数あるWebブラウザの中で"シェアランキングTOP"(※1)に立つのが、Googleが提供する「Google Chrome(グーグルクローム)」です。これは日本だけではなく、世界でも同様です。

7494_001b.png

引用元:Statcounter(2016年6月~2017年5月)

Google Chromeは、これまで様々なバージョンアップによる変更がありましたが、自動でアップグレードできるため、常に最新バージョンが使えるようになっています。そんなバージョンアップの際に気になるポイントの1つとして挙げらるのが「フォントの仕様変更」です。

バージョン42のアップデートでデフォルトのフォントが「メイリオ」に変更になるなど、規定のフォントが急に変更になることがあります。毎日ブラウジングで利用する方なら、表示文字に違和感を感じてしまったり、前の表示が見やすかったと感じることもあるでしょう。

そこで今回は、ちょっとしたことではありますが、Google Chromeのフォントを変更したいという方に向けて、フォント変更の手順をご紹介します。

アップデートで変更になることがある規定フォントですが、実は自分で簡単に設定を変えることが可能です。今の表示が気に入らないという方はもちろん、ほかのフォントを使ってみたいという方も試してみてはいかがでしょうか。
  

アップデートによるGoogle Chromeのフォント変更について

1.png

多くの方がインターネット利用の際、メインブラウザとして「Google Chrome」を選択されているのではないでしょうか。起動が早く、拡張機能が色々とあり、様々な端末で同期ができる……など便利な点が多いのがGoogle Chromeの特徴です。しかし、長年愛用している方は途中で何となく表示が見づらくなったという経験をしたことがあるのではないでしょうか。

実は、Google Chromeではこれまで、アップデート時に表示フォントの変更を行っています。「メイリオ」「MSゴシック」ベースなど異なる見た目のフォントに切り替わっていることがあるため、長く使っているとフォントに違和感を感じてしまう方も少なくありません。

ちなみに2017年6月13日現在は、Google Chromeでは「メイリオ」ベースのフォントを使用しています。2017年1月に「Google Chrome 56」が公開となり、アップデートに伴って従来「MS Pゴシック」だった標準フォントが「メイリオ」に変わっています。「MS Pゴシック」と「メイリオ」の変更は今回だけではなく、これまでも何度か変更がありました。

実際のフォント変更は画像のとおりです。Google検索結果ページの画像ですが、フォントが異なるとかなり見た目に違いが出るのがわかっていただけるのではないでしょうか。
  
デフォルト.png
MSP実例.png
(画像上:メイリオ、画像下:MS Pゴシック)
Googleの検索結果

比較してみると「メイリオ」は線が細く、丸みのある字体となっており、優しい雰囲気があります。反対に「MSゴシック」は、メイリオよりも丸みがなく、すっきりとした印象です。どちらも可読性の高いフォントではあるのですが、急にフォントが変わると違和感があり、読みづらく感じるのは当然です。

もちろん、現在のフォントでも見やすいと思っている方は設定を加えずに利用して問題ありません。しかし、簡単な手順でフォント変更ができますので「以前の表示が見やすかった……」という方は、フォント設定を変更してみてください。
  

フォントを変える方法

7494_002.jpg

ここからは、実際にGoogle Chromeでフォント変更する方法をご紹介します。
今の表示よりほかのフォントが好みという方は、ぜひ設定変更してみてください。
  

STEP1.メニューアイコンをクリックする

2_1.png

Google Chromeを開き、画面右上にある三本線の「メニューアイコン」をクリックします。
  

STEP2.Google Chromeの設定画面を開く

2_2.png

表示されたプルダウンメニューの中にある「設定」をクリックします。すると、Google Chromeの設定画面を開くことができます。
  

STEP3.フォントをカスタマイズを開く

2_https://ferret.akamaized.net/images/5946057f7f58a8363e0005ab/original.png?1497761150

設定画面の一番下までスクロールし「詳細設定を表示」をクリックします。「詳細設定を表示…」をクリックすると、設定画面をさらにスクロールすることができます。スクロールを進めていき「Webコンテンツ」の箇所にある「フォントをカスタマイズ」をクリックします。
  

STEP4.各フォントの設定項目を変更する

2_5.png

標準フォント・Serif フォント・Sans Serif フォント・固定幅フォントの設定項目が出てきますので、全て変更しましょう。各フォントで下矢印をクリックすると、変更可能なフォントが一覧で出てきます。プルダウンから変更したいフォントを選んだら、完了ボタンをクリックします。
  
以上の手順で、フォントを現在の表示から好みのものに変更することが可能です。

ちなみに「メイリオ」「MSゴシック」といったもの以外にも様々なフォントがありますので、フォントをカスタマイズしたいという方は色々と試してみるといいでしょう。

実例として、いくつかのフォントに変更し、Google検索結果を表示したものをご紹介します。
Googleの検索結果
  

1.「MS明朝」フォント

MS明朝.png
「MS明朝」フォントに設定を変更した場合は、上の画像のような表示となります。

明朝体のため、はらい・はねの部分が筆で書いたような見た目に変化しています。
  

2.「游明朝」フォント

游明朝.png

「游明朝」フォントを適用した場合は、画像のような表示となります。「MS明朝」フォントに比べると、画数の多い漢字も読みやすい印象を受けます。
  

3.「游ゴシック」フォント

游ゴシック.png

「游ゴシック」フォントに設定すると、画像のような表示となります。ゆったりとした見た目になり見やすい印象を受けますが、文字が細いようにも見えます。
  

簡単なステップで変更できますので、ぜひ実際に設定してみてください。なお、URL「chrome://settings/fonts」を検索バーに貼付けてリンクすれば、STEP.1〜3を飛ばして「フォントとエンコード」画面にすぐに進むことができます。
  

Macの場合のフォント変更

3.png

Windowsのデフォルト設定は、先程ご紹介したとおりです。しかし、Macをご利用の場合には、Retinaディスプレイなどの関係でご紹介したものとは異なるデフォルト設定となっています。

Macのデフォルト設定は以下のとおりです。(2017年6月12日時点)

カスタマイズしてしまい、戻したくても戻せない……という方は、画像を参考にしてみてください。

標準フォント:ヒラギノ角ゴ ProN
Serifフォント:ヒラギノ明朝 ProN
Sans Serifフォント:ヒラギノ角ゴ ProN
固定幅フォント:Osaka

  

設定が変更されない場合には

4.png

引用元:[https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html](https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)

先程「2」でご紹介した手順で基本的にフォントの変更が完了するのですが、稀に変更されていないことがあるようです。そんな時は、Google Chromeの再起動を試してみましょう。再起動後は、フォントの変更内容が反映されていることを確認してみてください。
  

まとめ

以上、Google Chromeで表示されるフォントを変更する方法をご紹介しました。

Google Chromeのフォントが見づらくなったと感じていながらも、設定が面倒だったり、そもそも変更できること自体知らなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ほんの少しの変化だと思いがちですが、フォントは思っている以上に見た目の印象をガラリと変えてしまう要因です。

いきなりフォントが変わると見慣れないせいか、見づらいと感じてしまっても不思議ではありません。読みやすさに影響が出ますので、ストレスなくWebブラウジングするためにも、自分にぴったりのフォントにしておきたいものです。「MS Pゴシック」に戻すだけでなく、他のフォントに変更することも可能ですので、お好みのフォントを探してみるのもいいでしょう。

今回ご紹介したとおり、簡単なステップでフォントを変えることができますので、表示が気になっていた方はこれを機に、早速フォント変更を行ってみてください。