CTR、CVRなどの指標を元に施策を最適化しよう

ある程度の期間広告の運用をしていると、それぞれの広告CTRの差が出てきたり、CVRが悪い広告が見えてきたりと、データが溜まってきます。

CTRが悪ければ、広告が表示された時にあまりユーザーの関心を引けていないと考えられます。広告の文言を変える、訴求ポイントを変えるなどが検討できます。また、出稿するターゲティングを変える、出稿するメディアを変えることも検討できます。

CVRが悪い場合などには、ユーザーがどこで離脱してしまっているかなどの分析し、コンテンツ自体の内容が悪いのか、レイアウトが良くないのか?など、なぜ期待した行動をとってくれないのかを検討しましょう。
これらのデータを元に最適化を進めることで最終的にCPAを上げるとことで、マーケティング施作を成功へ導きます。

まとめ:知っておいて損はない「広告運用に関する略語」

自分はWebマーケティングの担当者であって、広告運用に関する言葉はあまり関係ないと思っていませんでしたか?広告関連の言葉であっても、あらゆるWebマーケティングを横断した概念に基づいた言葉であり、Webマーケティング施策を企画する時に、知っておいて損はないものばかりです。Web業界であれば知ってて当たり前のように語られる言葉も多いのでこの機会に、しっかり把握して今後の活動に是非役立ててください。

専門用語まとめで学ぶ

「IT」「ICT」「IoT」の違いを解説

「IT」「ICT」「IoT」の違いを解説

インターネットが浸透するにつれて、様々な関連用語が生まれました。長い英語だったり、アルファベットの略語だったりと、全て理解するのは大変です。今回は、言葉が似ていて分かりづらい「IT」「ICT」「IoT」の意味と違いを解説します。「知っているようで知らない」と思った方は、この機会に確認しておきましょう。

DSP,DMP,SSPの違いとは?それぞれの特徴と仕組みについて

DSP,DMP,SSPの違いとは?それぞれの特徴と仕組みについて

Web広告用語の中でもよく混乱してしまう「DSP」「DMP」「SSP」。違いや特徴、仕組みなどを十分に理解できていないという方も多いでしょう。今回は、DSPとDMP、SSPの違いをそれぞれの特徴や仕組み、広告配信の流れとともに解説します。

ROIとROASの違いとは?投資の成果を数値で把握しよう!

ROIとROASの違いとは?投資の成果を数値で把握しよう!

投資に対してどれだけの効果が出たのかを測る指標としてよく用いられるのがROIとROASです。広告などの支出を伴う施策を運用する際に重要な概念になるので、しっかりと理解しておく必要があります。

「FB」は「Facebook?」「Feedback?」複数の意味がある略語10選

「FB」は「Facebook?」「Feedback?」複数の意味がある略語10選

「積極的なFBの活用を」皆さんはこのような言葉が会議で出てきたら、どのように解釈するでしょうか?「FB」が「Facebook(フェイスブック)」なのか、もしくは「Feedback(フィードバック)」を表しているのか、迷ってしまう場合はないでしょうか。今回は、同じ略語で違う意味を表す用語を10個ピックアップし、それぞれの意味を解説します。