ツイートごとに分析が可能

Twitterの場合、エンゲージメントがツイートごとに表示されます。そのため、同じテーマでツイートの内容を変えて効果を計る「ABテスト」などを行う際に、比較しやすいという特徴があります。

インプレッションよりもエンゲージメント率を意識しよう

Twitterを使ったマーケティング施策を行った際、どうしてもインプレッション数を気にしてしまいがちです。たしかにどれだけ見られたのかは重要ですが、それ以上に意識したいのが「エンゲージメント率」です。エンゲージメントの総数をインプレッションで割ると、エンゲージメント率が導き出されます。

いくらインプレッション数が多くても、エンゲージメント率が低ければそのツイートは効果的とは言えません。ツイートの内容を変える、ツイートの投稿時間を変える、ツイートの長さを変えるなどして、エンゲージメント率を高める工夫をしてみましょう。

関連記事

インプレッションを確認してTwitterの効果を把握しよう

インプレッションを確認してTwitterの効果を把握しよう

Twitterのインプレッションとは、投稿がユーザーのタイムラインに表示された回数のこと。ユーザーが投稿を見る機会がどのくらいあったかを把握できます。インプレッションを知ることで、どのような投稿が人気でそうでないのかということが分析可能です。大切な指標であるインプレッションを理解して、効果的なTwitter運用を目指しましょう。