メルマガ開封率アップにつながる共通点とは?

属性に合わせたメール送付

ターゲットごとのメール送信はもちろん、会員データを元にしたメールを送ることで開封率アップにつながります。

メルマガの内容は、受け手にとって有益な情報でなければなりません。「ターゲットが欲しい情報」を読み取って送信することが肝心です。

単に同じ内容のメールを不特定多数に送るのではなく、このグループにはこういった行動をしてもらいたいからこの内容にしよう、といったようにグループごとの内容に変えることで、興味を惹くメルマガへと変わります。

管理工数の削減でメールの質を上げる

メルマガの内容が良ければ、自然と開封率もアップしていきます。しかし、実情はグループの管理やユーザーの管理といった管理業務に工数を取られている企業が多いです。

まずはメール配信システムの導入で、管理工数を削減することがオススメです。削減された工数をコンテンツの見直しに使っていきましょう。

他社事例からヒントを得たらまずは実践しよう

今回紹介したメール配信システムを比べても、それぞれのサービスの特徴は大きく異なります。他社の活用事例を参考に、自社のフェーズに合わせて、最適なメール配信システムの導入を検討してみましょう。そして、導入後は、ぜひ開封率アップのコツを意識し、より多くの人に見てもらえるメルマガを目指しましょう。

メルマガの正しい効果測定とは

正しい評価できてますか?メルマガの効果測定

正しい評価できてますか?メルマガの効果測定

メールマガジン(以下、メルマガ)で成果を上げられていますか? 「成果は減ってはいないけれど、伸び悩んでいる」 「改善が必要とわかっているけれど、なにを見たら良いのかわからない」 そんな悩みを抱えているメルマガ担当者もいるかもしれません。 メルマガの改善には、件名や本文、リンク、HTML化など様々ありますが、まず行うべきは「効果測定」です。なぜなら、配信しているメールで成果がでない原因を特定することで、改善すべきポイントが明確になるからです。 これは、メルマガだけでなく、メールマーケティング全般に言えることです。