近年、有名SNSを始めとしてさまざまなプラットフォームでライブ動画配信が可能になってきています。
手の込んだ加工が施されたあらかじめ撮影した写真や動画とは異なり、リアルタイムで視聴者に伝えることができるライブ動画は、加工ありきのこの時代に「リアル」を求めるユーザーに安心感を与えることができるからです。
最近は、ただライブ動画を配信するだけではなく、商品を実際に使用している様子を配信しながら販売まで行う、ライブ動画を使用したネットショップを開設するなどの動きも見られるようになってきました。

今回は、ライブ動画を配信することで得られる大きなメリット4つと、ライブ動画を配信することができるオススメアプリ5選をご紹介します。
話題にのぼるようになってきたとはいえ、まだまだこれから発展を続けていくであろう、ライブ動画。
本記事を参考に、特に新しい施策の検討をされている方は、競合他社よりも一足早くライブ動画を取り入れてみてはいかがでしょうか。

ライブ動画を配信するメリット

1.コストが比較的低価格

ライブ動画を配信する際にアプリを使用すれば、スマートフォン1台またはパソコン1台でも配信が可能です。
照明やマイクなどの機材を揃えて動画を配信することももちろん可能ですが、スマートフォンの性能の向上や足用するアプリの機能により、それらの高額な機材がなくても十分に美しい動画を配信することができます。
「リアル」が重視されるライブ動画では、高額機材を駆使したり編集を加えたりして作成した美しい動画にユーザーが惹かれるとは限りません。
むしろ「ありのまま」を配信することが価値となりますので、スマートフォンまたはパソコンでそのまま撮影を開始しましょう。

2.エンゲージメントの向上

ライブ動画を配信できるプラットフォームでは、コメント欄にコメントを書き込んだり、いいねボタンのようなものを押すことが可能です。
配信中にリアルタイムで視聴者の反応を見ることができるため、どこのような話し方・見せ方が好まれるのか、身をもって体感できます。
さらに、コメント欄に書き込まれたコメントに対して配信者もその場で確認・反応できるため、視聴者とコミュニケーションを取りやすい点もポイント。
積極的にコミュニケーションをとることで、一方的に見せる広告とは異なり、よりエンゲージメントの高いユーザーを獲得することもできます。

ライブ動画は、強制的に見せるものではなく、ユーザーが自発的に「動画を見る」という行動を取らなければ閲覧できません。
つまり、視聴しているユーザーはすでに自社コンテンツに興味のあるユーザー、とも言えます。
興味を持ってくれたユーザーとコミュニケーションを取り、エンゲージメントの高いユーザーを1人でも多く獲得しましょう。

3.ターゲットの選定

ライブ動画を配信できるプラットフォームアプリは複数ありますが、比較的プラットフォーム別にユーザー層が分かれている傾向にあります。
例えばLINE LIVEであれば、20台の男女に比較的見られている、という結果が出ています。

参照:AbemaTVとLINE LIVEのユーザー層の違いを比較してみた|App Ape Lab

正確に選定することは難しいですが、自社がターゲットとしているユーザーが比較的多いプラットフォームを選定してライブ動画を配信できるため、より情報を届けたい相手に届けやすくなります。

4情報の正確さ

テキストや写真などとは異なり、ライブ動画はその場で情報を伝えるものです。
そのため、商品の使用方法などなかなか伝えにくい情報も、実際に配信者が使用しながら解説でき、より正確な情報を伝えることができます。
これだけであればすでに撮影済みの動画を配信する際のメリットと大差ありませんが、ライブ動画の場合は視聴者が「◯◯についてもう少し教えて」というようなコメントができ、配信者はその場でより詳しい解説ができます。
配信者が気が付かなかった、しかしユーザーには正確に伝わっていない・誤解を招く・難しい、というような内容もその場で対応できるため、撮影済みの動画を配信するよりも格段に正確に情報を伝えられるのです。

ライブ動画を配信できるオススメアプリ5選

1.LINE LIVE

LINE_LIVE.png
App Store
Google Play

国内のメッセージングアプリ市場で、圧倒的なシェアを獲得している「LINE」が提供しているライブ動画配信アプリです。
2016年8月より、誰でも配信することができるようになりました。
このLINE LIVEでライブ動画を配信しながら、LINE内で使用可能なスタンプの宣伝をしてそのまま購入までつなげている配信者もいます。

配信可能な時間は、最大で30分。
専用アプリをダウンロードすれば、LINEアカウントを使用したライブ動画の配信・視聴を簡単に行うことができます。
詳しい使用方法については、ferret内の以下の記事を参照してください。

参照:LINEで生中継をしよう!LINE LIVEの配信方法を解説|ferret

2.Periscope

Periscope.png
App Store
Google Play

こちらは、世界的に見ても特に日本ユーザーが非常に多い「Twitter」が提供しているライブ動画配信アプリです。
専用アプリもありますが、2016年12月のアップデートによりTwitter上からそのまま配信可能になったため、より手軽に配信できるようになっています。
PhotoshopやIllustratorなどを提供しているAdobe社が、Periscopeを使用してライブ動画で商品デモを配信すると、驚異的なコンバージョンを獲得したとの結果も報告されています。

参照:商品ブランドを定着させる方法 Part1 Periscope | Live Commerce ブログ

こちらについても、詳しい使用方法をferret内の以下の記事で解説していますので、ぜひ参照してください。

参照:Periscope(ペリスコープ)とは〜Twitterでライブ配信するまでの使い方を徹底解説|ferret

3.ツイキャス・ライブ

ツイキャス.png
App Store
Google Play

通称「ツイキャス」の相性で親しまれている、ライブ動画配信アプリです。
なお、ここでご紹介しているアプリは、ライブ動画を配信する際に必要となるアプリです。
配信者を「主」または「キャス主」と呼ぶなど、ツイキャス独自の用語も生まれています。

ツイキャスでは視聴者が配信者に対してコインを送り、5枚のコインが集まるとライブ動画を30分延長することができます(有効期限は3日以内、延長可能時間は最大で4時間まで)。
視聴者がコインを得るためにはログインポイントを使用するか、購入する必要があるため「この配信をもっと見たい」と思う視聴者でなければコインは使用されにくいのが現状です。
つまり、視聴者の興味・関心度がリアルタイムで分かるため、配信中にコイン送ってくれた視聴者へなんらかのアプローチをすることで、その後のコンバージョンにもつなげられる可能性が高まります。

4.Live.me

Live.me.png
App Store
Google Play

こちらはアメリカですでに大人気のライブ配信動画アプリで、日本では2016年に提供が開始されたばかりです。
時間無制限、最短3ステップで配信することができます。
さらにFacebookやTwitter、インスタグラムなどさまざまなSNSへ簡単にシェアできることで視聴者を増やしやすい、チャット機能を使用して配信中に視聴者同士でもコミュニケーションをとれるためユーザーの生の声を引き出しやすい、というメリットもあります。

配信する際は、アプリをインストールしてユーザー登録を行い、画面上に表示されているビデオアイコンをタップするだけ。
筆者がLive.meを使用してみた感触としては、10〜20代のユーザーが多いようでした。

今後アプリ内にネットショップへの販促リンクを設置する機能も追加される予定とのことですので、ネットショップを運営されている方は要チェックです。

5.Chips

Chips.png
App Store

こちらは、Twitterでログイン・登録が可能で時間無制限で配信できるライブ動画配信アプリです。
配信中にコメントやハート(いいねと同意)を使用してコミュニケーションをとれることはもちろんですが、商品の販売が可能な点が大きな特徴。
ライブ動画配信中に商品の出品・購入ができるため、視聴者の商品に対する興味が高まりやすい配信中にコンバージョンまで誘導しやすいです。

こちらは2017年4月より提供開始されたサービスですので、現状では参入障壁が比較的低いと言えます。
特にネットショップを運営されている方は、試してみることをオススメします。

まとめ

ライブ動画配信そのものは近年すでに話題になっていましたが、今後はリアルタイムで配信しているメリットを活かして商品の販売を行う「ライブコマース」市場が盛り上がってくるものと予想されます。
2017年6月7日には、インフルエンサーを起用したライブコマースサービス「Live Shop!」の提供も開始されています。

参照:Candeeがライブコマースに参入、インフルエンサーが商品を紹介する「Live Shop!」 | TechCrunch Japan

日本でのライブコマース市場は、まだ始まったばかりです。
今のうちにさまざまなライブ動画配信アプリ・サービスを試して、自社に適したものを検討してみてはいかがでしょうか。