個人情報を送信するフォームには、情報漏洩というリスクがあります。だからこそフォームのセキュリティ対策は重視すべきです。ユーザーは、セキュリティに不安があるとフォームへの入力をやめてしまう可能性があり、コンバージョン数や問い合わせ数の低下を招きます。

この記事では、フォームのセキュリティリスクと行っておくべきフォームのセキュリティ対策を紹介します。フォームの導入を考えている方や、現在フォームを運用している方は、ぜひ参考にしてください。

【有料ユーザー数No.1】セキュリティ対策が万全で顧客管理もできるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【有料ユーザー数No.1】セキュリティ対策が万全で顧客管理もできるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

ISO 27001 (ISMS) とプライバシーマークを取得、24時間365日のサーバー監視やSSL/TLSによる暗号化にも対応!無料でも利用できるのでまずはお試しください。

目次

  1. フォームのセキュリティリスクによって起こる被害
  2. フォームのセキュリティを狙う主な攻撃方法
  3. フォームのセキュリティ対策5つ
  4. セキュリティに対応したフォームを作るには
  5. セキュリティの充実したフォーム作成ツールの選び方
  6. おすすめのフォーム作成ツール
  7. セキュリティ対策万全なフォーム作成ツールを利用しよう

フォームのセキュリティリスクによって起こる被害

ユーザーが個人情報を入力するフォームには、様々なセキュリティリスクが存在します。そして近年では、企業やWebサイトの規模を問わず、様々なフォーム・サイトにサイバー攻撃や不正アクセスなどが行われています。

まずは、セキュリティリスクによってどのような被害が起こるのかを解説します。

個人情報の漏洩

フォームにセキュリティリスクがあることで、顧客の個人情報が漏洩するおそれがあります。フォームから集めた回答データを保管している、データベースへ不正にアクセスされることで、個人情報が盗まれてしまうのです。

漏洩する情報は、フォームで入力された住所や名前、電話番号、メールアドレス、クレジットカード情報など様々です。

外部からの不正アクセスだけではなく、フォームを管理しているメンバーのミスにより個人情報が漏洩する場合もあります。ExcelやGoogleスプレッドシートなどで個人情報の管理を行っている場合は、データを簡単にコピーし持ち出せるため、漏洩につながりやすいのです。

Webサイトの不具合

セキュリティリスクによって、自社のWebサイトに不具合が起こることもあります。第三者からの不正アクセスや攻撃によりWebサイトが改ざんされてしまい、様々な不具合が起こるのです。

不具合の例としては、管理者の意図しない情報がサイト上で発信・公開される、フォームに訪れたユーザーをマルウェアに感染させる、などが挙げられます。

こうした不具合は、第三者がフォーム内に不正なプログラムを入力し送信することや、スパムメールを介して管理者アカウントのPCがマルウェアに感染することなどにより発生します。

対応コストの発生

個人情報の漏洩が発生した場合や、フォームに訪れたユーザーになんらかの被害があった場合は、それらに対応するためのコストが発生します。

損害賠償や慰謝料、補償金などといった金銭的なコストはもちろん、被害状況の調査やシステムの修復・復旧にかかる人的コストも発生します。

被害状況によっては多額の支払いが発生しするため、こうしたリスクを避けるためにもセキュリティ対策を施し、リスクを低減することが重要です。

企業の信頼の失墜

個人情報の漏洩により、企業が長い時間をかけて築いてきた信頼を失い、イメージダウンするというリスクもあります。顧客はもちろん、取引先との関係性にも変化が生じる場合があります。

情報漏洩の発生後、Webサイトを一新しセキュリティを強化しても、インターネット上にはいつまでも悪評が残り続けます。ユーザーによっては利用を控えるきっかけになり、機会損失につながります。このように、たった1度の情報漏洩によって長期的に影響が出てしまうのです。

フォームのセキュリティを狙う主な攻撃方法

近年では、Webサイトに設置したフォームを悪用した攻撃が増加しています。セキュリティの脆弱性を狙う主な攻撃方法は大きく5つあり、攻撃と手口は次の通りです。

攻撃 内容
XSS(クロスサイト・スクリプティング) サイト・フォーム内に不正なスクリプトを含んだリンクURLを埋め込み、訪れたユーザーにクリックさせることで悪意のあるサイトへ誘導し、情報を盗む。
CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ) ユーザーとWebサーバー間におけるセッション管理の脆弱性を突く攻撃。他サービスにログインしているユーザーに悪意のあるURLをクリックさせ、第三者がユーザーになりすまし不正な操作を実施する。
SQLインジェクション フォーム内にSQL(データベースを操作する言語)を入力し送信することで、不正に個人データの窃取や改ざんなどを実行する。
クリックジャッキング サイトやフォーム内に、透明化などを施した偽造リンクを設置し、そのリンクをクリックしたユーザーのPCやアカウントの乗っ取りなどを行う。
迷惑メール(スパムメール) bot(フォームに自動入力して送信を行うもの)を用いて、フォームから大量に迷惑メールを送る。スパムメールを開くことでマルウェアに感染することもある。

これらの攻撃を防ぎ、顧客の個人情報や自社のフォームを守るためには、セキュリティ対策を行うことが必須です。

フォームのセキュリティ対策5つ

ここでは、セキュリティリスクを避けるためにフォームにすべき対策を5つ紹介します。

1.常時SSL化

SSL化とは、インターネット上で送受信するデータを暗号化してやりとりする仕組みのことです。常時SSL化とは、Webサイトにおけるすべての情報を暗号化することを指します。

「共通鍵暗号方式」と「公開鍵暗号方式」の両方を用いてインターネット上のデータ通信を暗号化し、第三者によるデータの盗聴・改ざんを防ぎます。

フォームから送信された回答データには、サーバーに保存されるまでの通信経路上でデータの盗聴や改ざんというリスクがあります。通信データを暗号化すれば第三者にデータを盗まれるリスクを減らし、安全にデータベースへ格納できます。

2.ファイアウォール

ファイアウォールとは、内部ネットワークへの不正アクセスやサイバー攻撃を防ぎ、データを守るセキュリティ対策のことを指します。

送られてくるデータの情報を元に接続を許可するかを判断し、不正だと判断した場合は通信を遮断してPCを守り、管理者に通報します。

WindowsとmacOSそれぞれに標準のファイアウォール機能が搭載されています。Windowsはファイアウォールの設定が標準でオンとなっていますが、Macはオフとなっているため注意が必要です。

3.プログラムの更新

セキュリティ性を向上させるためには、使用しているツールやプログラムの状態を最新に更新することも重要です。更新しないままだとプログラムの脆弱性が放置されてしまい、不正アクセスといったサイバー攻撃からデータを守れなくなってしまいます。

WordPressやツールなどを使用してフォームを運用しているなら、プラグインやツールを常に最新の状態を保ち、セキュリティを高めておくことが重要です。

4.スパムメール防止

フォームのセキュリティにおいては、スパムメールへの対策も欠かせません。

送信されたスパムメールを開いたり、メール内のURLにアクセスするとマルウェアに感染する可能性があります。マルウェア感染により、保管している個人情報が漏洩するおそれもあるため、必ず対策する必要があります。

スパムメールを防止するためには、reCAPTCHAの設置やアクセス元のドメイン・IPへの制限などの対策を取り入れることが重要です。

5.権限管理

外部からの攻撃だけではなく、内部のヒューマンエラーによる情報漏洩を防ぐためにも、権限管理を行うとよいでしょう。

複数人でフォームを管理することで効率的に作業を行えますが、関わる人が多ければその分人為的ミスのリスクは増加します。データへのアクセス権限を設定しないと、誰もがデータを閲覧・持ち出しできてしまいます。

閲覧や編集権限などの設定ができればデータにアクセスできるメンバーが限られるため、フォームの安全性がより高まります。

セキュリティに対応したフォームを作るには

セキュリティに対応したフォームを作るには、WordPressプラグインを利用する方法とフォーム作成ツールを利用する方法があります。それぞれの方法について、詳しく解説します。

WordPressのプラグインを利用する

WordPressのサイトでフォームを作成する場合は「Contact Form 7」や「MW WP Form」などのプラグインを利用することでフォームを設置できます。ただし、これらのプラグインをデフォルトで実装するだけでは、セキュリティ対策は万全とは言えません。

セキュリティ対策をするには、認証機能を導入し不正アクセスを防止する「invisible reCAPTCHA for WordPress」や、スパム対策ができる「Akismet」などのプラグインを導入する必要があります。

導入後は、セキュリティの脆弱性対策としてプラグインの状態を常に最新版にアップデートすることも重要です。また、プラグインを導入しすぎるとサイトの動作が遅くなる場合もあるため、必要なプラグインのみを導入するようにしましょう。

「Contact Form 7」についての詳細はこちらの記事で詳しく説明しています。

フォーム作成ツールを利用する

セキュリティ対策が万全なフォームを作成したいなら、フォーム作成ツールを利用する方法がおすすめです。

ほとんどのフォーム作成ツールではセキュリティ対策がなされているため、WordPressプラグインのように追加のインストールなどは不要です。HTMLCSSなどの知識がなくても簡単にセキュリティ対策を行えるため、専門知識がない場合でも安心して利用できます。

ツールによっては無料で使えるものもあります。手間をかけずにセキュリティ対策が万全なフォームを作成したい場合には、ツールを利用する方法がおすすめです。

セキュリティの充実したフォーム作成ツールの選び方

サイバー攻撃は日々進化しており、フォームのセキュリティ対策も日々更新し続けなければなりません。

フォームのセキュリティ対策を自社で行うのは大変ですが、あらかじめセキュリティ対策が行われているフォーム作成ツールを利用すれば、自社で対策を行う手間を削減できます。

ここではフォーム作成ツールを選ぶ際、セキュリティ面でチェックすべきポイントを紹介します。

1.サーバー監視はあるか

セキュリティ面を重視してフォーム作成ツールを選ぶ場合は、サーバー監視の有無を確認しましょう。サーバー監視がないと、障害が起きた際や個人情報を保管しているサーバーに不正アクセスがあった際の発見・対応が遅れてしまいます。

サーバー監視がされていれば、システム障害時や不正アクセス時に即座に対応を行ってくれるため、24時間・365日の監視体制が整っているツールを選ぶとよいでしょう。

自社でサーバーを運用する場合と比べて、監視のために必要な人件費やシステムにかかるコストの削減にもつながります。

2.セキュリティのアップグレードはあるか

フォーム作成ツールを選ぶ際は、セキュリティのアップグレードがあるかも確認すべきです。システムの脆弱性が放置されると、外部から攻撃を受けるリスクが高まるため、セキュリティのアップグレードは重要なのです。

脆弱性におけるアップグレードだけではなく、セキュリティ面での新機能が積極的に追加されているかどうかも確認したいポイントです。

セキュリティのアップデートや新機能の追加有無について、公式サイトでアナウンスがされているかを確認するとよいでしょう。

3.データアクセスの管理や制限ができるか

サーバーに保管されているデータに対して、アクセスの管理や制限を設定できるかも重要なチェックポイントです。

顧客から送信された情報の保存先であるサーバーには、個人情報が大量に格納されています。情報漏洩を防ぐため、フォームの管理者以外はデータにアクセスできないようにする、持ち出しができないようにする、といった制限ができるかを確認しましょう。

4.プライバシーマークを取得しているか

フォーム作成ツールを選ぶ際は、プライバシーマークを取得している企業が運営しているツールを選ぶべきです。プライバシーマークとは、企業が個人情報の取り扱いを適切に行っ
ていることを認定する制度です。

自社でセキュリティ対策を行っていても、ツールの運営会社から顧客の情報が漏れてしまうことも考えられます。しかし、プライバシーマークを取得している会社は個人情報を適切に取り扱っているため、顧客の個人情報が漏洩する可能性は低いと考えられるのです。

おすすめのフォーム作成ツール

ここでは、セキュリティ対策が充実しているフォーム作成ツールを5つ紹介します。

1.formrun(フォームラン)

img_formrun.jpeg

formrunは、ferretを運営する株式会社ベーシックが提供するフォームツールです。デザイン性の高いフォームを最短30秒で簡単に作成でき、作成したフォームWordPressサイトなどのWebサイトに簡単に埋め込むことができます。

常時SSL/TLSを採用し、ISO 27001(ISMS)の認証とプライバシーマークを取得しています。24時間365日体制でのサーバー監視を行っており、万が一障害が発生した場合には即座に対応を行ってくれます。

データセンターにはAWS(Amazon Web Services)を採用し、毎日自動的にバックアップが行われているため、顧客情報の安全性も万全です。必要なセキュリティのアップグレードも随時行われています。

formrunで作成したフォームには「reCAPTCHA」を設置することもできるため、スパムメールや不正アクセスなども防止できます。

2.Googleフォーム

img_google_form.jpeg

Googleフォームは、Googleアカウントさえ持っていれば無料で利用できるフォーム作成ツールです。フォームテンプレートが用意されており、簡単にシンプルなフォームを作成できます。

セキュリティ面では常時SSL/TLSを採用し、24時間365日体制でのサーバー監視を行っています。

また、ユーザーアカウントを安全に管理できるよう、アカウント管理のサポートも行っています。アカウントのパスワードが盗まれた場合に備えて、二段階認証プロセスを実施しており第三者によるログインを防ぎます。

セキュリティ対策は充実しているものの、顧客管理などを行うための機能は少ないため注意が必要です。

3.FormMailer(フォームメーラー)

img_form_mailer.jpeg

FormMailerは、ドラッグ&ドロップ操作で直感的に操作できるフォーム作成ツールです。フォームのほかにも、ホームページランディングページも作ることができます。

常時SSLを採用しているため、フォームから送信されるデータの盗聴や改ざんを防止できます。スパム投稿を防止する機能もあり、プライバシーマークも取得済みです。

さらに、フォームにパスワードを設定する機能もあるため、不特定多数のユーザーフォームに入力し送信することを防止できます。

4.オレンジフォーム

img_orangeform.jpeg

オレンジフォームは、テンプレートを使って簡単にフォームを作れるフォーム作成ツールです。

操作性は非常にシンプルですが、セキュリティ対策も行われています。SecureCore社の高水準のSSLを採用し、サーバーは業界標準のAWS(Amazon Web Services)を採用しています。

ユーザーが入力したクレジットカードの番号を保持しないなど、個人情報保護方針に基づいたセキュリティ対策がなされています。

5.Tayori(タヨリ)

img_tayori.jpeg

Tayoriは、フォーム作成のほか営業管理やカスタマーサポートなども行える、クラウド情報整理ツールです。自社サイトに、FAQサイトやアンケート、チャットサポートなどを設置できます。

フォームとサーバ間の通信はSSLによってすべて暗号化されるため、第三者による個人情報盗聴リスクを抑えることができます。フォームの通信はもちろん、管理ページにおける通信も暗号化されるため、業務の情報も保護されます。

セキュリティ対策万全なフォーム作成ツールを利用しよう

フォームのセキュリティリスクによって、個人情報の漏洩やWebサイトの不具合などの被害が生じます。それによって対応コストが発生したり、企業の信頼の失墜につながるおそれがあります。

フォームへの攻撃やセキュリティリスクによる被害を防ぐためには、常時SSL化やスパム防止などの対策が必要となります。これらの対策が万全のフォームを作成したい場合は、フォーム作成ツールを利用する方法がおすすめです。

formrunなら、以下の通り万全なセキュリティ対策がなされています。

  • SSLを採用
  • ISO 27001とプライバシーマークを取得
  • 24時間・365日の監視体制
  • 必要なセキュリティのアップグレードは随時
  • AWS(Amazon Web Services)のデータセンターを採用し、毎日自動的にバックアップ

アカウントを登録すればすぐに利用開始できるので、ぜひお試しください。

【有料ユーザー数No.1】セキュリティ対策が万全で顧客管理もできるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【有料ユーザー数No.1】セキュリティ対策が万全で顧客管理もできるフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

ISO 27001 (ISMS) とプライバシーマークを取得、24時間365日のサーバー監視やSSL/TLSによる暗号化にも対応!無料でも利用できるのでまずはお試しください。