ホームページを運用するのであればアクセス解析やコンテンツ配信、サイト改善などあらゆるタスクを処理しなければいけないため、時間管理が難しいと感じる担当者様は多いのではないでしょうか。
効率的に仕事をこなすには、まず時間管理を徹底することが重要です。

今回は、作業効率をあげるために便利な時間管理ツール6選をご紹介します。
ツールを活用することでタスクを整理し、優先順位がつけやすくなるので、作業効率の改善が期待できます。
基本機能であれば無料で使えるものが多いので、まずは導入して自身のワークスタイルや環境に最適なツールを選択しましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説
【解説付】会議を効率的にするオススメ記事11選
Mac使用者必見!格段に作業効率があがるオススメアプリ12選

作業効率をあげる時間管理ツール6選

1.TaskChute

スクリーンショット_2016-03-18_11.28.56.png
http://shigotano.info/mbr/taskchute2/

料金プラン
- 無料版:一部機能のみ使用可能
- 有料版:6,480円、すべての機能が使用可能

エクセルをベースに作成された管理ツールです。
事前にToDoリスト部分に内容を記入しておけば、作業の開始時間と終了時間を簡単に管理できます。

コメント入力機能や作業時間の自動計測などの便利な機能はもちろん、ショートカットキーの割り当てや業務内容別の分析機能などをカスタマイズすることも可能です。
加えて、インターネット接続がなくても使用できるので、動作が速くいつでもどこでも使用することができます。

有料版はホームページ上からダウンロードできます。
無料版はエントリーフォームにールアドレスを入力すると後ほどダウンロードURLが送信されます。

2.timely

Timely.png
https://timelyapp.com/
App store

料金プラン
- 無料:1ユーザーのみ、5プロジェクト管理まで利用可能
- レギュラー:14$/月、制限なし

週ごとにダッシュボードが表示されるので、一週間の予定管理もできるほか、作業見積もり時間がタイマー表示されるなど便利な機能が満載です。

有料版は利用可能なユーザー数も管理可能なプロジェクト数も共に制限がありませんので、チームでのタスク・スケジュール管理にも有効活用することができます。
パソコンでの利用はもちろん、iPhoneやAppleWatchでも利用可能です。

参考:
プロジェクトやメンバーの業務時間管理を効率化する「timely」の使い方

3.Toggle

Toggle.png
https://toggl.com/
App store
GooglePlay

料金プラン
- 無料:5チームでの利用、時間追跡、無制限のプロジェクト管理
- プロ:$9/月、無制限のチームでの利用、レポート共有
- ビジネス:$49/月、リマインダー送信、スケジュールレポート、実行時の監査、優先サポート

スタートボタンとストップボタンをクリックするだけで使用できる、シンプルな管理ツールです。
面倒な登録なども必要なく、メールアドレスとパスワードでログインするだけで使用可能です。

プロジェクト名を入力して使用すると円グラフなどで可視化されるため、1日をどのように使ったのかを一目で確認することができます。
また、プロジェクト名や所用時間などは追加修正できるので、記録忘れのために途中で使用を挫折してしまうことを防ぐなどの効果があります。

有料版も提供されていますが、無料版でもほとんどの機能が利用できます。

4.Clock It!

Clock_It!.png
https://clock-it.com/

料金プラン
- 無料

ストップウォッチで時間管理が行えるツールです。
各タスクのスタートボタンをクリックするだけで、ストップウォッチが起動して作業時間を計測・記録してくれます。
また、登録された情報と実際にかかっている時間を分析し、残りの作業時間の見積もりを算出してくれるので、進捗管理を手軽にしてくれる点もオススメです。

「Toggle」と近いツールですが、こちらは日本語かつすべての機能を無料で使用できるので、日本語対応のツールを探している方にはオススメです。

5.Everhour

Everhour.png
https://everhour.com/

料金プラン
- 1ユーザー:$7/月
- 2〜5ユーザー:$19/月
- 6〜15ユーザー:$39/月
- 16〜30ユーザー:$119/月
- 31〜50ユーザー:$249/月
- 51〜100ユーザー:$399/月
- 100ユーザー以上:ask

チーム内でタスク・スケジュール管理を行いたい場合に特にオススメのツールです。
@や#をつけてタスクのグループ化や完了させる順番などを指定できるほか、ダッシュボードではチームの作業時間等を一覧で表示できるなどチームでプロジェクト管理を行うために便利な機能が実装されています。

最大の特徴は、GoogleドライブやBasecampなどの外部サービスとも連携ができる点です。
トラッキングレポートの送信が可能など、チーム内の進捗状況をチーム外へ報告する際などに便利です。

すべての料金プランは14日間の無料トライアルが含まれますので、
まずは利用してみることをオススメします。

参考:
プロジェクトやタスクの所要時間を記録する「everhour」を使ってみよう

6.Hours

Hours.png
https://www.hourstimetracking.com/
App store

iPhoneやAppleWatchで使用する、時間管理アプリです。
1日のうち、何にどれくらい時間を割いたのかが一目でわかるインターフェースがオススメです。

アプリを起動すると、スクロール表示されたタイムラインが横に、その下にはタスクなどがタイマーボタンつきで並んでいます。
タスクを設定したら、作業開始・終了時にタイマーボタンを押すだけという非常にシンプルなつくりになっているので、誰でも簡単に使いこなすことができます。

執筆時現在は無料でダウンロードできますが、適時値段が変動しているようですのでまずはダウンロードしておくことをオススメします。

まとめ

時間を「見える化」することは、進捗管理などタスクを管理する上で欠かせないだけではなく、効率良く作業を行うというスキルも身につけるためにも必要です。
仕事は、ただ時間をかければよいというものではありません。

今回ご紹介したツールを駆使して、成果の上がる仕事を効率よく行えるようにしましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説
【解説付】会議を効率的にするオススメ記事11選
Mac使用者必見!格段に作業効率があがるオススメアプリ12選

このニュースに関連するカリキュラム

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説

今回は、KPIとKGIの概要とそれぞれをどのように使い分ければいいかを解説します。聞いたことはあるけどなんとなく使っていた、違いを説明しろと言われたら困ってしまうと感じた方はこの機会に理解しておきましょう。