Web担当者の皆様は、Googleが提供する「Googleスプレッドシート」は活用されているでしょうか。
オンライン版のExcelとして利用できるGoogleスプレッドシートは、共同編集や各Webサービスとの連携など、オンラインならではの機能が満載です。
また、日々改良が重ねられており、完全無料に関わらずExcelに匹敵するほど充実した機能が付与されてきています。

今回は、Web担当者の皆様がスプレッドシートをより活用するために知っておきたい拡張機能や裏ワザをまとめてご紹介します。

1. Googleスプレッドシートを使った応募フォームの作成方法

Googleスプレッドシートを使った応募フォームの作成方法
https://ferret-plus.com/580

Googleスプレッドシートは、Excel的な表計算だけでなく、応募フォームの作成・管理まで行うことができます。
スプレッドシートであれば、応募フォームが非常に簡単に作成できるうえ、リアルタイムでの応募状況が確認できます。セキュリティ面にも配慮されているので、個人情報の取扱いもある程度は安心できます。
こちらの記事では、スプレッドシートでの応募フォーム作成方法を手順を追いながら説明しています。
まだ利用したことのない方はぜひ使ってみてください。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

2. こんなことまで出来るの!?Googleスプレッドシートのアドオン15選

こんなことまで出来るの!?Googleスプレッドシートのアドオン15選
https://ferret-plus.com/1620

Googleスプレッドシートは、2014年3月にアドオン機能が追加されて以降、非常に利便性が向上しました。
アクセス解析ツールGoogleAnalyticsの自動集計や、競合調査ツールのSimilarWebとのスムーズな連携など、Web担当者にとっては非常にありがたい機能が続々と追加されています。
FacebookやTwitter等、各SNSのデータを自動集計してくれるものや、アプリのプロトタイプを作成できるなど、無料とは思えない高機能なアドオンもあるので、業務効率化と作業の質をアップさせるためにもぜひダウンロードしてみましょう。

3. Googleスプレッドシートの裏ワザ・アドオン・ショートカット16選

Googleスプレッドシートの裏ワザ・アドオン・ショートカット16選
https://ferret-plus.com/491

Googleスプレッドシートは普通に利用しているだけでも便利なツールですが、共同編集時のフィルタリングを調整できたり、ちょっとした操作でGoogleカレンダーと連携できたりと、かゆいところに手が届くような、あまり知られていない裏ワザが複数あります。
また、作業効率化に必須のショートカットキーも豊富です。Excelと似たような操作が多いので、覚えやすいです。
アドオンは先にご紹介した記事と重複していますが、裏ワザとショートカットキーはこちらの記事でチェックしましょう。

まとめ

Googleスプレッドシートはオンラインツールのため、細かく改良されている点が魅力です。

気づいたら新しいアドオンが追加されていたり、アドオンだったものが標準装備になっていたりするので、むしろ変化についていくのが大変な部分もありますが、作業効率を向上のためにも対応していくのがベターでしょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Web戦略カリキュラム
外回りが多い営業マンの仕事効率をアップさせるのに役立つ記事4選
IT業界希望の就活生必見!面接やインターンで飛びかうWebマーケティング用語43選

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。