早いもので2016年がスタートして6月を迎えようとしています。今年もすでに数多くのWebサービスが登場しました。

今回は、2016年1月〜4月に発表された新しいサービスのうち、話題になったものやオススメのものを厳選してご紹介します。

あなたはいくつ知っていますか?

このニュースを読んだあなたにオススメ

Webマーケティングとは
2015年上半期に国内で発表された新しいサービスまとめ(1月から3月)
2015年上半期に国内で発表された新しいサービスまとめ(4月から6月)

1月

1.dear

dear.png
http://www.dear.memorial/
App Store
Google play

リリース日:2016年1月18日
利用料金:無料
提供元:株式会社REVENTIVE

友達とコミュニケーションをとることができるクローズドSNSアプリです。
近頃、若い世代のSNS利用の傾向として、チャットはLINE、つぶやきは鍵をつけたTwitterアカウントに投稿するといったクローズドな活用が多いことからもグループ内チャットや「Twitter」のようなつぶやき機能などを搭載しているのが特徴。

参考:キス動画を投稿する若者 SNSごとに区別されたコミュニケーション|WEDGE Infinity

いわゆる「いつめん※1」だけのコミュニケーションに特化したアプリです。友達を招待する際は、LINEを利用するだけという手軽さも若い世代には受け入れやすいのではないでしょうか。

※1「いつめん」とは、女子高生などを若い世代中心に使われている「いつものメンバー」の略語です。

2.Clipla

Clipla.png
https://clinical-platform.com/?gclid=CjwKEAiAo7C2BRDgqODGq5r38DsSJAAv7dTPAVJr3nwHvk6prD0U40yOZYp_JjtWgZ8QCBO5o6PvLhoCRVbw_wcB

リリース日:2016年1月19日
利用料金:9,800円〜/月
提供元:クリニカル・プラットフォーム株式会社

ブラウザだけで利用できる、クラウド型の電子カルテです。主要ターゲットは、病院や診療所です。

実際の医療現場で活躍しているアドバイザーが監修し、直感的に操作できる電子カルテになっています。患者さんの患部の状態をスマートフォンで撮影し、直接カルテに保存することができる機能や、病院に電話をしなくてもパソコンやスマートフォンから診察予約できる機能など、病院や診療所にあれば便利な機能が搭載されています。

さらに加えて、診療報酬請求の必要なレセプトソフトとも連携しているため、会計業務を効率化することも可能です。

3.プッシュさん

プッシュさん.png
https://pushsan.com/

リリース日:2016年1月19日
利用料金:無料
提供元:株式会社シロク

ブラウザを閉じていてもアプリのプッシュ通知のようにユーザーに通知することができる、Web版のプッシュ通知解析サービスです。主要ターゲットは、ホームページの運営者です。

Googleが提供している「Google Chrome 42」を利用したサービスで、まずはAndroidブラウザから対応されており、順次パソコンのChromeブラウザへの対応も予定されています。A/Bテスト配信、セグメン配信、配信時間予約などの通知機能だけではなく、解析ツールとしても活用することが可能です。

4.AmebaFRESH!

AmebaFRESH!.png
https://abemafresh.tv/
App Store
Google play

リリース日:2016年1月21日
利用料金:無料
提供元:株式会社サイバーエージェント

バラエティに富んだ生放送コンテンツを配信する、映像配信プラットフォームです。高品質な映像と、操作性を重視したデザインが主な特徴です。

スポーツ中継やペット動画をはじめ、松竹やソニー・ミュージックアーティスツなど、コンテンツを保有する企業とコラボレーションしたチャンネルや各テレビ局や出版社、インターネットメディアによる公式チャンネルなど、これまでのテレビや既存の動画配信サービスでは見ることのできなかったコンテンツが配信されています。

今後の展開としては、有料チャンネルの開設や広告導入、一般ユーザーによる映像配信などが検討されています。
また、サービス開始時点で約200チャンネルが提供されていましたが、2016年12月末には1,000チャンネルまでの拡大が予定されています。

2月

5.アルテ on Mozc

アルテ_on_Mozc.png
Google play

リリース日:2016年2月4日
利用料金:無料
提供元:Umineko Design

Android4.0以降対応のキーをなぞって日本語入力ができるキーボードアプリです。日本語をローマ字入力で打つ形式で、フリック入力よりも便利に使用することを目的としています。Googleが提供するオープンソースの日本語入力システムMozcを使用して制作されています。

このアプリを使用するだけで、ローマ字入力のタップ数が通常のスマートフォンキーボードよりも少なくなるため、より早く正確にタイピングすることが可能です。
(例えば「か」と入力する際は「k」と「a」を入力しますが、アルテでは「k」を押したらそのまま「a」のキーへなぞるだけで入力できます。)

また、ローマ字入力のため英語もQWERTY配列のキーボードに切り替えなくとも入力可能。Androidユーザーテキストを入力する機会の多い方は、一度利用してみることをオススメします。

6.ENjiNE

ENjiNE.png
https://en-jine.com/

リリース日:2016年2月8日
利用料金:会員登録は無料、各チケット購入額は各サービスに準じる
提供元:株式会社Relic

世界初となるチケット購入型のクラウドファンディングサービスです。各プロジェクトは、新規性や独自性、話題性など、さまざまな観点から総合的に審査されてENjiNEに掲載されます。ENjiNEを利用することで、世の中でまだ実現していない新サービスや新商品を入手できるチケットをどこよりも早く購入することができます。

このサービスは、チケットという概念を採用することで、クラウドファンディングをより身近で分かりやすいものにしたことが特徴。

また、ネットショップでチケットを販売したり友人の分まで複数枚同時に購入することなど、流通の自由化が生まれます。この二次流通により、クラウドファンディング市場の拡大も期待されています。

今後の展開としては、海外展開に向けた多言語化や現地でのPR、紙のチケットの送付などが検討されています。

7.Foodie

Foodie.png
App Store
Google play

リリース日:2016年2月16日
利用料金:無料
提供元:LINE株式会社

食べ物の撮影に特化した、フード専用カメラアプリです。24種類の食べ物フィルターを利用する事で、さまざまなジャンルの食べ物に即した加工を施すことができます。

また、グルメ雑誌などで採用される「真上撮り」が簡単に行えるよう、カメラが水平になっているかを色でお知らせしてくれるベストアングル機能など、食べ物を魅力的に撮影するための機能が満載です。

さらに、明るさ調節機能や共有機能、アウトフォーカス機能なども搭載されていますので、食べ物を撮影するときには最適です。

8.FAMME

FAMME.png
http://www.famme.co/

リリース日:2016年2月22日
利用料金:無料
提供元:株式会社シェイルズ

インスタグラム上で多く閲覧されている服のコーディネート画像を、人工知能が抽出し紹介するメディアです。主要ターゲットは、インスタグラムを利用している女性ユーザーです。

人気コーディネートを最新・1ヶ月・1週間ごとに集計し、ランキング形式で閲覧することができます。気に入った画像を保存できるクリップ機能や、最新ファッショントレンドに関連する記事も配信されています。

今後の展開としては、ファッション以外のカテゴリーの追加や、アプリのリリースが検討されています。

3月

9.Advisory

Advisory.png
https://ad-visory.jp/

リリース日:2016年3月1日
利用料金:
提供元:スローガン株式会社

ビジネスのプロフェッショナルに自分のキャリアについて相談できるサービスです。2週間という期間限定で相談を受け付けるアドバイザーが登場し、個別に回答してくれます。

すべてのユーザーが直接相談に乗ってもらえるわけではなく、応募フォームから相談を送信すると、個別面談・座談会・相談内容に対して回答するのみ、などに選別されることになります。
また、アドバイザーが会って話したいと思った人に対しては、面談オファーが届く場合もあります。

各分野のビジネスで活躍するアドバイザーの方々が厳選されていて、かつ無料で相談できますので、これからのキャリアに悩む方には非常に有効なサービスです。今後の展開としては、スペシャルコンテンツを閲覧できたり、招待制のイベントに参加できるプレミアム会員(有料)の設定が検討されています。

10.アッテ

アッテ.png
https://www.mercariatte.com/jp/
App Store

リリース日:2016年3月17日
利用料金:無料
提供元:株式会社ソウゾウ

限られた地域で利用できる個人間で直接会って商品やサービスを売買できるサービスです。自分と相手の現在地をスマートフォンの位置情報で特定し、直接会うことが可能になります。

自分を中心とした移動圏内で情報がソートされ、関係ない場所の情報表示されません。フリマアプリ「メルカリ」と共有のIDを利用するため、メルカリのユーザーは信用情報がそのまま引き継がれることになります。

11.moovin

moovin.png
https://moovin.co/
App Store
Google play

リリース日:2016年3月28日
利用料金:アプリのインストールは無料、moovinカードは450円/1枚
提供元:UXENT株式会社

スマートフォンで撮影した画像や動画を、その場ですぐに「moovinカード」と紐づけることができるサービスです。専用のアプリに画像または動画を取り込み、好みのフレームや音楽をつけるだけで作成可能です。

撮影した画像や動画をカードと合わせて贈り、相手に感謝や祝福の気持ちを伝えることができるため、特別なシーンの演出に華を添えることができます。
なお、受け取り主がコンテンツを視聴する際は、専用URLにアクセスするだけですのでアプリなどのツールは特に必要ありません。

今後の展開としては、複数名で編集できる共同編集機能や、画像や動画にコメントできる機能などのリリースが検討されています。

4月

12.カロリーママ

カロリーママ.png
App Store
Google play

リリース日:4月7日
利用料金:無料
提供元:株式会社リンクアンドコミュニケーション

日々の食事や運動、体重などを入力すると、そのデータに基づいたアドバイスをくれる健康アドバイスサービスです。毎日、毎食必ずアドバイスをくれるだけではなく、次の食事で何を食べたらいいのかを示してくれます。

タイムライン形式で「カロリーママ」と会話しながら健康管理はもちろん、ダイエットも可能です。約7,000人の管理栄養士・栄養士のネットワークを活用して開発・運営されているため、的確なアドバイスを得ることができます。

従来の同様のアプリとは異なり、約200万通りのアドバイスパターンとキャラクターの表情の変化が、ユーザーを飽きさせない点も大きな特徴です。今後の展開としては、AIの活用なども視野にいれて「傾向」も参考にしたアドバイスの発展も検討されています。

13.AbemaTV

abema.tv.png
https://abema.tv/
App Store
Google play

リリース日:4月11日
利用料金:無料
提供元:株式会社AbemaTV

株式会社サイバーエージェントが株式会社テレビ朝日と共同出資して成立した株式会社AbemaTVから提供されている、インターネットテレビ局です。多彩なコンテンツと高品質な映像、操作しやすいインターフェースが大きな特徴です。

スマートフォンやタブレット、パソコンでいつでもどこでもテレビを見るような感覚で利用することができます。現在は、音楽、スポーツ、アニメ、テレビ朝日の地上波番組との連動チャンネルやオリジナル生放送番組など、全24チャンネルが提供されています。

今後の展開としては、生活の中に深く浸透したサービスになることを目指し、積極的なコンテンツ拡充やサービス開発が検討されています。

14.TechClips

TechClips.png
https://tech-clips.com/

リリース日:4月20日
利用料金:無料
提供元:notari株式会社

エンジニアが成長していくために必要な情報が集まる、ニュース共有メディアです。「Clipper(クリッパー)」と呼ばれるユーザーが「CLIP(クリップ)」というアクションをすることで、ニュースや記事として掲載されます。

CLIP数が多ければ多いほど、エンジニアが注目している記事となります。公式Clipperとして、弊社CTOをはじめとした、IT企業15社に所属するCTOが参画しています。今後、活発なコミュニケーションの場として成長していく可能性の高いメディアです。

まとめ

どのサービスも「誰の、なにを、どのように」問題を解決していくのかを考え抜いてリリースされたものばかりです。

今回ご紹介したサービスの中で、まだチェックしていないものがあれば一度使用してみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Webマーケティングとは
2015年上半期に国内で発表された新しいサービスまとめ(1月から3月)
2015年上半期に国内で発表された新しいサービスまとめ(4月から6月)

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネットを介した顧客との関係づくりです。対面が主流だったコミュニケーションが、インターネット上でどんどんと広がっています。マーケティングのノウハウというよりも、ビジネスの本質から考えていくとわかりやすいものです。