ディスプレイ広告のデメリット

低予算で多くの人にリーチできるなど、メリットも多いディスプレイ広告ですがデメリットも当然存在します。活用する上でデメリットは必ず確認しておく必要があります。適切な使い方をするためにも、運用の目的とデメリットを照らし合わせていきましょう。

印象が薄くなる傾向がある

ディスプレイ広告は多くの人にリーチできますが、実生活上で印象に残っているディスプレイ広告はあるでしょうか。多くの広告が記憶から消えていることに気づくはずです。多くの広告はリーチしても、印象が薄く成果に結びついていないことがわかります。

広告の目的はビジネスを拡大することです。ディスプレイ広告で成果を上げたいのであれば、インパクトが強いものを活用したり、長期間掲載し続けたりするなどの施策を打っていくことが重要になります。

クリックしてもらわなければ成約は難しい

広告を掲載してもクリックされなければ意味がありません。ユーザーがクリックするのは「興味があること」が前提ということを忘れず、クリックする理由が生まれる運用をしていきましょう。

認知を拡大することが目的であれば、長期の掲載が効果を生むこともあります。目的に合わせた使い方を見極めていくことが重要です。

ディスプレイ広告でビジネスを拡大しよう

ディスプレイ広告について紹介してきましたが、使い方によっては大きな効果が得られる広告です。自社のビジネスの目的に応じて、他の広告との併用も考えてみてください。本記事がディスプレイ広告の理解につながれば幸いです。

関連記事

Google(グーグル)広告はどんな基準で審査される?対象項目や落ちたときの対処法まで

Google(グーグル)広告はどんな基準で審査される?対象項目や落ちたときの対処法まで

「Google広告を出稿しようと思ったら、審査に落ちてしまった…」そんな経験をしたことはありますか?Google広告の一部の広告は誰でも配信できるものではなく、審査に通った広告のみ配信できるのです。今回はGoogle広告の審査を通すための基準や落ちたときの対処法について解説します。

「Google(グーグル)広告」と「Yahoo!(ヤフー)広告」の違いは?出稿先の選び方のポイントを解説

「Google(グーグル)広告」と「Yahoo!(ヤフー)広告」の違いは?出稿先の選び方のポイントを解説

「Google(グーグル)」や「Yahoo!JAPAN」で何らかの言葉を検索すると、検索結果画面内に広告が表示されます。これは「検索広告(リスティング広告)」と言い、一般の企業がGoogle、あるいはYahoo!JAPANのいずれかに出稿してネットユーザーに対して宣伝を行っている、というものです。今回の記事では、「検索広告(リスティング広告)」をこれから初めて出稿しよう、という人に向けて、出稿先として「Google(グーグル)広告」と「Yahoo!(ヤフー)広告」どちらを選択すれば良いのか、考え方のポイントを解説します。