副収入源の1つとして、アフィリエイトプログラムを利用しようと考えている方は少なくないのではないでしょうか。

記事更新や画像作成など、ブログ上だけで作業を完結できるアフィリエイトは、あまり時間をかけられない方にとって非常に効率的です。

しかし、気軽に始められる分競合も多くなるためアフィリエイトは多くの方が失敗する確率の高いビジネスでもあります。

アフィリエイトで成功するためには、アフィリエイトの基本構造の理解と、適切なサービスの選定が不可欠です。

今回は、これからアフィリエイトを考えている方が確実に知っておくべきアフィリエイトの基本と始め方を解説します。

アフィリエイトの基本構造

スクリーンショット_2016-05-31_14.20.28.png

アフィリエイト(Affiliate)は、日本語だと「加入させる」と訳されます。
広告主の商材を自身のブログで紹介し、成果(コンバージョン数)に応じて報酬が決定する成果報酬型のWeb広告がアフィリエイトです。

商材を持つ広告主がASP広告出稿し、ASPからアフィリエイターに向けて商材が提供されます。

アフィリエイターはASPが提示した商材からなにを扱うかを選び、自身のブログページにアフィリエイトプログラムを導入して広告を設置します。

広告がクリックされ、資料請求や商品購入などなにかしらのコンバージョンが生まれた時点でアフィリエイター側に成果が発生します。

参考
いろんなビジネスに応用できる!アフィリエイトの基礎知識を理解しよう
https://ferret-plus.com/1875

参考
ネットショップ運営者は押さえておくべきアフィリエイトの仕組み
https://ferret-plus.com/2293

アフィリエイトを運用するための5つのステップ

アフィリエイトを始めるためには、最低限5つのステップを踏む必要があります。

1.ブログを構築する

まず、広告を設置するためのブログを用意しましょう。
はてなブログやlivedoorブログなどのブログサービスや、WordPressに代表されるようなCMSなど、記事を更新できてアフィリエイトプログラムを設置できるプラットフォームであればどれを選んでもいいでしょう。

とりあえずすぐに構築したい場合はブログサービス、デザインにオリジナリティを求めるのであればWordPressを利用するなど、自身の状況に合わせて選択しましょう。
参考
ブログ作成におすすめしたい、人気無料ブログサービス21比較まとめ【2016年版】https://ferret-plus.com/1301

無料で簡単にホームページを作成できるフリーCMSまとめ
https://ferret-plus.com/415

2.ASPを導入する

ブログを構築したら、次はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録しましょう。
国内には無数のASPが存在し、それぞれで扱う商材やシステムが異なります。
ASPの選定に自信が持てないという方は、まずはGoogleAdsenseやAmazon、楽天などの大手アフィリエイトサービスから導入してみるのも一つの手です。

参考
国内アフィリエイトASPまとめ38選【2016年版】
https://ferret-plus.com/1198

3.SEOを実施する

ブログ構築し、ASPが導入できれば、次は集客のための施策を行いましょう。
Webで集客するのであれば、SEO検索エンジン最適化)は必須項目です。
現在のSEOコンテンツの質が重視されているため、あまりテクニックは必要ありませんが、ブログ内部をSEOに最適化するための設定は最低限行いましょう。

参考
【公開】ferretがやっているSEOに効く内部対策とは
https://ferret-plus.com/1792

4.SNSを運用する

お金をかけずにWeb集客を行うのであれば、SNS運用も欠かせません。
ターゲットユーザーの属性にもよりますが、まずは日本国内で利用者数の多いfacebook、Twitterを中心に運用してみましょう。
facebookとTwitterは性質が異なるため、各SNSに合ったコミュニケーションを取る必要があります。

参考
FacebookとTwitterの使い分けできていますか?
https://ferret-plus.com/350

5.収益改善のためのアクセス解析を行う

ブログをある程度運用したら、どれだけ成果が出ているかを確認しましょう。
アフィリエイト広告は、ブログに来訪がない限りコンバージョンが発生することはありません。
ブログにどれだけ流入がきていて、どれだけのユーザーがコンバージョンに結びついているのかを分析し、改善する必要があります。

広告収入に関しては各ASPの管理画面を確認しましょう。
ブログのアクセス解析についてはグーグルアナリティクスを導入し、コンバージョン設定して効果測定を行いましょう。

6.日々の情報収集も必須

アフィリエイトを効率的に運用したいのであれば、先行事例を取り込みましょう。
どのような商材で、どのような打ち出し方をすれば効果が出やすいのか等、アフィリエイトのノウハウを披露されているブログは多数あります。

自身の状況に近いアフィリエイトブログをフォローし、常に更新情報を確認するようにしましょう。

参考
アフィリエイトやるなら定期購読必須ブログ21選
https://ferret-plus.com/781

まとめ

アフィリエイトビジネスに対して、あまり良いイメージを持っていない人は少なくないのではないでしょうか。
アフィリエイトという手法自体は多くの企業が採用しているものであり、ユーザーに良質な情報を届けるためには非常に有効な手段です。

アフィリエイトで収入を得るためには、まずは扱う商材を選定し、ターゲットを明確にします。

彼らに響きやすいコンテンツを考え、Googleに評価されやすいような構造を作る必要があります。

さらにコンバージョンしやすいための導線を設計し、アクセス解析をして改善点を探る・・・
このように、アフィリエイトの運用も一般的なコンテンツマーケティングとほぼ変わりません。

軸にするのは「商材」ではなく、「ユーザー視点」です。
扱う商材を必要とするユーザーは、どのような情報を欲しているのか、どのような経路をたどれば効率的にアプローチできるかを考えてみましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

マーケティングの基本である市場分析とポジション
ブランディングで集客数はほとんど変わらなくても売上1.3倍
セールスフロー理解の重要性と具体的事例

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。