ビジネス向けアプリ

6.freee

freee

http://www.freee.co.jp/

クラウド型会計サービスの「freee」です。個人事業主向けプランや、会社法に対応した法人向けプランなどがあり、確定申告の書類作成が直感的に行えるような機能を2015年1月にリリースしました。
ステップを設け、これまで入力してある情報やスマートフォンアプリから撮影したレシートなどの情報で、確定申告作成を手助けしてくれる魅力的なサービスです。
利用ユーザーも多く、使い方や感想、コツなどのレビューを見かけるので、分からないことがあっても調べれば解決する情報量は嬉しいポイントの1つです。
中には、税理士事務所が運営するホームページに「freee」を絶賛し、利用を薦めている内容があるほどです。

7.家計簿・経費精算統合アプリのマネトラ

家計簿・経費精算統合アプリのマネトラ

※このアプリは現在公開されていません。

ビジネスパーソンは仕事上で使うお金は多岐にわたります。一応領収書やレシートをとっていても、日々それを入力することは大変な作業です。
そこで「マネトラ」ではスマートフォンのカメラを利用したレシートの読み込みによりすべて文字情報に変換。コメントなどを一緒に入力しておくことで、後でいちいち入力する手間が省けます。
魅力的なのはビジネスに限らず収支を管理することができること。タグ付けを行うことで、経費と個人の家計簿を同時に管理できるのが「マネトラ」の魅力の一つでもあります。

8.ジムー見積書請求書

ジムー見積書請求書

http://xn--yck3dsd.jp/

少しユニークな角度から経費の管理に役立つアプリケーションがこの「ジムー見積書請求書」です。メインの機能はアプリケーションのタイトル通り、見積りや請求書を作るためのアプリケーションなのですが、収支表機能では年度ごとに経費の合計額とその内訳を確認することができます。
支払い明細をもとに経費を設定しておけるので、後々確定申告の際にデータを役立てることができる優れものです。

9.交通費清算

交通費清算

http://app-liv.jp/363351282/

月末の作業を一気に楽にしてくれるアプリケーションの「交通費清算」です。手動の場合も本当は毎日営業先や行ったところから入力をしていけばよいのですが、なかなか面倒な作業です。
私の友人はスケジュール管理帳に毎日アポから帰ってからすぐに入力をしていましたが、この「交通費清算」はこの面倒な作業にだけ特化した機能を取り揃えています。

使い方は簡単で、日付や訪問先、交通手段を選び、その項目にそれぞれ入力しておけばよいだけです。スマートフォンで都度入力するので記入漏れが減りますし、よく利用する交通機関などはパターンとして登録することも可能です。
また実際に提出などが必要な場合もCSVファイルとしてメール送付が可能なので、月末にあわてなくてもよくなります。

10.Dr.経費精算

Dr経費精算

https://www.keihi.com/

「Dr.経費精算」は、スマートフォンでレシートを撮影するだけで経費精算ができるサービスです。交通系ICカードの利用履歴も自動で取得するため、交通費を申請する手間も大きく削減することができます。

また、申請から承認まですべてスマホで完結するので、事業のペーパーレス化にも貢献します。申請者と承認者の間でチャットを行うこともできるので、状況の確認も容易に行うことができるでしょう。

11.MFクラウド経費

https://biz.moneyforward.com/expense

マネーフォワードが運営するクラウド経費精算システム「MFクラウド経費」は、面倒な経費精算の処理を大きく改善することのできるサービスです。

経費精算の作業はスマートフォンで対応できるので、時間や場所を選ばずに申請が可能。上長による承認もスマートフォンアプリで実行できるので、空き時間を有効活用することができます。

12.らくらく旅費経費.net

らくらく旅費経費.net

https://rk2.mugen-corp.jp/ryohi/

「らくらく旅費経費.net」は、交通費精算の手間を軽減する旅費経費に特化した経費精算サービスです。交通系ICカードや「駅すぱあと」とも連動しており、利用履歴の取り込みを簡単に行うことができます。

また、管理の難しい定期の区間控除にも対応しているので、交通費の過剰支給を行うリスクを低減することも可能です。

13.eKeihi(イーケイヒ)

eKeihi

https://www.ezsoft.co.jp/ekeihi/

「eKeihi(イーケイヒ)」は、国内54万人以上に利用されている経費精算サービスです。ユーザーの使いやすさを重視して作られており、98%もの顧客満足度を誇っています。

オンプレミス型とクラウド型の2種類を提供していますが、クラウド型でも要望に応じたカスタマイズに対応しており、作業の効率化を図ることができます。

14.NP掛け払い

NP掛け払い
https://np-kakebarai.com/

「NP掛け払い」は、BtoBや企業間における請求業務を代行する後払い決済サービスです。

最小限の情報のみで瞬時にリスク分析を行うことができる特許の与信管理システムを構築しているので、中小企業はもちろん、高リスクで与信が難しい個人事業主にもおすすめです。

15.WEB帳票発行システム『楽楽明細(ラクラクメイサイ)』

楽楽明細
https://www.rakurakumeisai.jp/

WEB帳票発行システム『楽楽明細(ラクラクメイサイ)』は、印刷・封入といった様々な帳票発行の手間を削減できるクラウド型システムです。

請求データを取り込むことで、各発行先に「発行方法」と「帳票割り振り」を自動で行うので、業務効率化を実現し、郵送代や印刷代などのコストを大幅にカットできます。

16.楽楽精算

楽楽精算
https://www.rakurakuseisan.jp/

楽楽精算は、累計導入社数No.1のクラウド型経費精算システムです。

電子帳簿保存法の「スキャナ保存要件」に対応しているため、請求書や領収書の電子化が可能です。
また、紙での原本保管が不要になるので、拠点間の輸送コストや紛失のリスクを抑えることができます。

17.ジョブカン経費精算

ジョブカン経費精算.jpg
https://ex.jobcan.ne.jp/

ジョブカン経費精算は、経費精算の申請から承認、経理業務を管理できる経費精算システムです。

使いやすさを追求したUI設計によって、経費精算にか関わる全ての従業員の手間を大幅に削減します。

18.atone(アトネ)

atone(アトネ).jpg
https://atone.be/

atone(アトネ)は、会員登録だけで利用できる後払い決済サービスです。

クレジットカードや口座登録、チャージが不要なため、決済選択時のコンバージョンアップが期待できます。

19.NP後払い

NP後払い.jpg
https://www.netprotections.com/

NP後払いは、業界シェアNo.1の後払い決済サービスです。

購入者の支払い有無に限らず、100%立て替え払いをしてもらえるため、未回収リスクを防ぐことができます。