本記事で学ぶ内容

・Google AdWordsを使って広告を出稿できる。
・「広告グループ」など、Google AdWordsの設定の流れが理解できる。
・広告キャンペーンの上限数などの注意点が理解できる。

Google AdWordsに広告を出稿してみましょう。それには、アカウントをつくり、キャンペーンなど画面にしたがって設定を進めていけば、すぐに出稿ができます(要:アカウント登録にクレジットカードなど決済情報を設定済み)。

本記事ではGoogle AdWordsで広告出稿するための設定方法について、流れを解説します。

Google AdWordsを使った広告出稿の流れ

Google AdWordsに広告を出すには、おもに次のような流れとなります。そして、この操作後、問題がなければ早ければ数分後に広告が表示されます。ですので、広告の文章は事前に用意しておいたり、作成を慎重に進めたりなど、丁寧に行いましょう。

1.キャンペーン広告の大グループ)作成
2.予算決定
3.広告文の入力
4.出稿キーワードの設定
5.完了

わずか5ステップで出稿が完了です。それでは早速はじめましょう!

広告出稿の方法

Step1 キャンペーンの新規作成

1.Google AdWordsにログインし、「キャンペーン」タブをクリックします。
2.表示された「最初のキャンペーンを作成」をクリックします。

最初のキャンペーン

3.「検索ネットワークのみ(ディスプレイネットワーク対応)」を選びます。
ディスプレイネットワークとは、検索結果ではなく、GoogleアドセンスというGoogle広告掲載をしている一般のホームページにも掲載される広告です。したがって、広告予算の消化が早くなる傾向がありますので、注意してください。

ディスプレイネットワーク

Step2 キャンペーン名などの設定

1.任意のキャンペーン名を入力します。日本語などは使えますが、あとから見てわかりやすい名前にしましょう。
2.「地域」「言語」「入札単価」「予算・広告表示オプション」を入力します。

AdWordsに入力
3.「保存して次へ」をクリックします。

Step3広告グループの設定

1.「広告」のタブをクリックして、「テキスト広告」を選択します。

テキスト広告

2.「広告見出し」「広告文」「表示URL」「リンクURL」 を入力します。右に表示されるプレビューを見ながら入力しましょう。

Step4 「キーワード」 を設定

1.画面を下にスクロールし、キーワードの入力欄に移動します。
2.広告を出したいキーワードを入力します。
3.「デフォルトの単価」を設定し、「広告グループを保存」すれば完了です。

<注意!>なお、この時点から広告出稿(もしくは審査の申請)がはじまりますので、予算が消化されます。注意してください。

キャンペーン作成時には設定数の上限に注意

設定できるキャンペーン数、広告グループ数、キーワード数に上限があります。

キャンペーン: 10,000個
広告グループ: 20,000個 / キャンペーンごと
キーワード: 5,000個 / 広告グループごと

通常の利用では上限を超えることはほとんどありませんので、数に制限があることだけ覚えておきましょう。

まとめ

 Google AdWordsの広告出稿の流れをご紹介しましたが、あまりにも簡単で拍子抜けしたのではないでしょうか。しかし、広告予算はこの瞬間から消化されていきますので、ここ からがスタートでもあります。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、まずはキャンペーン(大枠)を設定し、広告グループ、キーワードデバイスなど、わかるところ(もしくは必要なところ)から修正をすると良いでしょう。

キャンペーン設定が適切に行えれば、検索ユーザーのニーズに合った広告を出せますので、粘り強く取り組みましょう。

ここがポイント

・キャンペーン・広告グループ・キーワード・デバイスの順に設定を行う。
・予算設定はキャンペーンの段階で行う。
・項目ごとに設定上限数があることは理解しておく。