YouTube広告で費用対効果を上げる3つのポイント

YouTubeの動画広告を利用したとしても、成果をあげなければ意味がありません。また、できる限り広告に使う予算は抑えたいところです。「動画見てもらえたからそれでいい」と満足していては、成果につながらないでしょう。

そこで、YouTube動画広告で成果をあげる具体的な3つのポイントをご紹介します。

誰に届けたいかを明確にする

YouTubeの動画広告で成果をあげるためには、誰に届けたいかを明確にする必要があります。俗にいう、ペルソナを設定するということです。ペルソナとはラテン語で人格という意味になりますが、ここでいうペルソナは明確なターゲット像を指します。

参考:今さら聞けない「ペルソナ」とは。意味やマーケティングでの活用方法、作り方も解説!

例えば、不動産投資を考えている人に向けて動画広告を作成する場合は、どのようなペルソナを設定すればいいでしょうか。例えば会社の役員クラスの方は当てはまるでしょう。このように、ペルソナを設定することで「誰に届けたいか」が明確になります。あとは、届けたい人のために動画広告を作成するだけです。設定したペルソナの興味を惹くコンテンツを作成することができます。

どうなってほしいかを明確にする

誰に届けたいかを明確にしたあとは、ターゲットにどうなってほしいかを考えることが大切です。例えば、先ほどの不動産投資を例に出すと、「不動産投資をするお金はあるけれど、やったことがないから不安」という方に、最終的にはどうなってほしいと考えますか。

「不動産投資をはじめて引退生活を送ってほしい」「権利収入を手に入れてほしい」と訴求することができれば、ユーザーは腑に落ちて、サービスの登録や商品の購入に繋がります。動画広告をクリックするユーザーは、「できるけどやらない」「不安だから登録しない」という方が多いです。そういった方が求めているものは、最後のひと押しです。YouTubeの動画広告で成果をあげるためには、ユーザーにどうなって欲しいかを明確にし、背中を押してあげる内容を織り込むようにしましょう。

初めの5秒に動画の内容を詰める

YouTubeの動画広告は、初めの5秒が最も大切です。なぜなら、広告は出てきたところで「早くスキップして動画の本編を見たい」としか考えていないからです。

そこでスキップされないために、最初の5秒に動画の内容を詰め込むようにしましょう。わかりやすい例として、最初にインパクトのあるシーンを流すことが効果的です。例えば、最近よくでてくるYouTuber(ユーチューバー)を活用した動画広告などを参考にするとわかりやすいです。

流行っているYouTuberを動画内に活用することで、ユーザーは興味を持つようになります。自分に関係のない内容でも、広告を視聴してしまうのです。それは、潜在的に「このサービスを利用したい」と考えているユーザーをコンバージョンさせることにも繋がるので、動画広告の初めの5秒は動画の内容を詰め込むとともに、インパクトのあるシーンを挿入しましょう。

仕組みを理解した上でYouTube広告を活用しよう

自分で予算を決めながら運用できるYouTube動画広告は、費用対効果を分析しながら運用しやすい広告です。仕組みをしっかり理解した上で、どの程度予算を投入するのか、かけられるコストと得られる利益を考えながら運用していきましょう。