メルマガは時代遅れ、今はLINEやアプリなど他のコミュニケーション手段もいろいろあるのに…」と思っていませんか?

決してそんなことはありません。メルマガは顧客にアプローチするために、今なお有効な手段です。社内でメルマガ作成を任され、「取り組むからには、成果を出すコツを知りたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、メルマガのメリットを改めて解説するとともに、効果を出すための作成のポイントを紹介します。

今日から使える!メール作成のTips

今日から使える!メール作成のTips

読んでもらえるメールをつくるためのポイントについて解説致します。

目次

  1. メルマガは時代遅れではない
  2. メルマガの役割は「顧客との関係構築」
  3. メルマガの目的を明確にしよう
  4. 今すぐ使える効果的なメルマガ作成12のポイント
  5. メルマガの手応えを実感したいなら

メルマガは時代遅れではない

はじめに、「メルマガは時代遅れではない」と言えるデータを見てみましょう。

インターネットの利用目的は、「電子メールの送受信」が最も多い

総務省「令和3年度版情報通信白書」によると、インターネットの利用目的は「電子メールの送受信」が全年代でトップ、その割合は全体の約8割を占めることが明らかになっています。

image3.jpg

出典:総務省 令和3年度版情報通信白書

インターネットを利用する人の約8割が「電子メールの送受信」を一番の目的としているという事実に基づいて考えると、電子メールは今なお、最も消費者に1対1でアクセスしやすいコミュニケーション手段だと言えるでしょう。

昨今、「プライベートでは、メールよりもLINEを使う場面が多い」という人も多いかもしれません。確かに、家族や友達との連絡以外にも、企業・店舗とLINE公式アカウントを介してつながるケースも増えてきています。

企業・店舗がマーケティングに活用するためには、LINEと電子メール、どちらが良いのでしょうか?その答えは、どちらにもメリットがあり、ポイントを押さえた使い分けが大事だと言えます。

LINEはスマホに通知が来るため「リアルタイム」かつ「短文の告知・PR」に向いています。

一方、電子メールはリアルタイムの着信通知が来るとは限らないので「多少のタイムラグが生じても良い内容」かつ「詳細・長文の訴求」に向いています。

メルマガの役割は「顧客との関係構築」

企業にとって、メルマガの役割とは「顧客との関係構築」です。その長所・短所をより詳しく見ていきましょう。

メルマガの長所

費用対効果が高い

メルマガマーケティング手法の中でも比較的、費用対効果が高い手段だと言えます。

必要なコスト・手間を最もシンプルに考えた場合「文面を作成するコスト」「配信システムの利用コスト」だけで実行できます。

広告キャンペーンなどと比べて安価な予算で、なおかつスピーディーに顧客に対して継続的なアプローチが可能です。

ファン育成に寄与できる

発信する内容次第で、顧客を熱いファンに育てていくことも可能です。

例えばECで「お試し1回購入のみ」の人に対して、顧客が望む情報をベストなタイミングで届けていけば「この企業は自分の望む提案をしてくれるから、また買ってみよう」「定期購入に移行しよう」などと好意度がアップし、次の購買行動に移ることを期待できます。

自社コンテンツへの誘導を促せる

自社Webサイト内にLPをはじめコンテンツを用意している場合、メルマガは強力な流入元になります。

メルマガ購読者とは、これまでに自社と接点を持っている人であり、自社に対して関心が高い人です。

不特定多数の人に見せるWeb広告と比べて、より関心の高い人を効果的に集客できる手段だと言えます。

メルマガの短所

開封されないこともある

メルマガを送信した後、必ずしも受信者全員が開封してくれるとは限りません。

電子メールは、スマホで受信する人、PCで受信する人、さまざまなケースが考えられ、LINEとは異なり、スマホにリアルタイム通知が来ない場合もあります。

また、受信トレイのタイトルを見たとしても、関心を持てなかったら開封されないケースも出てきます。

迷惑メール扱いされることもある

企業からのメルマガは「迷惑メール」扱いされることもあります。

例えば「Gmailで迷惑メールに紛れ込んで、受信者の目に届かない」あるいは「ユーザードメイン指定受信している」といった場合に起こります。

流し読みされることもある

メルマガとは、ユーザーに「流し読み」されることが多いものだとあらかじめ理解しておきましょう。

企業側がどれだけ熱を込め、時間をかけて文面を用意したとしても、ユーザーの立場で考えれば日々、無数に受信するメールのうちの一通に過ぎないかもしれません。

タイトルに関心を持って開封してくれたとしても、ユーザー側の読む手間を考慮した簡潔な文章に工夫することも大切です。

メルマガの目的を明確にしよう

ここからは、「いざ、メルマガ作成!」という時に押さえておくべきポイントをお伝えします。文面を書き始める前に、まずは目的を整理しましょう。

①なぜ送りたいか?

なぜ、どんな課題解決のためにメルマガを送りたいのか、目的を精査しましょう。

<例>

  • 好意度を育てたい
  • 購入を促したい

②誰に送りたいか?

「誰に送りたいか」を絞り込むことで、ターゲットが明確になり、発信すべき内容も自ずと絞り込まれていきます。

<例>

  • 未購入者
  • お試し1回購入者
  • 定期購入を離脱した人
  • 定期購入を継続してくれている人

③何を送りたいか?

「誰をターゲットに」「どんな課題を解決したいか」明確にすれば、どんなコンテンツを容易すべきか方向性が定まってきます。

<例>

  • 「未購入者」の「好意度アップ」→「誕生日メッセージ」あるいは「特典の送信」
  • 「1回購入者」の「2回目購入」→「割引クーポン送信」あるいは「キャンペーン案内」
  • 「継続購入者」の「さらなる継続購入」→「セール案内」

今すぐ使える効果的なメルマガ作成12のポイント

実際にメルマガ文面を作成する場面で押さえておくべきコツをご紹介します。

①件名作成のポイント

image2.jpg

30文字以内に収める

件名(タイトル)は、30文字以内に収めましょう。長すぎるタイトルはメールソフトの受信トレイで見切れてしまいます。すると、顧客に対して何を伝えたいのか結論が伝わらず、開封率の低さの原因になります。

顧客のメリットを伝える

件名で、顧客のメリットにつながることを明確に打ち出しましょう。すると顧客は「自分に関係がある」「自分に良いことがある」と関心を持ち、自分ごと化しやすくなり、開封率アップに寄与します。

②本文作成のポイント

一番伝えたいことを、最初に書く

メルマガの結論、つまり顧客に最も伝えたいポイントを、最上部に記載しましょう。

「開封したファーストビューでメリットが簡潔に分かる」ことが、顧客にとってストレスがない状態です。読む手間をできる限り削ぎ落とし、結論が端的に伝わる文章にしましょう。

顧客の次のアクションを促すコンテンツを含める

メルマガを開封して読んで終わり、ではなく、顧客が必ず次のアクションに移ることができる導線を含めましょう。

<例>

  • 商品紹介コンテンツ+購入リンク
  • セミナー案内+申し込みフォームリンク
  • オウンドメディアのコンテンツ紹介+続きを読むためのリンク

メルマガ経由で次のアクションに移った顧客の割合を分析すれば、メルマガの費用対効果が明らかになります。

費用対効果を明らかにできれば、継続的に取り組むべき価値や改善点が可視化されます。

③効果検証のポイント「ABテスト」

「ABテスト」とは、一つのメルマガに対して複数パターンのコンテンツを用意して、より訴求力の高い表現を探りながら効果検証することです。

image1.jpg

<例>

  • 件名に絵文字を入れてみる
  • メール本文からサイトへ誘導するボタンの色・形・大きさを変えてみる
  • ワンコンテンツと、複数コンテンツ、どちらが刺さるか試してみる
  • コンテンツの順番を入れ替えてみる

「ABテスト」を何度か繰り返し、自社の顧客に対して刺さる「勝ちパターン」を見つけることがポイントです。自社メルマガの良い点をデータに基づいて明らかにし、継続投入していくことで、メルマガ施策の重要性が可視化されていきます。

効果の出るメルマガ作成のために知るべきポイントは、残り7つあります。ポイントは「件名」「本文」「その他」の3つのTipsに分けて解説しています。詳しくは以下のPDF資料からご確認いただけます。

効果の出るメルマガ作成のポイントとは?

効果の出るメルマガ作成のポイントとは?

メルマガを読んでもらうための「件名」や「本文」の工夫の仕方を詳しくお伝えしています。

メルマガの手応えを実感したいなら

メルマガは、長期的に継続して取り組むことだけではなく、配信後の効果検証が肝心です。

1回のトライで良かった点、悪かった点をデータに基づいて明らかにし、次に活かすことでメルマガ施策そのものを改善・強化していくことができます。

「ABテスト」を日頃から簡単に実施できるなど、メール配信に強みを持つツールを導入することで、開封率・クリック率はもちろんのこと、ABテストの効果の違いなども一目瞭然になります。

今後メルマガ施策を強化したい方や、従来から施策に取り組んでいるが、いまひとつ手応えを感じられていないない方は、ツール活用もぜひ検討してみましょう。

メール配信に強いツールについて、こちらのPDF資料内で解説しています。詳しく知りたい方はぜひダウンロードしてください。

メルマガで効果を出すための今すぐできる12のコツを紹介

メルマガで効果を出すための今すぐできる12のコツを紹介

顧客にメールを開いてもらうためのポイントやコンテンツ作成のポイントなどを詳しく解説致します。