Facebookが2016年10月にリリースしたビジネス向けSNS「Workplace by Facebook」について、どのようなサービスなのかいまいちわかっていない方は多いのではないでしょうか。
「個人用で利用するFacebookとは違うの?」と感じている方もいるかもしれません。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回はWorkplace by Facebookの概要と主な機能6つを解説します。Workplace by Facebookには、業務効率化の役に立つチャットボットやファイルストレージとの連携機能など、個人のFacebookページとは異なる機能が提供されています。

社内のコミュニケーションツールを探している方は、どういった機能を持っているのか今のうちに把握しておきましょう。

Workplace by Facebookとは

Workplace_by_Facebook_―_新しい仕事のかたち.png
https://www.facebook.com/workplace

「Workplace by Facebook」とはFacebookが提供しているビジネス向けのSNSです。

企業のコミュニケーションツールとして利用することを想定しており、企業単位でページを開設します。

2017年6月現在、スターバックスやAir Asiaといった企業が導入事例として紹介されています。2017年5月時点で全世界に19億4,000万人もの月間アクティブユーザーを抱えているFacebookが提供していることもあり、今後も注目されるサービスとなるでしょう。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

無料プランのほか、利用するユーザー数に応じて料金が異なるプレミアムプランが用意されています。例えば1000ユーザーまでであれば、1ユーザーあたり2ドルで利用できます。非営利団体や教育機関であれば、プレミアムプランでも無料で利用できるのも特徴的でしょう。

参考:
[Facebookのエンタープライズ向けSNS「Workplace」が正式リリース | TechCrunch Japan] (http://jp.techcrunch.com/2016/10/12/20161010facebook-workplace/)
【最新版】2017年5月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ|Social Media Lab