な機能でしっかりとタスクを管理することが可能です。

具体的な機能としては、複雑なプロジェクトもわかりやすく階層化できる「サブタスク」、タスク漏れ防止につながる「リマインダー」 などがあります。
  

6. Open Proj

Open Proj
https://sourceforge.net/projects/openproj/

OpenProjは、Microsoft Projectの代替となるデスクトッププロジェクト管理ツールです。MS Projectと同等の機能性を餅、既存のMS Projectファイルを開くこともできます。ビューワーとしてだけではなく、編集することも可能です。

機能としてはガントチャートなど、プロジェクト管理に必要な機能が揃っています。
  

7. Trello

Trello
https://trello.com/

タスク管理ツールを導入したけれど、後から見返すとタスクが分かりにくかったり、管理しづらかった経験はないでしょうか。そんな方にオススメなのが、タスクを可視化して管理することができるツール「Trello」です。

タスクは、カードという形で ボード上に一覧表示されますので、進捗状況が一目でわかります。カードは、ドラッグアンドドロップで移動でき、順番の並び替えや進捗の表現、メンバーの割り当ても手軽に可能です。非常にシンプルですので使いやすく続けやすいのもポイントです。
  

8. Producteev

Producteev
https://www.producteev.com/

無料でも使える範囲が広く、使い勝手の良いプロジェクト管理ツールで、タスク状況内容が一目で分かるUI設計に加えて、タスク表示が見やすく便利です。タスクの進捗管理、期限設定など、タスク管理に必要な基本機能が備わっています。

何といっても何ユーザーでも無料で使えて、あまりコストがかけられない場合には重宝します 。
  

9. Basecamp

Basecamp
https://basecamp.com/

シンプルで使いやすいプロジェクト管理ツールです。ディスカッションごとにメンバーとコメントでやり取りができますので、コミュニケーションを取りながらプロジェクト管理ができます。

コミュニケーションを重視したい場合にオススメのツールですので、クライアントの案件以外に、イベント計画や社内プロジェクトにも使えます。
  

10. Microsoft Planner

Microsoft Planner
https://products.office.com/ja-jp/business/task-management-software

Microsoft Officeのラインナップで、効率の良いプランニング、コラボレーションのためのツールです。チーム、タスク、ドキュメント、会話が1つにまとまっており、業務を視覚的に管理することができます。

Microsoft提供のツールということもあり、Microsoftプロダクトと連携できる点が魅力的です。
  

11. Todous

Todous
http://todous.jp/

とことん基本機能の使いやすさにこだわった、使い心地の良いツールです。見たまま操作できるUIで、誰にでもマニュアルなしで使いこなすことが魅力です。

スタンプで気持ちを伝えられたり、ストレスが溜まりがちな催促をスムーズにしてくれる「催促機能」など、ビジネスを楽しく進めるための配慮もたくさんあります。
  

12. ProjectLibre

ProjectLibre
http://www.projectlibre.com/

Microsoft Projectのオープンソースの代替ツールで、インストールして使用します。Microsoft Project2003、2007、 2010のファイルに対応しています。ガントチャート作成などプロジェクト管理に必要な機能を無料で使うことが可能です。
  

13. Wunderlist

Wunderlist
https://www.wunderlist.com/ja/

とにかくシンプルな使用感のタスク管理ツールです。ちょっとした作業から重要なものまで、計画の内容・大小に関わらず簡単にToDoリストを作成し、スムーズに共有することができます。

特徴的な機能としてはタグ機能があり、ToDoにタグを付けておくことで後から必要なToDoを素早く見つけることが可能です。

PC、スマートフォンだけではなく、Kindle Fire、タブレットと様々な端末で見ることができるので、いつでもアクセスしタスクの状況を確認することができます。
  

14. HiTask

HiTask
https://secure.hitask.com/

常に複数案件を抱えている、多くのタスク処理で大変、という方にオススメなのがHiTaskです。シンプルなタスク管理ツールとは違い、日別や時間別にタスクを管理することができ、その日の業務量が一目でわかります。完了したタスクも把握できるので、現在の進捗状況も一目瞭然です。

毎日きっちりとタスク管理したい方は一度試してみてください。
  

15. asana

asana
https://asana.com/

シンプルなデザインとタスクごとの管理がしやすい点が魅力的なツールです。スッキリとした見た目で、どこに何かあるのかがわかりやすい印象があります。タスクごとにやり取りができるようになっているため、タイムライン形式とは違い、会話が後からでも探しやすいのがポイントです。

今までタイムライン形式でやり取りをしていていつ会話していたかわからなくなった、タスクごとにファイル共有やコミュニケーションが取りたい方にオススメです。
  

16. Remember the milk

Remember the milk
https://www.rememberthemilk.com/

シンプルでスマートな、忙しい人のためのToDo管理ツールです。あらゆるタスクをツールに入れてしまうことで、やるべきことのやり忘れを防ぎます。ほかの人にリストを共有したり、様々なデバイスから通知を受け取ることが可能です。Gmail、 Google カレンダー、Twitter、Evernoteといった有名サービスと連携ができるもの嬉しいポイントです。

無料プランでも十分に使えますが、有料プランだとサブタスク、タグの色のカスタマイズほか、さらに便利な機能が使えます。
  

17. Smartsheet

Smartsheet
https://www.smartsheet.com/

タスク、プロジェクトのスケジュール管理ができるツールです。Excelなどでスケジュール管理するよりもぐっとシート作成が早くなり、管理が楽になります。

オンラインツールで様々なデバイスからいつでもアクセスできるため、メンバー間でスケジュールを共有したい方にもオススメです。
  

18. Flow

Flow
https://www.getflow.com/

シンプルなインターフェイスで、プロジェクトを視覚的に整理し管理出来るツールです。カレンダー表示でタスクの計画を見ることができたり、看板やリスト形式で表示できたりと、細かいニーズに応える嬉しい機能が満載です。タスクにはコメントをつけることが可能ですので、ミーティングよりもサクッと話し合いができます。

機能の少ないタスク管理ツールでは物足りないけど、機能が多すぎると使いづらい、という方にぴったりです。
  

19. がんすけ

がんすけ
http://www.gansuke.com/

手軽にガントチャートを作ってプロジェクト管理したい、という方にオススメのツールです。

カレンダー上にマウスでチャートを配置するだけで、簡単にスケジュール作成・変更ができ、作業状況が一目で把握することが可能になります。作成したチャートを移動させたり長さを変えるだけで予定変更も簡単にできます。

カレンダーは1日~2年間の範囲で切り替えることができるので、毎日の作業から長期プロジェクトまで対応することが可能です。
  

20. Gantter

Gantter.png
https://gantter.com/

GantterはGoogle DriveやGoogle Appsなどと連携してスケジュール管理ができるツールです。Googleのサービスと連携できること以外にも「無料で使える」「日本語が使える」などのメリットがあります。

Google Driveなどと連携してチーム内で共有できるので、チームでのスケジュール管理ツールとしても使えるでしょう。
  

21. iTasksX

iTaskX.png
https://www.itaskx.com/en/index.aspx

先ほどのGantterは日々のスケジュールなど比較的短いものに向いています。それに対して、iTasksXはプロジェクト全体のおおまかなスケジュールなど比較的長いスパンでのスケジュール管理に適しています。
  

22. Smartsheet

Smartsheet.png
https://jp.smartsheet.com/

MicrosoftのExcelやProject、そしてGoogleスプレッドシートからデータをインポートして利用できるスケジュール管理ツールです。チーム内でファイルやスケジュールの共有ができる、また、PCやスマートフォンなどマルチデバイスで同じように使えるというメリットがあります。
  

23. Kintone

kintone.png
https://kintone.cybozu.com/jp/

Kintoneは社内や企業間で使えるスペースを提供します。そのスペースの中にプロジェクトポータルと呼ばれる情報集約の場や、コミュニケーションを行うためのツール、業務に役立つアプリを備えています。そういった意味では、開発チーム・顧客含めた意識合わせなどにも使えるでしょう。
  

24. Redmine

Redmine.png
http://www.redmine.org/projects/redmine

やるべきことを記録、保存し、社内やチーム内で共有できるツールです。Redmineではやるべきことを管理するために「チケット」機能が使われます。

このチケットはガントチャート、カレンダーなどで表示することができます。チーム内でプロジェクトの問題点などを共有するという使い方も可能です。
  

25. Chatwork

ChatWork.png
http://www.chatwork.com/ja/

Chatworkはインターネット上でチャット形式での会話が行えるツールです。クラウドベースのサービスのため、PCやスマートフォンなどどんなデバイスからも同じように使えます。また、タスクを登録することもできるので、進捗管理ツールとしても利用できます。
  

26. Wrike

Wrike.png
https://www.wrike.com/ja/

WrikeはアマゾンやAT&Tといった世界的な企業で使われているスケジュール管理ツールです。プロジェクトに対しての個人の進捗や、チーム全体の進捗管理を1つの画面で一元管理できる便利なツールです。
  

27. サイボウズLive

サイボウズLive.png
https://live.cybozu.co.jp/

無料で使えるグループウェアです。掲示板やチャット機能、Todoリストなどをチーム全体で利用可能で、PC・スマホ両方で使えるのも便利です。
  

28. Jooto

Jooto.png
https://www.jooto.com/

インターネット上でさまざまな人とToDoリストを共有できるツールです。仕事のプロジェクトをチームメンバーと共有するのはもちろん、家族で予定を共有するなど多様な使い方が可能です。
  

29. Appear.in

appear.in_–_one_click_video_conversations.png
https://appear.in/

URLを発行するだけで、そのURLを知っている方とオンライン会議ができるサービスです。最大8名で共有可能で、リンクをクリックするだけで会議が始められるため、オンライン会議に不慣れな方でも簡単に使うことができます。
  

まとめ

いかがだったでしょうか。どのようなプロジェクトであっても、スケジュール管理が適切に行えていなければスムーズな進行は困難なものになります。

「予定通りに進まずに、納期に間に合わなかった」という事態にならないためにも、ツールを使って賢くスケジュール管理をしましょう。

管理ツールがあると便利なのはわかっていても、日々業務で忙しいとツールの導入を後回しにしてしまいがちです。時間が取りやすいGW中に、ぜひスケジュール管理ツールの導入・見直しを検討してみてください。