Google(グーグル)広告出稿操作や出稿後に疑問や困りごとがある場合には

Googleb Ads 公式YouTubeチャンネルのチュートリアルビデオを見る

言語は英語ですが、Google Adsの公式You Tubeチャンネルがあり、そこで広告出稿に関するチュートリアルビデオがいくつか公開されています。

英語が得意な人にオススメの学習方法ですが、背景に操作画面の図解も出てくるため、英語が苦手でも、ある程度図解をヒントに理解することもできるでしょう。YouTubeで字幕設定を「日本語」にすれば、内容が理解しやすくなりますのでおすすめです。

Google Ads YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCgl9rHdm9KojNRWs56QI_hg

日本語のヘルプコミュニティもあり

日本語で利用できる、利用者同士のヘルプコミュニティもあります。

「設定と基本事項について」「広告審査とポリシーについて」「料金について」など、過去に利用者からよく出た質問を参照して疑問を解決したり、自分の探している答えが見つからない場合には、自分で質問を立てたりできます。わからないことがあれば、ヘルプコミュニティで確認してみると良いでしょう。

Google広告のヘルプコミュニティ
https://support.google.com/google-ads/community

Google広告は、どんなビジネス規模の人でも簡単に出稿が可能な仕組み

出稿・運用に関して「専門知識を持つ人でないとできないのでは?」というイメージを持ってしまいがちなインターネット広告ですが、「Google広告」はどんなビジネス規模の人でも簡単に出稿・効果測定が可能な仕組みになっており、予算面でもごく少額から出稿することができます。

Web上での自社ビジネスの宣伝のため、SNSやブログを運営している人は既に多いと思いますが、この「Google広告」も、SNSに加えて手軽にトライできる手法だと言えます。ぜひ、これからの自社のビジネスの成長に役立ててください。

Google広告について学べる関連記事

Google(グーグル)広告の成果アップ!クリックされる広告文の作り方

Google(グーグル)広告の成果アップ!クリックされる広告文の作り方

Google広告の成果に大きく影響することの1つが広告文です。ユーザーにクリックされやすい広告文の作成方法や、広告の表示位置ができるだけ上位になるために取り組むべきことなど、初心者にもわかりやすくご紹介します。

Google広告にかかる消費税を解説。TwitterやFacebookのケースも

Google広告にかかる消費税を解説。TwitterやFacebookのケースも

2019年4月1日から、Google広告(旧Google Adwords)に支払う広告料に、消費税が課税されるようになったのはご存知でしょうか。 従来はGoogleの子会社である「Gogle Asia Pacific Pte. Ltd.」に広告料を支払っていましたが、4月1日からはGoogleの日本支社である「Google合同会社」にGoogle広告の契約が変更になっています。 Google Asia Pacific Pte. Ltd.は海外の会社であるため、リバースチャージ方式という広告主(Google側)が支払うという形式になり、ほとんどの広告利用者(出稿主)は消費税の支払いが不要でした。

Googleショッピングにタダで掲載できる?無料の商品リスティングとは

Googleショッピングにタダで掲載できる?無料の商品リスティングとは

2020年4月、Googleは「ショッピングタブ」に無料の商品リスティングを掲載すると発表しました。さらにGoogleは、6月29日に「Googleメイン検索」の画面にも無料の商品リスティングを表示すると発表しています。今回は、Googleが発表している無料の商品リスティングについて詳しく解説していきます。