Appleのデザインが素朴で繊細で洗練されていると感じるのは、なぜでしょうか。
その答えの手がかりが、Appleの「iOSヒューマンインターフェイスガイドライン」(iOS Human Interface Guideline)にあります。

このガイドラインは、iOSに関する考え方や機能紹介、デザインガイドやエクステンションなどのあらゆるリソースが記述されています。
もともとはiOSアプリの開発者向けに書かれたものですが、アプリデザイナーやアプリエンジニアだけでなく、テック業界の人なら一度は目を通しておくとよいでしょう。

前編では、iOS全体に関するデザインや機能性の考え方(Overview)に関してご紹介しました。

後編となる今回は、各論のうちデザインに関する部分=ビジュアルデザイン(Visual Design)の一部をご紹介します。
iOSやiOSアプリに関するデザインガイドをしっかりと理解すれば、App Storeでヒットを叩き出しているアプリがなぜこのデザインになっているのかもおのずと分かってくるかもしれません。

参考:
美しいアプリをデザインするには?iOSのアプリ制作に関するデザインガイドラインを徹底解説(前編)

アニメーション|Animation

iOSではアプリを起動したり閉じたりするときをはじめとして、様々な場面で美しくも繊細なアニメーションが表示されます。
アニメーションが適切に使用されれば、現在のステータスを伝えたり、アクションのフィードバックをビジュアル化して伝えたりすることができます。
アニメーションに関して、ガイドラインでは次の4つの提言をしています。

1. アニメーションやモーションエフェクトを賢く使いましょう|Use animation and motion effects judiciously.

アニメーションを「アニメーションを使うため」に使ってはいけません。
使う目的のないアニメーションを過度に使用すると、ユーザーはうんざりしてアプリを閉じたくなってしまいます(特に没頭する要素のないシンプルなアプリケーションで起こります)。
iOSでは、ホームスクリーンや他のエリアでの階層を表現するために、パララックスエフェクトのようなモーションエフェクトを使っています。
こうしたエフェクトがあれば今起きていることを理解したり楽しんだりすることができますが、使いすぎるとユーザーはイライラしたり操作しづらいと感じたりします。
モーションエフェクトを使うときは、常にその結果が想定通りにいくか検証しましょう。

Webデザインでもよく言われることですが、アニメーションを「適正なタイミング」で使うことは非常に重要なことです。
目的のない不毛なアニメーションが多いと、アプリ全体が野暮ったくなって、せっかくいい機能を提供していてもアニメーションによってアプリが台無しになってしまう恐れがあります。
アニメーションを使うときは、ちょうどいいタイミングちょうどいい量を見極めましょう。

2. リアリティと信用の両方を求めましょう|Strive for realism and credibility.

ユーザーはある程度なら芸術的な表現を受け入れられますが、意味のない動きをしたり、物理法則に逆らった現れかたをしたりすればユーザーはうんざりしてしまいます。
例えば、画面上方からスライドダウンしてしてメッセージを表示したら、ユーザーはスライド仕返してメッセージを非表示にできるようにしなければなりません。

これはアニメーションそのものというよりは機能的な側面に関することですが、アニメーションを一方的に押し付けるのではなく、ユーザー側でもコントロールできるようにすべきだという提言です。

3. 一貫性のあるアニメーションを使いましょう|Use consistent animation.

いつでも同じような流れるような体験のほうが、ユーザーのエンゲージメント率は上がります。
スムーズなトランジション、デバイスの方向を変える際の流れるようなアニメーション、物理法則に基づいたスクローリングなど、ユーザーはiOS全体で使われている繊細なアニメーションに慣れています。
ゲームのようにのめり込むような体験を提供したいのであれば、iOS標準のアニメーションに匹敵するほどのカスタムアニメーションにしましょう。

前編で見た「一貫性」(Consistency)の原則と同様、iOS上で一貫した体験を作り出すために、アニメーションにも一貫性が求められています。
そのため、オリジナルアニメーションを過度に使うことは避け、できるだけiOS標準のアニメーションを使うことが重要です。

4. アニメーションをオフにできるようにしましょう|Make animations optional.

アクセシビリティの設定で動きを抑える設定にした場合、アプリ中のアニメーションも最小限にするか削除できるようにしましょう。

必要があれば、ユーザーがアニメーションをオフにできるように設定しましょう。