まとめ

今回は、コンバージョン率改善のための「マイクロコピー」を作るための5つのポイントをご紹介しました。
マイクロコピーは、分かりやすくしようとすればするほど短く簡潔に表現しなければならないので、効果的なコピーを作ろうとするたびに難易度が上がります。
逆に、ユニークなマイクロコピーを作ろうとすると、マイクロどころかやや長くなって、明瞭性に欠けてしまうこともあるので注意が必要です。

その意味では短いコピーだと味気ないように思われるかもしれませんが、できる限りリスクをとって、A/Bテストを行なったりユーザーの声を拾ったりすることによって、より洗練されたコピーとして磨くことができます。
大切なのは、ユーザーの立場に立って、安心させたり楽しませたりワクワクさせたりすることです。
ぜひベストな表現方法を見つけてみてくださいね。