世の中にはたくさんのメモアプリが存在しますが、「メモすることだけに精一杯で、メモを見返す習慣がない」そんな方も意外と多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな人にはメモアプリよりもジャーナルアプリがオススメです。

「ジャーナル」という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、もともと単なる「メモ」とは思想体系が異なり、見返すことに主眼が置かれています。「振り返る」時間がなかなか取れない方は、メモアプリよりもジャーナルアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

今回は、ジャーナルアプリを使う4つの場面とおすすめiPhoneアプリ5選をご紹介します。よく「日記」を記録するアプリと誤解されてしまいますが、それ以外にもさまざまな用途があるので、自分なりの使い方を模索してみましょう。

ジャーナルアプリとは

journal.jpeg
stock.io

ジャーナルアプリとは、メモに加えて書いた日付や写真、位置情報などを保存することができるアプリのことです。

ジャーナルとは日本語で「日記」のことを指します。ジャーナルアプリは単にその日に起こったことを書き出しておく「日記」的な使い方もできますが、実は、ビジネスなどで汎用的に使いこなすことができるという強みがあります。

ジャーナルアプリが「使える」4つの場面

ジャーナルアプリは、「日記」としての使い方はもちろん、ユーザーの活用の仕方でさまざまな使い方をすることができます。

1. その日に起こった出来事を記す「日記用」として

1.png

ジャーナルアプリとメモアプリの大きく異なるところは、その記録を「いつ書いたのか」を強調して表示したり、日付による検索をしやすくしたりしている点です。ジャーナルアプリで日記を書けば、「1週間前には何をしていたのか?」「1年前には何をしていたのか?」を気軽に読んで振り返ることができます。

多くのジャーナルアプリはクラウドストレージにバックアップを取っているので、スマートフォンの機種変更をしても、過去の記録を読むことができます。日記を過去に遡って保管している方は少数派だと思いますが、自分が意識していなくともシームレスに同期するため、アカウントを忘れない限りは過去の記録は残り続けます。

2. 1年で訪れた場所を記録する「旅行用」として

2.png

年に数回旅行に行く人は、旅行の記録をジャーナルアプリに記録しておくのがオススメです。

多くのジャーナルアプリでは、位置情報を保存したり、その日の天気を自動的にAPIから読み込んで記録したりして、書いたその「現場」の情報をあえて残すような設計になっています。「1年前の雨の日に台湾で食べた小籠包の店」も、簡単な記録を残しておくだけで、自分だけの旅のしおりになるのです。もちろん、ブログのように写真を貼り付けることもできます。

3. 大切な事案を日ごとにまとめる「仕事用」として

3.png

毎日のルーティーン化した作業の中で、日々の進捗状況を記録し、「1週間前に何をしたか」を振り返ることは、作業を効率化する上で思いの外重要です。メールや社内ツールを使って上司に報告するために「日報」を作成しているのなら、ジャーナルアプリを使えば「自分用の日報」を作成することもできます。

ジャーナルアプリの中には、高機能なメモアプリと同じようにTo Doリストを作成する機能もあるので、その日ごとにすべきことをジャーナルアプリ主体でマネージメントすることもできます。メールの報告ではなかなか見直すことはないかもしれませんが、ジャーナルなら「記録する」だけでなく「見返す」という習慣も身につくでしょう。

4. 読んだ本の内容を記録する「読書用」として

4.png

年間の読書量が多い人は、ジャーナルアプリ「読んだ本の記録」をつけておくのもいいでしょう。

読書は、読んだその日には内容を覚えているものですが、振り返る機会がなければ、内容はうろ覚えになってしまうものです。

試しに、先日読んだ本の内容を思い出してみてください。きっと、見出しなどは覚えているかもしれませんが、細かな内容、どんなことが印象に残ったかなどは、忘れているかもしれません。

ヘルマン・エビングハウスによる研究で有名な「忘却曲線」理論によれば、1日後に憶えている記憶量は約34%、1ヶ月後には約21%まで記憶量が減り、およそ8割のことは忘れてしまいます。せっかく大切な時間を割いて、身銭を切って読んだ本なので、内容や感想を記録し、見返す習慣をつけておくとよいでしょう。