メーラーごとの送信方法

ここからはいくつかのメールごとに送信方法を紹介していきます。
紹介するメーラーは以下の4つです。

  • gmail
  • outlook
  • mac
  • thunderbird

gmail

gmailにはテキストモードがあり、そちらを設定することでHTMLメールの送信が可能になります。
「リッチテキストモード」と「プレーンテキストモード」の2種類があり、HTMLメールの時は「リッチテキストモード」を使用しましょう。
具体的な手順は以下の通りです。

1.新規メール作成画面を開く
2.右下にある「⋮」アイコンを選ぶ
3.プレーンテキストモードにチェックがないか確認
4.書式設定や画像の挿入を行い送信する

outlook

outlookの送信手順も非常に簡単です。
具体的な手順は以下の通りです。

1.オプションを開く
2.「次の形式でメッセージを作成する」から「HTML形式」を選択
3.テンプレートのフォルダーを開き作成していたHTMLファイルを追加
4.オプションを開きメニューメールを選択
5.ひな形およびフォントから追加したHTMLファイルを選択
6.ひな形を利用する場合は選択しOKをクリック

mac

macでHTMLメールを送信するの場合は、2種類の方法があります。
Mail.appで作成するか、テンプレートの使用によって作成するかです。
Mail.appは、macに標準搭載させているメールアプリで、以下のような手順でHTMLメールが送信できます。
1.通信設定を開く
2.作成タブをクリック
3.フォーマットリッチテキスト形式に切り替え
4.返信レイアウトから返信する際のフォーマットを指定

また、テンプレートを使用する場合は以下の通りです。

1.新規メッセージをクリック
2.右上にあるひな形の表示を選ぶ
3.テンプレートを選択
4.記入されている英文を編集
5.使用したい画像をドラッグ&ドロップで切り替え

thunderbird

thunderbirdも簡単に送信できます。
具体的な送信手順は以下の通りです。
1.「このアカウントの設定を表示する」を選ぶ
2.「HTML形式でメッセージを編集する」にチェックを入れる
3.左下の作成をクリックして新規メール作成画面を開く
4.挿入をクリック
5.HTMLを選択し作成したHTMLを貼り付けるか記述する
6.挿入をクリック
7.オプションの送信形式をクリックし形式を選択して送信

まとめ

このようにHTMLメールは、Gmailを始め多くのメーラーで利用できる形式です。
お伝えしたように、HTMLメールの活用はメルマガでの効果が非常に高く、読者の購買意欲をそそるようなメールの作成ができます。
多少の知識が必要になる場合もありますが、積極的に使っていきたい機能です。