世界のITサービスを牽引してきたApple、Google、Facebook、Amazonの4つの企業を知らない方はいないのではないでしょうか。
これらの企業は商品・サービスの売上もさることながら、常に新しいサービスを生み出し続けてきました。

4社のことをGoogleの親会社であるAlphabetの会長エリック・シュミット氏は「Gang of Four(四天王)」と例えており、IT業界のリーダー的存在と言えるでしょう。
今回は、Apple、Google、Facebook、Amazonの2016年通期決算情報と各社の特徴を紹介します。
Webに少しでも関わりのあるビジネスパーソンにとって意識しておきたい4企業について、この機会に基本知識をおさえておきましょう。

参考:
[Google, Apple, Amazon, Facebook - the Gang of Four's winning ways]
(https://www.intheblack.com/articles/2017/02/01/google-apple-amazon-facebook-gang-of-four)
[AGFA(Apple, Google, Facebook, Amazon)の四強が世界を支配する]
(http://www.gizmodo.jp/2016/06/post_664717.html)

1.Apple

Apple.png
https://www.apple.com/

Appleは2016年通期の売上高として前年比8%減の2156億3900万ドル(約23.5兆円)、最終利益が14%減の456億8700万ドル(約5兆円)を計上しています。

Appleでは、MacやiPhone、AppleWatch、iPodなど革新的なデバイスを次々と生み出してきました。なかでも、iPhoneはスマートフォン市場を現在も牽引し続けており、世界のスマートフォンシェア22.8%を占めています。

また、デバイスだけでなく、iTuneやApple Storeといったプラットフォームも特筆すべき点でしょう。AppleStoreでは2016年6月時点で1000億回ものアプリダウンロード数を記録していおり、 1300万ものデベロッパーが存在します。

こういったプラットフォームは、膨大な会員数を土台として様々なサービスの展開が可能となります。
実際、AppleはAppleTVやAppleミュージックなど、AppleStoreを土台としたサービスを展開しており、今後も目が離せません。

参考:
米アップル、3四半期連続で減収減益 iPhone販売伸びず、通期も15年ぶり減収減益に
iPhoneもiPadも増加 - 1月OSシェア(モバイル)
AppleのApp Store、アプリ数200万本、総ダウンロード数1300億回、デベロッパーへの支払い総額は500億ドルに