企業がTwitterやFacebook、インスタグラムなどSNSを活用してマーケティング施策を行うことが一般的になりました。
ただ、自社でもSNS運用を開始したものの手応えを感じられないWeb担当者は少なくないのではないでしょうか。

SNSにおいては、ユーザーが自然にシェアしたくなる投稿を行うことが大切です。プロが撮影した美しい写真やキャッチコピーではなく、日常を捉えた「自然体」なSNS投稿の方がエンゲージメントが高くなる傾向にあります。

一般ユーザーの写真を提供するプラットフォーム「スナップマート」では、誰で写真を販売・購入できます。

なぜ一般ユーザーの、プロレベルには遠く及ばないような写真が売れるのでしょうか。
一般ユーザーが撮影した写真には、どのようなニーズがあるのでしょうか。

今回、スナップマート株式会社 代表の江藤美帆(通称:えとみほ)氏に、同社の成功事例や企業のSNSマーケティングの新しい流れについて、ferret 創刊編集長 飯髙悠太がインタビューを行いました。

SNS運用に悩まれているWeb担当者の皆様はぜひ確認してみてください。

スナップマートのローンチから現在に至るまでの変化とは?

snapmart-ferret-iv_-_2.jpg
https://snapmart.jp/

飯髙:
スナップマートはローンチ当時から現在に至るまでどのような変化がありましたか?

江藤氏:
まず1つ目が写真の枚数が増えたことです。ローンチから約1年で80万枚くらいの写真を集めることができました。

飯髙:
かなり増えましたね。企業の利用も増えているかと思いますが、現状どういった用途で利用されているんですか?

江藤氏:
企業で最も多いのが、SNS広告オーガニック運用の素材ですね。ジャンルで言うと、コスメやファッション系が多いです。スナップマートのターゲットユーザーが女性寄りということもありますが、女の人が好きそうな写真が多いですね。

他にも、メディアや個人ブロガーにも活用していただいており、記事のアイキャッチなどにスナップマートの写真を使っていただく機会が増えました。

飯髙:
企業はスナップマートのどういった点に目をつけて依頼されるのでしょうか?

江藤氏:
まず企業の課題として、企業が自分たちでSNS運用をしているけれど、掲載する写真素材がないということがあります。
撮影するけど“SNS的に”良い写真が撮れないという意見を良く耳にします。そして、プロのカメラマンに依頼しても、インスタグラムっぽくならないことがあるそうです。

インスタグラムに載せる写真は「インスタグラマーに撮影してもらえば良いのではないか」ということで、半信半疑ながら依頼をしていただくことがありました。そこで撮影した写真は、自分たちにはマネ出来ないと気に入っていただき、リピートされる企業が多いですね。そのほかにも、企業が「お題」を出して作品を競う「フォトコンテスト」もよく利用されています。

“素人撮影”の写真でクリック率340%向上!フォトコンテストの企業活用事例

snapmart-ferret-iv_-_3.jpg
https://snapmart.jp/contests

飯髙:
フォトコンテストは具体的にどのように行っているんですか?

江藤氏:
フォトコンテストには2パターンありまして、広く一般の方から写真を投稿してもらう通常の「リクエスト」と、事前に撮ってもらいたい商品などをお送りする「ダブルチャンスリクエスト」があります。

通常のコンテストは、スナップマートのトップページから「欲しい写真をリクエスト」ボタンをタップして募集要項を入力すればどなたでもすぐに開催が可能です。

ダブルチャンスリクエストの場合は、まず最初にスナップマートのアプリで「新商品の○○がもらえるフォトコンの参加者を募集しています」と告知広告を出して、そこに集まったユーザーさんから企業が参加して欲しい方を選定します。その際、Twitterやインスタグラムのアカウントを参照できる仕組みになっており、「どういう写真をアップしていて、どのようなフォロワーがいるユーザーか」がわかるので、自社に合った方を選択できるのが特徴です。

そしてその選ばれたユーザーさん限定でフォトコンテストを開催するのですが、ここでは1万円以上の賞金がもらえるので、お一人で何枚も応募される方も多く、だいたい50名くらいに商品をお配りすると300-600枚くらいの写真が集まります。

ちなみに、通常のリクエストは主催者が独占的に利用できるのは受賞作品のみですが、ダブルチャンスリクエストのほうは、集まった写真すべてを独占利用できます。このメリットを活用して、集まった写真を自社のSNS投稿や広告にご活用いただいています。

飯髙:
そうなんですね。企業が募った写真はSNS広告やアイキャッチに活用されるとのことですが、プロカメラマンが提供する既存のストックフォトと比べてどういったメリットがあるのでしょうか?

江藤氏:
プロカメラマンの写真との一番の違いは「自然体」であることですね。

たとえばストックフォトの写真は、加工しやすいようにわざと余計な“写り込み”がない写真になっていることが多く、どうしても不自然な印象を受けます。

一方で、スナップマートは加工を前提にしていないので、ほとんどのユーザーさんは撮ったそのまま写真を投稿しています。そういった写真というのは、SNSに投稿したとき違和感なく馴染みます。実際に「いかにも広告」という感じがしないため、実際にコスメ系商材で利用した際、クリック率が340%向上したという実績があります。

snapmart-ferret-iv_-_4.jpg
https://snapmart.jp/contests/27/photos

飯髙:
340%ですか!利用されてる企業は、コスメやファッション系ジャンルが多いとのことですが、今後やっていきたいジャンルはありますか?

江藤氏:
そうですね、女性ユーザーが全体の約7割を占めており、「料理」や「食べ物」に関して良い写真を撮れるユーザーが多いので食品系のジャンルをやっていきたいです。

特にテーブルフォトのクオリティが高いと感じています。料理の脇に調味料を置いて撮ることもできますし、商材を絡めたお題にも対応できます。

飯髙:
食品といえば「ホットスムージー」がお題のフォトコンテストなどもありますが、撮影方法などは基本的にすべてユーザーにお任せしているんですか?クオリティもかなり高いですよね。

江藤氏:
そうですね。ホットスムージーの素のサンプルを提供して、好きなように撮影して良いですよという方法でした。なので、単にパッケージだけを撮影しても良いわけですが、料理を作ってアレンジレシピを書いたり、思いもよらない投稿が多くて面白いなと感じました。コンテストの受賞作品には良い作品が多かったですね。

クオリティに関しても、本当に高いですね。皆さん普通の学生さんや主婦など、プロカメラマンではないんですけど、写真を撮り慣れていて凄いですよね。クオリティのコントロールも特にしていないので、販売されている写真はピンキリですが全体的に質が高いと思っています。

ローンチ当初は想定していなかった「インスタ映えしない写真」や「アプリからの購入」

snapmart-ferret-iv_-_5.jpg

飯髙:
女性ユーザーが中心で、いわゆる「インスタ映え」する写真が中心かと思いますが、ローンチ時と比べて現状の面白いギャップみたいなものはありますか?

江藤氏:
ギャップは沢山ありますね。当初は、それこそインスタグラムに投稿されるような写真を想定していて、もちろん現状も確かに多いのですが、「こんなの売れるの!?」っていう写真が意外と売れているんです。

たとえば、人気なジャンルに「お腹」や「筋肉」などがあります。「お腹」は、痩せたお腹だけでなく太ったお腹も人気があるんです。筋肉もそうですが、フィットネス系の用途で使われているようです。その他には、意外と個人ユーザーが購入している点ですね。企業やメディアを想定していましたが、ブロガーなど個人が沢山購入していて驚きました。個人が写真素材を購入するんだなと新鮮な発見がありましたね。

あと、女性の写真も「モデルさんの写真」というよりは、「友達と何気なく撮った1枚」みたいなのも人気があります。

飯髙:
だいぶイメージと違いますね(笑)やはり自然な雰囲気の写真に魅力を感じている方が多いのでしょうね。例えば、留学会社のホームページ用素材とも相性が良いのではと感じました。ストックフォトは綺麗すぎるので。

江藤氏:
たしかにそうですね。スマホの写真にはExif情報が記録されているので、緯度経度から位置情報を使って場所ごとに検索することもできます。それこそ、海外でも良いですしお出かけ系のメディアにも活用いただけるんじゃないかと考えています。

飯髙:
次にアプリやWebを運用する上でのギャップはありましたか?サービスの特性上アプリを重視されていると思うのですが、WebのUIが非常に良いなと思ったので。

江藤氏:
実は、その点に関して「しくじったな」と思ったことがあって...。アプリをリリースしたとき、「投稿はアプリ」「購入はWeb」というイメージでした。「アプリで購入」って想像ができていなかったんです。

写真素材を購入するときは、大きなモニターで大きな画像で見て購入すると想定していて、「アプリでは買わないよね」と思っていました。ところが、リリースしてみると、「アプリから買えない」という意見を沢山いただいて、慌ててWebをスマホ対応にしたんです。いま、アプリの写真詳細からWebにジャンプする仕組みで対応しているのですが、今後はシームレスにアプリから購入でき、Webからも出品できるようにアップデートしていく予定です。

スナップマートの“世界観”を実現する上での障壁や脅威とは?

飯髙:
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を始め、スナップマートの独自の世界観を実現する上で、なにか障壁や脅威などを感じることはありますか?

江藤氏:
正直なところ、あまり外の脅威は感じていないんですよね。なんだろう。写真の素材を販売するという点において、ストックフォトの市場にガチで参入しようとしたら勝てないのは明白です。「ピクスタ」もそうですが、「Getty Images」なども何十年もやっているし、SEO的にも強いですからね。既存のストックフォトはもうやれることをやり尽くしているわけです。

そこに参入したらレッドオーシャンの中に飛び込むことになるので、そこでストレートに勝負するのはやめておこうと思っています。

なので、彼らの戦えないような市場を考えると、いまは「商品写真」なのかなと思うんですよね。スナップマートではオーガニックな写真も売っているんですが、ブツ撮り出張サービスとかアンバサダーとかが当たっているのは、企業がSNSプロモーションの価値を理解し始めていて、だんだんそこにお金が流れていっているからじゃないかなと。

一般的なストックフォトは加工のしやすいことからクリエイターさんに愛用者が多いですが、スナップマートは1枚でそのまま使ってもらえるのでWeb担当者のような非クリエイター層に利用されています。そこで戦っていきたいですね。

飯髙:
商品写真はたしかに自然でスナップマートならではという感じがします。ただ、ブツ撮りは商品の色味やピントなどシビアなイメージがあります。その点に関しては課題などありますか?

江藤氏:
スナップマートのブツ撮りサービスの場合は、インスタグラマーさんの世界観で撮るものなので、基本的には「インスタグラマーの投稿の中に企業の写真が入るイメージ」と最初にお伝えしています。もちろん、ヒアリングシートは用意しており、構図などはきっちりすり合わせて行っているので現在では問題なく運営しています。

ローンチ時はここを理解されていないクライアントさんもいて、プロの方に頼むときのように、あとから「ここをこうして欲しい」というようなご指摘もいただいたのですが、現在は先にこのサービスの主旨を理解していただいてから発注をいただくので、ほぼトラブルはありません。注文いただいた方の約7割はリピート注文してくださいます。

ユーザーが何をみているのかと考えたら、実際細かいところまで見ていなかったりしますよね。「雰囲気がかわいい」「使っている姿が想像できる」みたいに、全体の雰囲気を伝えることを大切にしていて、これで良ければ活用していただけると嬉しいですね。

まとめ

企業が利用する「写真素材」といえば、プロカメラマンが撮影したストックフォトサービスが一般的でした。SNSが普及した近年、精巧な写真よりも自然な写真に価値が見出されるようになりました。

もちろん、クオリティではプロにかなわない点もありますが、スナップマートの事例からもわかるように、「インスタ的」な写真を広告に利用し、成果を出した実績もあります。目的や用途に合わせて利用することでマーケティングの手段として活用できるでしょう。