「140文字以内」という制約の上でつぶやくTwitter(ツイッター)は、匿名で気軽にたくさんの人たちとつながることができるSNSとして人気です。実際の友達だけではなく、アーティストやショップ、企業などと幅広くつながりを持ち、タイムリーな情報を交換できることが魅力と言えます。4,500万人超という多くのユーザーを保有し、主に10代・20代の若年層に支持されているTwitterは、プロモーションツールとして利用している企業も増えているほどです。

Twitterを活用したプロモーションの指標の1つとして、どれだけのユーザーにつぶやき(ツイート)を見られたかが挙げられるでしょう。そこで記事では、Twitterの効果を把握する上で必要な「インプレッション」について説明します。

参考:Twitterの月間アクティブユーザー数は日本で4500万超

Twitter(ツイッター)のインプレッションとは

「インプレッション」はTwitterに限らず、ディスプレイ広告などWebマーケティングにおいては一般的に使われる言葉です。投稿が表示された回数のことを「インプレッション」と言います。Twitterの場合は、ツイートがユーザーのタイムラインに表示された回数のことであり、ユーザーが投稿を見る機会がどのくらいあったかを把握できます。

インプレッションが少なければ、せっかくTwitterでツイートをしても、あまり見られていないということ。そのため、Twitterを使ったプロモーションでは、まず第一にインプレッションを増やすことを意識しましょう。

インプレッションとエンゲージメントの違いとは

Twitterを使っていると、インプレッションの他に「エンゲージメント」という言葉もよく耳にすることでしょう。エンゲージメントは、インプレッションに対し、ユーザーが何らかのリアクションをすることを指します。

具体的には、ツイートをユーザーが自身のフォロワーに拡散できる「リツイート」や、コメントの入力、「いいね」を押す、写真やリンクをクリック、プロフィールのクリックなどです。

ユーザーが関心を持ったからこそ、発生した行動として認識しましょう。このエンゲージメントの発生率をエンゲージメント率と言い、エンゲージメントをインプレッションで割り算出します。インプレッションとエンゲージメントは関連性の高い指標として覚えておきましょう。

エンゲージメントについては、以下の記事でより詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

Webマーケティングにおいて、今やメインとなっていると言ってもいいTwitter。その際にチェックしておきたいのが「エンゲージメント」です。Twitterでは、ツイートごとにユーザーの反応をチェックすることが可能。そこでTwitterのエンゲージメントの見方を紹介します。