Macの場合のフォント変更

3.png

Windowsのデフォルト設定は、先程ご紹介したとおりです。しかし、Macをご利用の場合には、Retinaディスプレイなどの関係でご紹介したものとは異なるデフォルト設定となっています。

Macのデフォルト設定は以下のとおりです。(2017年6月12日時点)

カスタマイズしてしまい、戻したくても戻せない……という方は、画像を参考にしてみてください。

標準フォント:ヒラギノ角ゴ ProN
Serifフォント:ヒラギノ明朝 ProN
Sans Serifフォント:ヒラギノ角ゴ ProN
固定幅フォント:Osaka

  

設定が変更されない場合には

4.png

引用元:[https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html](https://www.google.co.jp/chrome/browser/desktop/index.html)

先程「2」でご紹介した手順で基本的にフォントの変更が完了するのですが、稀に変更されていないことがあるようです。そんな時は、Google Chromeの再起動を試してみましょう。再起動後は、フォントの変更内容が反映されていることを確認してみてください。
  

Google Chrome(グーグルクローム)のフォント変更は簡単にできる

以上、Google Chromeで表示されるフォントを変更する方法をご紹介しました。

Google Chromeのフォントが見づらくなったと感じていながらも、設定が面倒だったり、そもそも変更できること自体知らなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ほんの少しの変化だと思いがちですが、フォントは思っている以上に見た目の印象をガラリと変えてしまう要因です。

いきなりフォントが変わると見慣れないせいか、見づらいと感じてしまっても不思議ではありません。読みやすさに影響が出ますので、ストレスなくWebブラウジングするためにも、自分にぴったりのフォントにしておきたいものです。「MS Pゴシック」に戻すだけでなく、他のフォントに変更することも可能ですので、お好みのフォントを探してみるのもいいでしょう。

今回ご紹介したとおり、簡単なステップでフォントを変えることができますので、表示が気になっていた方はこれを機に、早速フォント変更を行ってみてください。
  

Google Chrome(グーグルクローム)の拡張機能を知る

新社会人の時間管理に欠かせないChrome拡張機能7選

新社会人の時間管理に欠かせないChrome拡張機能7選

社会人として働いていく上で日々の時間管理は欠かせません。「納期はいつまでなのか?」「今残っているタスクはどれくらいあるのか?」「何時間デスクに向かえているか?」など。限られた時間をどう使えるかで、1日の過ごし方が変わってきます。とくに出勤が必要な職種だと週5日で8時間以上、また仕事の納期が迫っていたら規定の時間の他にも残業も発生するでしょう。1日の1/3以上もの時間を仕事に費やす必要があるので、仕事以外のプライベートの時間も確保したいなら仕事は早く終わらせなければなりません。そこで今回は、時間管理を習慣化させるChrome拡張機能を7つ紹介します。残業をせずとも定時に帰れるようにしたいという方

Googleカレンダーをもっと便利に!おすすめのChrome拡張機能8選

Googleカレンダーをもっと便利に!おすすめのChrome拡張機能8選

今回は、デフォルトでも十分に便利なGoogleカレンダーをさらに便利にしてくれる、Chrome拡張機能8選を紹介します。 どれもちょっとした機能が追加されるものばかりですが、一度インストールして使用するとなかなか手放せない便利なツールですので、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか。