6. Facebook(フェイスブック)におけるハッシュタグ(#)活用で期待される効果

Facebookでハッシュタグを活用すれば、以下のような効果が期待できます。
  

a. グラフ検索によるハッシュタグ(#)の普及

Facebookは、2013年に「グラフ検索」機能を発表しました。「グラフ検索」機能とは、様々な条件でお店・友人・写真などを検索できる機能のことです。これにより、従来よりもさらに細かく検索ができるようになりました。

日本語検索には現時点では完全対応していないものの、今後対応化が進んでいけば、Facebookで検索を使用するのが当たり前になるのではないでしょうか。検索する頻度が増えることで、同じようにキーワードを使って検索するハッシュタグを利用するユーザーが増えることも考えられます。
  

b. 表示順位をアップできる可能性

Facebookの投稿は、独自のアルゴリズムで表示順が決まっており、時系列に並んでいるわけではありません。ハッシュタグの活用次第では、グラフ検索によるキーワード検索が本格的に使われるようになった時、対象キーワードで上位表示できる可能性が高くなるかもしれません。
  

使い方に注意しながら、ハッシュタグ(#)を活用しよう

ハッシュタグを効果的に活用すれば、自社ブランドの投稿をターゲットユーザーに見てもらえる可能性が高くなります。Facebookをビジネスに利用するのなら、ぜひ活用してみたいものです。

しかし、使い方が悪ければ宣伝色が強くなったり、悪い印象を与えてしまうこともあります。ハッシュタグを利用する際には、使い方にも注意をして活用しましょう。

SNSの運用に役立つ知識をつけよう

Instagram(インスタグラム)は#(ハッシュタグ)が命!効果的な付け方・選び方を解説

Instagram(インスタグラム)は#(ハッシュタグ)が命!効果的な付け方・選び方を解説

Instagram(インスタグラム)では、「#(ハッシュタグ)」の付け方でユーザーの反応が変わります。付け方次第で、多くの人に見てもらえる可能性が高まるのです。今回は、Instagramにおけるハッシュタグの重要性とハッシュタグの選び方、付け方について解説します。また、ハッシュタグキャンペーンについても事例を交えながら紹介します。

SNS運用担当者なら絶対知っておきたい!FacebookとTwitterのユーザー属性の違い

SNS運用担当者なら絶対知っておきたい!FacebookとTwitterのユーザー属性の違い

企業のSNS活用が広がっています。各SNSのユーザー層や注目されやすいテーマ、内容を分析することで、ファンが増え、喜ばれる情報発信ができるようになります。今回は、FacebookとTwitterそれぞれのユーザー属性を解説します。今流行しているテーマや内容をチェックできるツールもご紹介するので、ぜひ活用してみましょう。

インタビュー前編:KPIは会場をお客様で埋め尽くすこと。新日本プロレスのSNS運用が目指すもの

インタビュー前編:KPIは会場をお客様で埋め尽くすこと。新日本プロレスのSNS運用が目指すもの

私ごとで恐縮だが、1年ほど前に体調を崩して自宅療養をしていたとき、YouTubeで新日本プロレスの公式チャネルで動画を見る機会があった。7分ほどの動画であっただろうか。その短い動画を見て、私は完全にプロレスの虜になってしまった。繰り出される美しい技、レスラー一人ひとりの個性など、その魅力は語りつくせないほどだ。プロレスに完全に魅せられた私は、こう思うようになった。「なんとかプロレスと仕事を結びつけたい……。」「なんとかferret読者にプロレスの魅力を伝えたい……。」本インタビューはそんな想いから実現した企画である。