はじめまして。BASEマーケティングを担当している金城です。

BASEは無料で簡単にネットショップが作れるサービスとして多くの方々にご活用頂いているサービスですが、今後Ferretにて15万以上のネットショップと向き合って見えてきたECを成功させるためのマーケティングノウハウをご紹介していきたいと思います。

ネットショップにどう集客をして売上を上げていくか、お悩みの方でこのFerretをご覧になっている方々も多いのではないでしょうか?

今や誰でも簡単に自分のネットショップを開設できるようになった一方、マーケティングや集客に関するノウハウはほとんど持ち合わせていないという方、商品開発に忙しく集客活動が全くできていないという方が多く存在します。

ネットショップにかぎらず物販の成功の秘訣は「商品力」だけではありません。商品の魅力ももちろん重要なのですが、同様に大切なのがその商品のマーケティングです。集客、プロモーション、PRなどの言葉でも言い換えられますが、「商品力」と世の中に対するよりよいマーケティングが合わさって初めてそのブランドは受け入れられ、ヒットする商品が生まれます。

ブランドのコンセプト設計やその伝え方(ストーリー)が本質的に重要になってくるところですが、今回の記事では始めたばかりのネットショップ担当者が行うべき具体的な集客方法をまとめてご紹介いたします。まずは考えられるべきアクションをとっていきながらあなたのショップを世の中の人々に知ってもらいましょう。

1.知り合いに教えよう

知り合いに教えよう

あなたのネットショップの最初の見込み顧客は、あなたのことをよく知っている友人です。連絡をとることができる身近な人々にぜひショップオープンのお知らせをしてみましょう。

なぜショップを始めるにいたったのか、どういった想いをもって商品を作っているのかしっかり自分の言葉で伝えて下さい。あなたのことをよく知っている友人たち、その想いに共感してくれる方は少なくないでしょう。

そういった友人らが最初のお客様になり、本当に商品がよければまたその知り合いに紹介をしてくれます。

1万人のお客様を作りたいのであれば、まずは身近な10人に共感してもらい最初のお客様になってもらいましょう。目の前の人々に満足してもらえない商品は、きっと誰にも認めてもらえない商品です、その見極めのためにもまずは対象となる顧客増にマッチした知り合いにショップのオープンを伝えましょう

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

2.ブログを書こう

ブログを書こう

インターネットにおける集客手段としてとても有効なツールがブログです。友人にはもちろん、世界中の人々にあなたの商品、ショップ運営に対する思いをしっかりと伝えることができる手段です。

一つのブログによって信頼を掴むことになり購入を後押しすることになりますし、内容がよければそのブログTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを通して人から人へ拡散されるコンテンツとなります。

また最も注目すべきブログのメリットとしては検索で見つけてもらえるということでしょう。アクセサリーのショップであれば、アクセサリーにおける有益な情報、革雑貨であれば革における有益な情報など、あなたの扱うジャンルにおける人々が求めている情報をブログ(記事)として発信していきましょう!

しばらくするとそのブログは検索で見つけられるものとなり、ショップへの有効な集客導線となりえることでしょう。

3.ソーシャルメディアをはじめよう

ソーシャルメディアをはじめよう

Twitter、Facebookなど、活用しているネットショップオーナーも多いのではないでしょうか。無料で使えるショップの宣伝ツールとして、BASEの利用者の多くもSNSを活用して集客を行っています。これらはショップの更新情報や商品についてのお知らせだけでなく、ブランドのストーリーを伝える有効な手段として活用できます。

またそれだけではなく、お客様とのリアルタイムなコミュニケーションツールとして使えるサービスです。あなたのブランドに関するツイートをしているお客様とやりとりをしたり、プレゼントキャンペーンなどを行って能動的にコミュニケーションをしているショップオーナーも多く存在します。

ほかにもVine、Pinterest、Youtubeなど様々なツールがあります。ぜひお客様の特性を見極めてそれぞれのサービスを有効活用していきましょう。

4.インスタグラムでハッシュタグを活用しよう

インスタグラムでハッシュタグを活用しよう

今、小中規模のネットショップにおいて最も注目されている集客ツールがInstagramです。スマホで撮影した写真を綺麗に加工できる写真共有サービスですが、Twitterを超える利用者を集め日本はもちろん世界的にも注目を集めるサービスです。

このInstagaramの特徴として”ブランドの世界観を伝えることが簡単にできる”ことがあげられるでしょう。ビジュアルを中心としたサービスなので、そのブランドイメージを容易に多くの人々に発信することができます。

多くの人に見てもらえるコツがハッシュタグです。例えばアクセサリーを扱うブランドであれば 「#cute #earrings #necklace #love」などなど、考えられるキーワードをその投稿に入れることで、その分野に感心のある見込顧客の多くに見てもらえることが可能になります。

BASEでもこちらのショップがInstagramで集客を成功しています。そこで投稿する写真が素晴らしいものであれば、フォロワーとなってもらいショップにも来てもらえる潜在顧客となりえます。

5.まとめサイトを活用しよう

まとめサイトを活用しよう

ブログ以外にも検索経由で見つけてもらえる有効な手段として、まとめサービスを活用するという方法が挙げられます。何か調べ物がありGoogleやYahoo!で検索をした際、NAVERまとめというサイトを多く目にしたことはありませんか?

実はあのまとめは誰でも作成することができ、内容が有益でかつ面白いものであれば多くの人々に見てもらうことが可能です。BASEのユニークなサービスを紹介しているこちらのまとめなど276万PVにも及びます。

ご自身が得意とするジャンルで有益な情報を、ショップの紹介も交えてまとめてみるのも有効でしょう。ブログよりも簡単に作成することができますよ。まとめサービスがその構造上、SEOも強いものになっていますので検索で見つけてもらえる有効なチャネルとなりえます。

女性向けのサービスであればMERYなどオススメです。

6.リアルイベントに出展しよう

リアルイベントに出展しよう

ネットショップだからといって、インターネット上だけが集客できる場とは限りません。地元の地域でやっているちょっとしたイベント、またはデザフェスに代表されるようなアートイベントに積極的に出展を行い、リアルな繋がりを通してあなたのブランドを伝えていくのも有効です。何か新しいもの、面白いものを求めて足を運ばれる人々に商品やブランドの魅力をしっかり伝えてあげましょう。

その場で購入にいたらずとも後日ショップに訪れてくれたり、口コミをしてくれる潜在的なお客様となりえます。そういった実際の出会いを大切にすることが最もネットショップにおいても重要な要素だと感じます。またそのイベント出展そのものがブログやSNSで紹介するコンテンツとなりえます。

7.広告を出そう

広告を出そう

費用はかかりますがネットショップに人を呼ぶには、やはり広告を出稿することが最も目に見える効果を実感できるでしょう。

個人でも広告を簡単に出稿できるツールとしてはGoogleのアドワーズ広告、Yahoo!のプロモーション広告に代表されるリスティング広告Facebook広告Twitter広告(Yahoo!を通して出稿可能)があげられるでしょう。どれもクリックごと、もしくは表示回数ごとに課金される形式のもので予算上限も決められますので計画的な広告出稿が可能です。

出稿キーワードやターゲットの選定をしっかりと行い、実際の数字をもとに広告の改善を繰り返していけば費用対効果を上げることができる有効な手段です。時間や費用はかかりますが、ネットショップを成長させていくには避けては通れない方法として覚えておいてもいいでしょう。

単価が高い商品であればA8に代表されるアフィリエイト広告もオススメです。

まとめ

以上、すぐに実施できる効果的な7つのネットショップ集客方法についてご紹介いたしました。

ネットショップを始めたばかりであれば全てを実施していくことは難しいかもしれませんが、一つ一つ試していきながら自分のやりかたにあった方法を探してみてください。

商材とそのお客様によってその組み合わせは様々です、トライアンドエラーを繰り返していきながら集客の成功パターンを見つけていきましょう。次回の記事では集客を行っていく際の基本となってくるブランドのコンセプト設計やそのストーリーの伝え方についてご紹介していきます。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

売上アップの基本公式~売上の基本構成要素
セールスフロー理解の重要性と具体的事例
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連する記事

ネットショップは利益、品揃え、物流など目配せをしなくてはいけないところがたくさんあります。その戦いを勝ち抜くために、まずは重要指標をチェックするところからはじめてみてはいかがでしょうか。