Mac製のパソコンでは、OSX Yosemiteにアップデートされてからウィジェット機能が通知センター部分に表示されるようになりました。
それまでと比べて非常に見やすくなったため、ウィジェットの使用範囲が拡大できます。

今回は、Macで使用できるウィジェットに対応しているオススメのアプリ10選をご紹介します。
どれも仕事効率化に一役買ってくれるものばかりですので、ぜひ本記事を参考にインストールしてみてはいかがでしょうか。

このニュースをを読んだあなたにオススメ

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説
本気でオススメ!Macで使えるフリー画像編集アプリ10選
Macユーザーにおすすめ!フリーで使える動画編集ツール9選

Macでオススメのウィジェット10選

1.Wunderlist

Wunderlist.png
ダウンロードはこちら

利用料金:無料

タスク管理アプリとしてよく使用されるアプリです。
起動してすぐにメモを取れるので、予定な手間もかからず直感的に使用できます。

iPhoneとの同期も可能なので、場所を選ばないタスク管理も可能。
第三者とも共有できるので、上司や社外パートナーなどと簡単なタスク管理を行う際にも活躍します。
さらにChromeの拡張機能を利用すればGmailやAmazonなどあらゆるものをWunderlistに記録させることもできます。

ウィジェットには、登録したタスクのうち締切日が本日に設定されているものが表示されます。
リマインダーとしての役割も担っている、一石二鳥のアプリです。

2.iStat Mini

iStat_Mini.png
ダウンロードはこちら

利用料金:360円

CPU、メモリ、ディスクの使用率を円グラフで表示してくれるアプリです。
通知センターを起動するだけで一目で確認することができます。

非常にシンプルなアプリですが、手間をかけずにMacのシステム状況を監視するなら一押しです。

3.MONIT

MONIT.png
ダウンロードはこちら

利用料金:無料

CPU、メモリ、ディスク、ネットワーク、バッテリーを即座に確認することができるアプリです。
先にご紹介した「iStat Mini」と同様のアプリですが「MONIT」の方が細かく表示してくれます。
MONITではCPUの使用率が表示されないため、iStat Miniと併用するとパソコンの状況をより詳しく把握できます。

4.Battery Diag

Battery_Diag.png
ダウンロードはこちら

利用料金:無料

パソコンのバッテリーの状態を表示させることができるアプリです。
ウィジェットでは、充電レベルや充電完了までの推定時間などが表示されます。
さらに、パソコンの劣化具合まですぐにわかる優れものです。

毎日使用するアプリではありませんが、定期的にパソコンの状態をチェックするためにもインストールしておくことをオススメします。

5.Brightness Widget

Brightness_Widget.png
ダウンロードはこちら

利用料金:600円

パソコンのディスプレイの輝度を、一瞬で変更できるアプリです。
インストール後にパソコン上部に表示される太陽のアイコンをクリックして、スライダーを上下させるだけというシンプルな操作感がオススメ。

一日中パソコンに向かって仕事をしていると、どうしても目が疲れてしまいがちです。
このアプリで疲れ具合や仕事時間によって輝度を変更して、少しでも目をいたわりつつ仕事を進めましょう。

6.空模様

空模様.png
ダウンロードはこちらから

利用料金:無料

日本国内各地の天気予報を、アイコンで表示してくれるウィジェットです。
天気予報のウィジェットはデフォルトでも用意されていますが、気象庁の天気予報ではありません。

このアプリでは、気象庁のホーメページで公開されているデータを自動で取得しますので、より正確な予報を知ることができます。

7.GAget

GAget.png
ダウンロードはこちら

利用料金:$2.99

ダッシュボードにGoogleアナリティクスを表示させることができるアプリです。
Googleアナリティクスにアクセスして確認できる解析結果が、ダッシュボードを表示する操作(デフォルトではタッチパッドを4本指でスライド)だけで把握することができます。

ブログやメディアなどを運営している方は、1日のうち何度もGoogleアナリティクスを確認する機会があるでしょう。
このアプリをインストールしておけば、Web上でGoogleアナリティクスを立ち上げずとも確認できますので、一度使ったら手放せなくなること間違いなしです。

8.Best Notes Plus Widget

Best_Notes_Plus_Widget.png
ダウンロードはこちら

利用料金:120円

メモを取りたい時に瞬時に使える、メモアプリです。
ウィジェットで使用するので、例えば電話がかかってきた場合などその場ですぐにメモをしなければならない場合でも、スムーズに使用できます。

メモカラーはレッド・グリーン・ブラック・イエロー・ホワイトの5色から選択することができます。
メモの重要性や優先度などに分けて、付箋のように色を使い分けてみると活用の幅がさらに広がるのでオススメです。

9.Airmail 2.6

Airmail_2.6.png
ダウンロードはこちら

利用料金:1,200円

複数のメールアドレスを一元管理できるアプリです。
もちろん、異なるサービスのメールも管理できます。
Gmailなどのラベルについてもそのまま利用でき、直感的な操作感が心地よいです。

8種類のデザインからインターフェースを選択することができるので、使いやすいデザインを見つける楽しみもあります。
どのデザインでも新規メールを受信すると赤い波線で区切られるので、とにかく非常に見やすいことがオススメポイント。

ウィジェットでも、メールの閲覧はもちろんアーカイブや削除などメールを閲覧するために必要な基本操作を行うことができます。

10.Deliveries

Deliveries.png
ダウンロードはこちら

利用料金:600円

宅配便の伝票番号を入力するだけで、配送状況の確認ができるアプリです。
配送ステータスに変更があれば、プッシュ通知をしてくれます。
アプリを起動しなくても、ウィジェットでのステータス確認も可能です。
もちろんiPhoneと同期できます。
アカウントを作成すれば、Web上でも同期してくれる優れものです。

日本郵便やクロネコヤマト、佐川急便、Amazonなど数多くの業者が対応していますので、不便なく使用できます。
詳しい対応業者のリストは、以下を参考にしてください。
Services in Deliveries ~ Deliveries for iOS ~ Support ~ Junecloud

まとめ

今回は、Macで使用できるウィジェットに対応したアプリ10戦をご紹介しました。
どれもウィジェット対応しているほか、ひとつひとつの機能はシンプルながら使い始めると手放せなくなる便利なものばかりです。
有料のものもお手頃な価格ですので、少しでも効率よく業務を行うためにもインストールしてみることをオススメします。

このニュースをを読んだあなたにオススメ

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説
本気でオススメ!Macで使えるフリー画像編集アプリ10選
Macユーザーにおすすめ!フリーで使える動画編集ツール9選

このニュースに関連するカリキュラム

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説

目標設定に必須!KGIとKPIの違いを徹底解説

今回は、KPIとKGIの概要とそれぞれをどのように使い分ければいいかを解説します。聞いたことはあるけどなんとなく使っていた、違いを説明しろと言われたら困ってしまうと感じた方はこの機会に理解しておきましょう。