Twitterがスマートフォンを利用している一部のユーザーに対し、テスト的に「リーダー表示機能」を提供し始めたことが明らかとなりました。

Facebookがアプリユーザー向けにインスタント記事 (Instant Articles)の機能を提供し始めたように、ニュースリーダー機能への対応はトレンドになってきています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

しかし、Twitterアプリではユーザーへの予告無しにリーダー表示が搭載されてしまうことから、一部のユーザーからは不評の声が相次いでいます。今回は、Twitterの「リーダー表示」機能を解説すると同時に、本機能の表示をオフにする方法も説明します。

リーダー表示とは?

iOSアプリでの提供が始まった「リーダー表示」とは、ページ内に含まれる広告リンク集・メニューといった表示要素を排除し、「記事ページを読みやすい表示に変えてくれる機能」のことを指します。広告を排除するこの手法は「広告ブロック機能」とも呼ばれています。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

広告ブロック機能とは?

広告ブロック機能とは、ホームページを訪れた際にブラウザがデータを選択して読み込むことで、画面に表示する項目を制限することを指します。対象はバナー広告や埋め込みタグなどの場合が多いです。

例を挙げるとすれば、「アドブロックプラス」というアドオンがこれに当てはまります。
Google ChromeやFirefoxなどのブラウザで利用できる拡張機能で、ブラウザ上に表示される広告やYouTubeの動画再生前に流れる広告などを非表示にすることができます。

ホームページ運営者は注意!人気アドオン「アドブロックプラス」による思わぬ弊害

ホームページ運営者は注意!人気アドオン「アドブロックプラス」による思わぬ弊害

Web担当者の皆様は「アドブロックプラス」というアドオンをご存知でしょうか?Google ChromeやFirefoxなどのブラウザで利用できる拡張機能で、ブラウザ上に表示される広告やYouTubeの動画再生前に流れる広告などを非表示にすることができます。広告提供側にとっては非常に頭の痛い存在ですが、実はホームページのエラー表示に繋がる要因も含んでいます。