まとめ

SEOリスティング広告、Facebook広告と、それぞれ異なる特徴を持っているものの、全て共通しているのは「仮説」が重要というところです。
集客を始める前に、ターゲットを選定し、ターゲットのニーズを洗い出し、どのような内容であれば彼らに見てもらえるのかを考えることは必須です。(SEOリスティング広告の場合が対策キーワードの選定も行う必要があります。)
ターゲットが曖昧な広告は、誰にも響かない広告になってしまいます。最初の準備を蔑ろにせず、しっかり仮説立てて検証し、もしうまく行かなければすぐに次の施策を練る、というPDCAサイクルをできるだけ早く回していきましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

このニュースに関連するカリキュラム

  <div class="div-td">
    <div class="bm_title">
      <a href="/curriculums/facebook">Facebook・カリキュラム</a>
    </div>
    <div class="blockquote">

FerretにはFacebookを基礎から学べるカリキュラムが充実しています。この機会にあなたもFacebookを学んでみませんか。