サイトの改善を図るには、WEBサイトに訪問したユーザーがどのような行動をとっているのかを色によって表現するヒートマップツールの活用が重要となってきます。

現在、国内には複数のヒートマップが販売されていますが、その中でもミエルカは、多くの利用者から高評価を受けているツールの一つです。このミエルカのヒートマップが持つ機能や特徴について詳しく解説します。

ミエルカとは?ヒートマップとしての機能、特徴を紹介

ミエルカとは、株式会社Faber Companyが開発、販売しているSEOツールのことで、現在同社は、ミエルカのヒートマップ版である「ミエルカヒートマップ」を開発、販売しています。

企業がWEBサイトを運営する場合、サイト訪問者のどのくらいの人数が目標達成(購買行動や会員登録など)につながる行動をとったのかを示すCVR(コンバージョンレート)を高めることが重要です。そしてCVRを高める上で、サイト訪問者がサイト内でどのような行動をとったのかを分かりやすく可視化するヒートマップが、分析ツールとして活躍してくれます。

現在、国内のヒートマップ市場には複数のツールが参入していますが、ミエルカはその中の一つです。ミエルカのヒートマップはどのような機能・特徴を持つのか、以下で詳しくご紹介しましょう。

スクロールヒートマップで離脱箇所を確認

Webサイトページには記事や画像など多様なコンテンツが含まれていますが、パソコンやスマホ、タブレット端末の表示画面に一度で表示されず、内容をすべて読み取るには画面下へスクロールする必要があります。

しかし、サイトの最初の部分を見ただけで「面白くない」と判断されてしまうと、ユーザーはそれ以上画面下にスクロースしようとせず、ページから離れてしまうでしょう。そのため、ページのどこまでスクロールされたかを分析することは、見る人の関心を引き付ける内容になっているかを判断する重要な指標になるわけです。

ミエルカのヒートマップではクロール画面の終了エリアが明確に可視化され、ユーザーがどこでページから離れたのかが一目で分かります。ページに来たユーザーの何%が、どこの箇所まで見たのかが分かれば、最後まで見てもらうための対策を考えることができるでしょう。

例えばユーザーの大半がページ途中で離脱している場合は、ページの画像が不適切、あるいは記事内容で求める情報が得られず見限ってしまった、などの要因が考えられます。画像をサイトの内容に合ったものにする、ページの最初から必要な情報を得られる形式にするなどの改善が必要です。

クリックヒートマップでクリック箇所を把握

また、ミエルカのヒートマップを使うことで、ユーザーページ内のどこをクリックしているかも可視化可能です。サイト訪問者によるクリック回数が多い箇所ほど色が赤色に近くなり、逆にクリックされる回数が少ない箇所ほど緑色に近くなっていきます。

そして注目すべきは、画像やリンクが無いのにクリックされている場所です。ユーザーが意図的にクリックするのは、基本的に画像やリンク先がある箇所に限られます。

そのため、空クリックが多いということはユーザーが手持無沙汰の状態になっていることを示し、CV(コンバージョン:サイトの目標達成につながるユーザーの行動)の機会を逃しているとも言えるわけです。もし空クリックが多いページがあれば、リンクを貼る、拡大できる画像を載せるなど、CVに影響するような内容を追加する必要があります。

アテンションヒートマップで熟読箇所をチェック

ミエルカのヒートマップでは、ページ内にある記事のどこが最も読まれているかの可視化もできます。サイト記事は数百字~数千字で書かれていますが、ユーザーは自分にとって最も重要な情報が書かれている箇所に注目し、時間をかけて熟読する傾向があります。

ミエルカのヒートマップは最もよく読まれていると判断できる箇所を赤色で表現し、読まれていない箇所ほど寒色で表します。例えば赤が少なく、青が多いページは、ユーザーに読まれていない、関心を持たれていないページということになります。

この機能では、サイトのページ内における「読まれるべき箇所」と、「狙っていたわけではないのに、多くの人が読んでいる箇所」を把握できます。

読まれるべき箇所については、画像や図を増やす、あるいは読みやすくキャッチ―な記事に変更するなどの改善が必要です。また、狙っていないのに多くの人が読んでいる箇所は、ユーザーの新たなニーズにつながっている、または内容が難解で何度も読み直しているだけなどの理由が考えられ、個別に検証が必要でしょう。

集客改善キーワード提案機能でニーズを可視化

ミエルカのヒートマップは、ユーザーが去った箇所やクリックした箇所、よく読まれている箇所を把握できることに加えて、ページを訪問するユーザーのニーズも可視化できる「集客改善キーワード提案機能」も有しています。

ヒートマップ機能だけでは訪問するユーザーが検索時に入力したキーワードまでは把握できません。しかしミエルカは、Google Search Consoleのデータ分析により、ページの改善を行う上で注力する必要のあるキーワードを毎月提案してくれるのです。この機能はミエルカのヒートマップが持つ大きな特徴と言えます。