Yahoo!が提供しているリスティング広告である「Yahoo!プロモーション広告」には、広告出稿時もしくは広告出稿後に広告掲載可否審査があります。

せっかくキーワードや広告文、リンク先のホームページを設定しても、Yahoo!の審査に通らなければ広告掲載はできません。そのため、広告出稿する際は、あらかじめYahoo!プロモーション広告のガイドラインを閲覧し、それに即しているか確認する必要があります。

とはいえ、Yahoo!プロモーション広告を初めて利用する方にとっては、膨大な量のガイドラインをすべて頭にいれるのは難しいでしょう。

今回は、Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチでやってしまいがちな審査落ち事例とその改善方法を紹介します。

Yahoo!プロモーション広告の審査について

yss-nglist_-_1.jpg

Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告は、広告出稿時もしくは広告出稿後に、キーワード、広告文、リンク先ホームページが掲載可能なものかどうかの審査があります。もしYahoo!が広告の審査をせずに掲載してしまうと、ユーザー検索エンジンを利用した時に不適切な検索結果が表示されてしまうかもしれないからです。

このような事態を防ぐため、Yahoo!では「キーワードに対してふさわしい広告であるか」「誤解しやすい広告になっていないか」「法律に違反していないか」などを確認しています。

この審査に通らなければ、広告は掲載されない、もしくは広告の配信が停止になります。Yahoo!プロモーション広告を配信する場合は、作成した広告文やホームページがYahoo!のガイドラインから逸脱していないか、入札しているキーワードは適切かを確認してから出稿しましょう。

ただし、もし審査落ちしてしまった場合でも、該当部分を修正すれば再審査の申請が可能です。広告の審査に落ちてしまった場合は、改善点を確認し該当部分を修正した上で再申請をしてみましょう。

再申請が承認されれば、広告配信がスタートします。

参考:
審査とは - Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

Yahoo!プロモーション広告の審査期間について

Yahoo!プロモーション広告広告を出稿した時の審査期間は3営業日以内とされています。1度審査に落ちてしまうと再審査になり、さらに時間がかかります。

短期間施策の広告を配信したい場合は、余裕を持って申請するようにしましょう。

審査状況の確認方法

審査の進捗状況は、Yahoo!プロモーション広告の管理画面より確認できます。

yss-nglist_-_2.jpg

まずはYahoo!プロモーション広告にログインして、「スポンサードサーチ」をクリックします。

yss-nglist_-_3.jpg

キャンペーン管理」をクリックします。

yss-nglist_-_4.jpg

「審査状況」をクリックします。

yss-nglist_-_5.jpg

「キーワード」「広告」「広告表示オプション」のいずれかをクリックします。

それぞれの項目ごとに審査状況の確認ができます。