Instagram広告はFacebookが提供するインターネット広告サービスです。狙いたいユーザーに向けて画像や動画を利用しピンポイントで広告配信ができます。

本記事では、Instagram広告運用を任された新社会人の方をはじめ、Insragram広告が初めてという方に向けて、Instagram広告の特徴や種類、出稿方法などを具体的に解説しますので参考にしてください。

目次

  1. Instagram(インスタグラム)広告とは
  2. Instagram(インスタグラム)広告が優れているポイント
  3. Instagram(インスタグラム)広告の基本フォーマット
  4. Instagram(インスタグラム)広告に向いている商材
  5. Instagram(インスタグラム)広告の出稿方法
  6. 狙いたいユーザーにピンポイントで広告配信しよう

以下のPDF資料では、YouTubeチャンネルを初めて運営する方に向けて、VSEOの概念やKPI設定のポイントなどを解説しています。

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。

Instagram(インスタグラム)広告とは

Instagram広告とは、Facebook社が運営するSNSです。日本では3,300万人のユーザーを誇り、「インスタ」と呼ばれて親しまれています。

2018年6月には全世界10億人のユーザーを獲得し、同年9月にはショッピング機能が追加されました。これによりInstagram広告から直接商品を購入できるようになりました。

Instagram上で配信できる広告では、性別や年齢、趣味嗜好などでターゲットを絞り、写真や動画形式など自然な形での配信が可能です。企業のマーケティング戦略において外せない販促方法の一つです。

最近では新型コロナウイルス感染症の影響からソーシャルメディア上での消費活動が増えており、今後もさらにInstagramをビジネス目的として利用する企業が増えていくと予想されています。

Instagram(インスタグラム)広告が優れているポイント

image4.jpg

Instagramは他のSNSに比べてブランディングやマーケティングの手段として重要な存在になってきています。ここでは、Instagram広告の優れているポイントを紹介します。

若年女性に配信しやすい

Instagramの認知率は10〜20代女性が最も高く全体の8割を超えています。利用率(月に1回以上の利用)は、全体で約3割のところ、10〜20代の女性の割合は8割を超えており、Instagramは女性に特化したSNSだと言えるでしょう。

女性向けや若年層向けのサービス・商品を訴求する場合は、自社コンテンツの内容に合わせて訴求できるのでInstagram広告がおすすめです。写真や動画でイメージを伝えやすいので、特にコスメやアパレルなどのブランド商品との親和性が高いです。

ブランディングに適している

Instagramは、ターゲットを定めて写真や動画を利用して広告を出稿できるため、ユーザーの視覚へとダイレクトに訴えることができます。そのため、統一感を持った企業固有の世界観を演出でき、他に類を見ない独自のアカウントとして結果的に企業ブランディングに繋がります。

特にビジネスプロフィール機能を利用しインサイトで反応を見て投稿の質を上げていくことや、アンケート機能やライブ配信、投稿へのコメントにはできる限り反応し、企業と個人とのコミュニケーションを図ることでブランドをより身近に感じてもらえるように努力することも大切です。

対消費者向けの商材の相性がいい

Instagramは対消費者向けの商材との相性がいい媒体です。例えば、ファッションやグルメ、日用品やコスメなどの有形商品が写真や動画コンテンツとして表現しやすいです。

また、商品が物として存在しない無形商品・サービス商材でもインフルエンサーマーケティングを活用すれば、ターゲットへダイレクトに訴求できます。

消費者目線の口コミやレビューによってポジティブな共感を生み出すことができることで、自社ブランドとして営業が行いやすい状態を作り出せたり、自社商品の認知拡大に伴い新規ユーザーを獲得できたりと、対消費者向けの商材に最適です。

Instagram(インスタグラム)広告の基本フォーマット

image1.jpg

Instagram広告ではビジネスアカウントを利用することで広告出稿が可能です。様々な広告フォーマットや配信方法があるので紹介します。

動画広告

●こんな方におすすめ

・限られた時間で多くの情報を伝えたい方
・独自の世界観を動画で伝えたい方

動画広告は、映像や音楽、モーションを活用した消費者の目を引きやすい広告フォーマットです。フィード上の他の投稿の間に自然と挿入され、広告が表示されると自動的に動画が再生される仕組みです。

特に企業独自のブランドを伝えやすく、認知目的で利用されることが多いです。エフェクトやテロップなどのモーション効果を利用することで、よりユーザーが興味を持ちやすくなる特徴があります。

写真広告

●こんな方におすすめ

・他の投稿と違和感を感じさせずに配信したい方
・集客が見込めるコピーやクリエイティブをすでに持っている方

写真広告は、静止画の写真とテキストの両方を表示できる一般的な広告フォーマットです。Instagramのタイムライン上に他のユーザーの投稿の間に自然と表示されるため、違和感を感じさせない発信ができます。

写真の形は正方形、横型、縦型を使用できたり、広告の下には配色やデザイン内容を工夫そてCTAボタンを設置できたりするので、広告に興味を持ってくれたユーザーに対し視覚的訴求を高めクリック率の向上が見込めます。

リンク広告

●こんな方におすすめ

・ECサイトや自社サイトなどの流入に繋げたい方
・資料請求やセミナー申し込みなどの商材を扱っている方

リンク広告は、商品やサービスに興味を持った人をリンク先のWEBサイトやアプリへと誘導できる広告フォーマットです。CTAと呼ばれるユーザーのアクションを促す要素を設定することで、目的のアクションをしてもらうように誘導できます。

例えば、登録、ダウンロード、申込み、予約、入力などと表示させることで、次のアクションへと促せます。

カルーセル広告

●こんな方におすすめ

・一度に多くの情報を配信したい方
・ブランドや商材の世界観をより多く伝えたい方

カルーセル広告は、複数の写真や動画、リンクテキストを表示できる広告フォーマットです。1つのカルーセル広告には最大10枚のカードをアップロード可能です。1〜5枚は自動表示され、残りはタップすると表示される仕組みです。

一度に複数の広告を見せることができるので、ファッションやジュエリー、日用品などを複数枚にわたって見せることで、商品やサービスの特徴を紹介したり、ユーザーにブランドイメージを理解してもらいやすい特徴があります。

コレクション広告

●こんな方におすすめ

・ECサイトへ集客をしたい方
・Insragramショッピング機能を使いたい方

コレクション広告は、ユーザーに商品を発見してもらい、そこから検討→購入までをシームレスにつなげる広告フォーマットです。自社商品をカタログ形式に表示でき、動画と静止画(最大4枚)を組み合わせて表示できます。

動画広告でユーザーに興味を持ってもらい、クリックされた後は自社商品ページに飛び、最大50種類のアイテムを表示可能です。Instagramショッピング機能により購買までスムーズに繋げられるので、ECサイトと相性のいい広告です。

ダイナミック広告

●こんな方におすすめ

・ターゲティングの精度を上げたい方
・効率よくCVへと繋げたい方

ダイナミック広告は、モバイルアプリやWEBサイトなどで商品を閲覧した人のマーケティングタグの情報を元に、リンク広告とカルーセル広告を自動生成し関連商品を宣伝できる広告フォーマットです。

取扱商品の情報を製品カタログとしてアップロードすれば、一人ひとりにパーソナライズされた形で適切な商品の広告を表示させることができるので、効率的に再来訪や購買を促進してくれます。

モバイルアプリ広告

●こんな方におすすめ

・ユーザーの離脱率を懸念している方
・アプリダウンロードしてもらいたい方

モバイルアプリ広告は、ユーザーのエンゲージの高いモバイルニュースフィードにて、アプリのダウンロードを促したり、既存ユーザーの離脱率を抑えたりすることが目的の広告フォーマットです。

アプリを宣伝して利用者に購入やゲームでの特定レベル達成などのアクションを促して既存利用者に再度リーチすることや、プレイアブル広告を利用して短いプレビューを掲載し、ダウンロード前に試せる仕組みなどを作れます。

スライドショー広告

●こんな方におすすめ

・時間やコストを抑えてコンテンツを作りたい方
・BGMや画像などにこだわって作りたい方

スライドショー広告は、複数枚の画像からスライドショー動画を作成できる広告フォーマットです。静止画を連続的に再生するため、容量が軽く動画コンテンツを作成する時間とコストを削減できます。

スライドショーではBGMの設定やトランジション、画像の表示時間やモーションを付けるなど細かく設定できるため目に止まりやすく、動画制作にリソースを割けない企業でも簡単に制作できます。

発見タブ広告

●こんな方におすすめ

・幅広いターゲット層に広告配信をしたい方
・新規顧客の獲得を狙っている方

発見タブ広告は、Instagramの発見タブ(虫眼鏡アイコン)をタップすると表示される広告フォーマットです。ユーザーの興味・関心に基づいてパーソナライズされた広告が配信されます。

より広告配信の範囲を広げられるため、新たな発見を求めている人に広告をリーチできたり、新規顧客獲得に繋がったりとユーザーに新しい発見を促すことが目的の広告形式です。

▼Instagaram広告の基本についてもっと知りたい方はこちら

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。

Instagram(インスタグラム)広告に向いている商材

Instagramの特性として、写真や動画を共有することに適した商材と相性が良いです。ここでは、Instagram広告に向いている商材を紹介します。

女性向けの商材

Instagramのユーザー層は29歳以下の女性が圧倒的に多く占めているため、女性が興味を持つ商材を扱う際に適しています。特に視覚的に分かりやすいファッションやコスメ、グルメや旅行などの分野は関心を集めやすいです。一方で男性が関心を持ちそうな商材はInstagram広告には適していません。

趣味や嗜好に関連する商材

Instagramは趣味や嗜好に関連する商材がおすすめです。一人ひとりの趣味や嗜好に応じて投稿が表示されるアルゴリズムを利用することで、ユーザー好みやInstagram上の行動傾向を導き出し、それに沿って投稿を表示できます。

特にinstagramショッピング機能やリールを利用することで、フォロー外でもユーザーに最適な商材をサジェストしてくれるため、新しいブランドやアカウント、新商品の場合でも利用しやすいでしょう。

Instagram(インスタグラム)広告の出稿方法

Instagram広告の費用は1再生あたり0.5円〜1円程度が目安です。広告の表示回数に応じて費用がかかります。ここでは、instagram広告の出稿方法について詳しく紹介します。

FacebookページとInstagramの連携

image6.jpg

Instagram広告を利用するには、まずはFacebookページとのアカウント連携が必要です。
Facebookページをお持ちでない方は、先にFacebookページを作成してください。

まずはInstagramアカウントにログインし、自身のプロフィール画面の「プロアカウントに切り替える」をクリックすると、Facebookページリンクする画面へと飛びます。

これでInstagramとFacebookの連携が完了します。

広告キャンペーンの作成

image5.jpg

広告キャンペーンの作成は、ビジネスマネージャーから広告キャンペーンの作成に入り、「作成」をクリックすると、広告入稿の手順に進みます。

広告の入稿

image3.jpg

広告の入稿方法は下記の11種類の項目から選択可能です。

  • トラフィック
  • コンバージョン
  • エンゲージメント
  • カタログ販売
  • アプリインストール
  • 来店数の増加
  • 動画の再生回数のアップ
  • リード獲得
  • メッセージ
  • ブランドの認知度アップ
  • リーチ

目的に応じて選択しましょう。

支払い設定

image7.jpg

支払い設定では、ビジネス設定から右側のメニューの下側にある「次へ」をクリックし、クレジットカードの登録を済ませると配信準備が完了します。

広告を掲載

insta_配信.jpg

Instagramの広告掲載は、入稿作業と支払い設定を完了すれば、あとは「今すぐ宣伝」をクリックすることで広告が掲載されます。ここで一度ターゲット設定に誤りはないか、設定予算に間違いがないかなど再確認し、問題がなければ公開しましょう。

狙いたいユーザーにピンポイントで広告配信しよう

最近は公式のInstagramアカウントを利用し自社の商品やサービスの魅力を発信する企業が増え、企業にとって必要不可欠なSNS広告媒体となっています。

自社に最適化された広告クリエイティブを制作したり、広告運用を最適化することは事業成長に大きく関わります。自社ブランドに有利な広告フォーマットを活用し、仮説検証を繰り返しながらブランドや商材の成長ツールとして活用しましょう。

▼これからInsragram広告を始める方はこちらをチェック

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。