マーケティング施策をサポートするMAツールには、様々な種類があります。数ある中でも、SATORIは見込み顧客の獲得に強い代表的なMAツールです。

この記事では、MAの基礎知識やSATORIの機能、SATORIでMA導入を成功させるポイントについて解説します。見込み顧客の獲得やLTVの向上に興味があり、MAの導入を検討しているマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. そもそもMAとは
  2. MAの代表的ツールSAORIとは
  3. MAツールSATORIを導入するメリット
  4. SATORIの主な機能
  5. SATORIでMA導入を成功させるポイント
  6. MAツールSATORIで見込み顧客を増やそう

▼MA導入を検討している方向け「MAツール選び方ガイド」はこちら

 MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較を確認する

MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較を確認する

マーケティングオートメーションとは、集客・顧客管理・販売促進など、 マーケティングに関する一連の業務を自動化するツール・手法のことを意味しています。 本資料ではMA導入を検討している方へ向けて、 MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較をまとめています。

そもそもMAとは

MAとは「Marketing Automation」の略称で、マーケティングを自動化するシステムのことです。MAツールを導入することで、見込み顧客に対するメール配信などのアプローチやデータ管理、分析などを自動化できます。

デジタルマーケティング市場に関する調査によると、MAやDMP(データマネジメントプラットフォーム)の市場規模は拡大傾向です。

グラフ_DMP・MA市場規模推移・予測.png

出典:矢野経済研究所のプレスリリースDMP/MA市場に関する調査を実施(2021年)

顧客の細かなニーズに合わせたマーケティング施策で競争力を高めるため、MAを導入する企業が今後も増えていくことが予想されます。

MAの代表的ツールSAORIとは

image1.png

出典:SATORI公式サイト

SATORIは2021年時点で国内の1,000社以上に導入されているMAツールです。見込み顧客の獲得や集客をサポートする機能がSATORIの強みとなっています。

Webサイトオンライン広告などを使ったマーケティング施策に取り組む企業は、SATORIで各種施策を自動化し、集客力を高めることができるでしょう。

MAツールSATORIを導入するメリット

SATORIを導入することで得られる主なメリットは次の通りです。

見込み顧客の獲得を自動化

特定の条件を満たしたWebサイトの訪問者に対して、バナー画像やフォームなどをポップアップで表示し、コンバージョンを促せます。また、GoogleやYahoo、Facebookなどの広告システムと連携し、特定のセグメントに対してリターゲティング広告を配信することも可能です。

これらの施策を手動で行おうとすると、見込み顧客のデータ収集やセグメント化、広告設定などに手間と時間がかかります。一方、SATORIなら見込み顧客の獲得に必要な施策を仕組化し、効率的に実施できます。

LTVを向上

SATORIでは、見込み顧客の獲得だけでなく、LTV向上のための施策も行えることがメリットです。

ユーザーの行動履歴に応じて、最適化されたコンテンツをWeb上で表示し、コンバージョンを促せます。また、見込み顧客に対してメールマガジンやステップメールを配信し、購買意欲を高める施策も可能です。

ユーザーのニーズや属性に応じて最適な情報を自動的に発信することで、商品やサービスの販売に繋げられます。

複数ドメインの施策を一元管理

コーポレートサイトとサービス提供サイトなど、ドメインの異なる複数のサイトがある場合も、SATORIなら一元管理できます。

MAツールによっては、1つのアカウントにつき1つのドメインしか分析や施策を行うことができません。ドメインごとにアカウントを切り替えると余計な手間がかかります。

複数ドメインの施策を一元管理できるSATORIなら、効率的な作業が可能です。また、複数ドメインを横断してアクセスしたユーザーの行動履歴を分析し、施策を最適化できます。

▼MA導入を検討している方向け「MAツール選び方ガイド」はこちら

 MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較を確認する

MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較を確認する

マーケティングオートメーションとは、集客・顧客管理・販売促進など、 マーケティングに関する一連の業務を自動化するツール・手法のことを意味しています。 本資料ではMA導入を検討している方へ向けて、 MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較をまとめています。

SATORIの主な機能

SATORIの機能は、リード獲得やナーチャリング、行動履歴の分析など様々です。ここでは、SATORIの主な機能について解説します。

リード管理・リードジェネレーション機能

image5.png

出典:機能一覧 - マーケティングオートメーションツール SATORI

見込み顧客の獲得に強いSATORIには、リード管理やリードジェネレーションのための機能が備わっています。

メールアドレスがわかっているリードだけでなく、Webサイトにアクセスしただけの匿名リードも管理できることがSATORIの特徴です。また、検索条件に基づきリードを抽出し、CSVファイルでエクスポートできます。

リードジェネレーションのための主な機能は、ランディングページの作成・編集やフォーム作成、ポップアップの表示などです。自社サイトを閲覧していないターゲットには、ブラウザでプッシュ通知を送信しアクセスを促すことも可能です。

リードナーチャリング機能

image4.png

出典:機能一覧 - マーケティングオートメーションツール SATORI

SATORIには、メール配信やセグメント化、Webサイト上でのコンテンツの出し分けなどで購買意欲を高めるリードナーチャリング機能が備わっています。

予め設定した条件を満たしたユーザーに対して、ステップメールを自動で配信することが可能です。メールの配信開始を自動化することで、最適なタイミングを逃さずに情報提供ができます。

また、広告配信サービスと連携し、特定のセグメントに対してリターゲティング広告を配信できます。例えば、資料請求をしたものの次のフェーズに進んでいないターゲットに対して、ウェビナーを紹介しさらなる情報取得を促すことなどが可能です。

オートメーション機能

image2.png

出典:機能一覧 - マーケティングオートメーションツール SATORI

SATORIの各種機能は、オートメーション機能によって自動化できます。「特定の行動が行われてから何日後にメールを配信するか」、「どのような条件のユーザー広告を配信するか」などを簡単に設定することが可能です。

ユーザーの行動履歴に応じた施策を自動化しておくと、最適なタイミングを逃さずにアプローチできます。また、手動で施策を行う場合に起こりがちなユーザーの取りこぼしなどの機会損失も防げます。

SATORIでMA導入を成功させるポイント

MAツールを活用する際は、単に導入するだけでなく、いくつかのポイントに注意が必要です。ここでは、SATORIを導入しマーケティング施策を成功させるためのポイントを紹介します。

導入目的を明確化する

まずは、何のためにMAツールを導入するか、目的を明確化しましょう。

月間資料請求数を20%増やす」、「ウェビナー集客を自動化し、新規顧客を獲得する」など、目的を明らかにすることが重要です。目標を数値で表現すると、MAツールの導入目的をより具体化できます。

また、すでに行っているマーケティング施策の作業フローのうち、MAツールでどこを自動化するか考えることも大切なポイントです。

自動化する部分が決まっていない段階でMAツールを導入してしまうと、業務効率を高められない可能性があるため注意しましょう。

運用体制を整える

MAツールを導入する際は、運用責任者を決め、MAツールを現場で活用できる体制を整える必要があります。マーケティング部門のスタッフなど、施策の流れを把握している人を運用責任者として体制を整えましょう。

また、MAツールの利用で何らかのトラブルが起きてしまった場合の対応策を考えておくことも重要です。SATORIを導入すると、24時間365日無料のオンラインサポートが受けられるため、トラブル時も迅速に対応できます。

導入コストを確認する

MAツールの導入コストが、導入目的に見合うものかを確認しましょう。自社の導入目的に合わせて、コストパフォーマンスの高いMAツールを選ぶことが重要です。

SATORIの基本機能は、初期費用300,000円、月額費用148,000円で利用できます。また、カスタマイズが必要な場合は有料のオプションサービスを利用することも可能です。

参考:料金体系 - マーケティングオートメーションツールSATORI

MAツールSATORIで見込み顧客を増やそう

代表的なMAツールであるSATORIを導入すると、見込み顧客の獲得やナーチャリングなどの施策を自動化できます。メールアドレスを取得していない匿名ユーザーに対しても、行動履歴に応じた施策を行えることがSATORIの特徴です。

MAツールでマーケティング施策を仕組化し、より多くの見込み顧客を獲得したい方は、SATORIの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼MA導入を検討している方向け「MAツール選び方ガイド」はこちら

 MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較を確認する

MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較を確認する

マーケティングオートメーションとは、集客・顧客管理・販売促進など、 マーケティングに関する一連の業務を自動化するツール・手法のことを意味しています。 本資料ではMA導入を検討している方へ向けて、 MAのメリット・デメリットや主要ツールの機能比較をまとめています。