HeadlessCMSとは、従来のCMSに存在していたヘッド部分が存在しない新しいCMSです。専門的な知識は必要であるものの、システムの変更がしやすい、サイバー攻撃から狙われにくいなどの観点から注目度が高まっています。

「Headless CMSって聞いたことがあるけど、従来のCMSと何が違うの?」
「自社に導入してうまく運用できるだろうか」

本記事では、上記のような悩みをお持ちの方に向けて、Headless CMSの特徴従来のCMSとの違いについて解説します。
Headless CMSの特徴を理解し、自社に導入できるかどうか判断しましょう。

Headless CMSとは

Headless CMSとは、フロントエンド(別名:ヘッド)が存在しないCMSを指します。従来のCMSとは異なり、APIを通じてコンテンツ配信を行うため「次世代型CMS」と呼ばれています。

WordPressを代表とする従来のCMSは、Webサイトのユーザーが目にするフロントエンドと、コンテンツを入稿するバックエンドが一体となっていました。Headless CMSは2つの機能のうち、バックエンド機能のみが独立して存在しています。

従来のCMSではフロントエンドとバックエンドが同一のCMS上で管理されているため、双方に影響がでない範囲での改修しかできませんでした。フロントエンドとバックエンドが分かれているHeadless CMSでは、それぞれの作業環境に応じた自由度の高いシステム変更が実現可能です。

▼Headless formを導入するならformrunがおすすめ!

バックエンド機能とセキュリティ構築が不要!フォーム作成ツール「formrun」|formrun

30万ユーザー突破! フロントエンド開発だけで自由にフォームが作れる「formrun」

エンジニアの負荷を大幅に軽減できます。まずは無料でスタート!

Headless CMSと従来のCMSの違い

Headless CMSと従来のCMSの違い

Headless CMSと従来のCMSの大きな違いは「マルチデバイスに対応できるかどうか」です。Headless CMSは管理機能のみしかないため、表示画面は別に用意をしなければならず、専門知識が必要です。しかしその分、表示画面の自由度が高まり、従来のCMSでは難しかったさまざまなデバイス・チャネルへの対応が可能になります。

従来のCMSは同じコンテンツを別のソフトウエアやデバイスに配信したい場合、フロントエンドの大幅な改修が必要でした。サイト改修の手間や工数がかかってしまうのは、ユーザーと開発企業の両方にとって大きなデメリットです。

一方、Headless CMSでは、バックエンドに入稿したコンテンツを、APIと呼ばれるインターフェースを通して配信します。APIとは、異なるソフトウエアやデバイス同士をつなげる仕組みです。APIを活用することで、Webブラウザ、iOSアプリAndroidアプリ、IoT機器など、デバイスに合わせてコンテンツを配信できます。

Headless CMSの必要性

Headless CMSの必要性

新型コロナウイルス拡大以降、国内でDX化の推奨やオンラインサービスの需要が高まったことが、Headless CMSが必要とされるようになった要因です。企業がオンラインサービスを拡充し始めたことにより、ユーザーはさまざまなサービスをオンラインで受ける機会が増えました。

オンラインサービスをストレスなく利用するためには、Webサービスでの画面表示速度がポイントです。そのため、データファイルのやり取りが必要がなく、表示速度が早いHeadless CMSのニーズが高まりました。

また、オンラインサービスが拡充した結果、Webサイトアプリを狙ったサイバー攻撃も年々増加傾向にあります。

国立研究開発法人情報通信研究機構が2022年に観測したサイバー攻撃関連通信数は、5,226億パケットでした。2015年に観測したサイバー攻撃関連通信数と比較すると8.3倍の件数です。(参考:総務省『サイバーセキュリティ上の脅威の増大』第2部 情報通信分野の現状と課題

従来のCMSはフロントエンドとバックエンドが一体となっているため、サイバー攻撃をされた際にデータベースや管理画面にまで影響が出てしまう脆弱性がありました。

Headless CMSはフロントエンドとバックエンドが分離しているため、サイバー攻撃者が内部的な構造にアクセスすることは困難です。サイバー攻撃のターゲットになりにくいため、セキュリティ向上が期待できます。