新型コロナウイルスの影響により、人々の消費行動が様変わりしています。なかでもSNS経由のショッピングは身近な消費行動となりつつあり、特にInstagram(インスタグラム)のショッピング機能「ShopNow(ショップナウ)」はさまざまな企業でも活用され始めています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます

本記事では、インスタ消費を促す「ShopNow」の最新企業活用事例を集めて紹介します。雑貨、ファッション、アクセサリーをはじめ、なかには意外と思えるケースも。企業のWeb担当者、特にSNS担当者はぜひ、参考にしてみてください。

Instagram(インスタグラム)「ShopNow(ショップナウ)」機能について詳しく知ろう

「ShopNow(ショップナウ)」ってどんなもの?

uniqlo_tumbnail.jpg
出典:@uniqlo_with | Instagram

Instagramの「ShopNow」機能とは、Instagramを入口にして、ショッピングが完結する機能のこと。この機能は、日本では2018年6月5日にリリースされました。

投稿写真に商品へのリンクタグがつけられていて、タップするとその後は企業の通販サイトのページへ遷移します。そこで注文・決済をすれば買い物が完結する、というもの。この「ShopNow」に対応した投稿写真には、左下にショッピングバッグのアイコンと「商品を見る」という文字が表示されます。

参考:【インスタグラム】Instagramショッピング機能『ShopNow』がついに日本解禁!

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

「ShopNow(ショップナウ)」対応投稿はどうすれば発見できるの?

shop1_tumbnail.jpg
出典:Instagram

Instagramの画面最下部にある、虫眼鏡マークの「検索アイコン」をタップすると、Instagram上で何らかのキーワードを入力して投稿を探しだす画面が表示されます。
shop2_tumbnail.jpg
出典:Instagram

その近くに「ショップ」というボタンが表示されており、ここをタップすると「ShopNow」機能に対応した投稿がズラリと表示されます。

現状、ファッションやアクセサリーなどを取り扱うEC企業での導入が多いようですが、なかにはスイーツ、フード、ドリンクなどちょっと意外な企業の活用事例も。

全世界、および国内でどれぐらいの企業が導入しているか、詳細な数は定かではありませんが、EC事業を展開する企業にとってメリットが大きく、これからますます消費者とのコンタクトポイントを増やすきっかけにできそうです。

どうすれば使えるの?

この「ShopNow」機能を導入するには、ただInstagramアカウントを開設しているだけではできません。Facebookページも開設して、Instagramアカウントと相互連携させなければいけません。

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携する方法とそのメリット

Instagram(インスタグラム)とFacebook(フェイスブック)を連携する方法とそのメリット

SNSは今や企業にとって重要な集客チャネルですが、マンパワー不足や別の業務によりSNS運用のために思うように時間を確保できないこともあるでしょう。このようなSNS運用の負担を軽減する方法の一つがSNSアカウントの連携です。今回は、世界最大のSNSであるFacebookとユーザー数の拡大が著しいInstagramの連携方法を紹介。アカウントの連携により、効率的なSNSマーケティングを実現しましょう。

さらに、Instagramを広告出稿などに対応した「ビジネスアカウント」に切り替えて、Facebookページ側のカタログに自社商品を一つ一つ登録する作業が必要です。
 

どんな人・企業が使えるの?

先述の通り、

・Instagramアカウントを持っていて、ビジネスアカウントに切り替えられる
・InstagramとFacebookページを連携させられる
・Facebookページ側に商品カタログを作れる

という条件を満たせば、企業規模の大小を問わず活用できます。
 
メガブランドに限らず、個人で経営するセレクトショップや、ハンドメイド雑貨の通販などにも活用可能性があるところもポイントです。
 

どういうメリットがあるの?

メリットは、言わばユーザーの可処分時間を効果的に自社ECに割いてもらえるところです。ユーザーは、電車の中でも、自宅でのくつろぎの時間にも、日々Twitter、Facebook、LINE、YouTube、電子書籍などさまざまなアプリを眺めています。Instagramもそのなかの一つです。
日々、なんとなくInstagramを眺めているときに「あっ、これいいな!」という商品写真と偶然出会ったとします。そこから、自分でブラウザを立ち上げ、ECを改めて検索して目的の商品に辿り着いて購入に至る、という行動は、よほど高い購入意思がない限りはしない可能性が高いでしょう。

しかし、Instagram上で「いいな」と思った瞬間にシームレスに購入ページにたどり着けたら、ECに来てもらえる確率は高まります。InstagramからECに辿り着くまでの離脱率を減少させられる、ということです。

これは、最近Googleが提唱している「パルス消費」の概念にも当てはまるものです。
「パルス消費」とは、

 “(引用)24時間すべてが買い物のタイミングであり、空き時間にスマホを操作しながら、瞬間的に買いたい気持ちになり、その瞬間に買い物を終わらせるという「パルス型消費行動」が、現代の日本人に広まっている”
引用元:買いたい気持ちは瞬間で起きる — グーグルが提唱「パルス型消費行動」とは?|AdverTimes

という行動のことです。

「ShopNow」はまさに「パルス消費」を促進するものであり、現代の日本人が求めている買い物行動だと言えます。
 
また、Instagramユーザーは、ハッシュタグで好みの投稿を探す、という行動も特徴的です。特定のテーマ、世界観にあったハッシュタグをつけておけば、フォロワー以外にもリーチできます。「ShopNow」機能を導入し、ハッシュタグを効果的につけることでInstagram全体から潜在顧客を自社ECへ誘引できるメリットもあるでしょう。