Twitterは日本国内で人気のSNSのひとつです。
世界的に見ても日本国内のユーザー数が多いことはもちろん、ユーザー数の増加率も非常に高いことが知られています。
そのためプロモーション活動にTwitterを活用している企業も非常に多く、アカウントを持って情報を発信するだけではなく広告配信を行ってより多くのユーザーへリーチできるような施策を行っているケースも多々見られます。
これほど人気のSNSとなっているTwitterでは、利用者のためにさまざまな新機能の提供が行われていますが、2017年10月18日、Twitter Japanは新しい動画広告フォーマット「ビデオウェブサイトカード」「インストリーム動画広告」の2つを発表しました。

今回は「ビデオウェブサイトカード」「インストリーム動画広告」でできることや出稿方法についてご紹介します。
各SNSにおいて動画のエンゲージメントが高まりつつある今、これらの広告を活用しない手はありませんので、ぜひ本記事を参考に出稿を検討してみてはいかがでしょうか。

https://ferret-plus.com/admins/news/8800/edit

ビデオウェブサイトカードとは

「ビデオウェブサイトカード」とは、Twitterで出稿できる広告のうち投稿されたツイートの画像に指定したURLへのリンクを埋め込むことができる「カード」が静止画ではなく動画となった広告です。

0.png
(ビデオウェブサイトカードのご紹介|Twitter Marketingより引用)
このフォーマットの広告では、タイムライン上に流れた際に自動再生する動画広告の下に、ツイート文とURLを表示することが可能です。
動画を再生しつつホームページも表示できるので、よりエンゲージメントが高まりやすくなります。

出稿の推奨事項

サムネイル画像サイズ:横800ピクセル×縦320ピクセル
(横800ピクセル×縦320ピクセル以上のサイズがない画像は使用できません。)
・ツイートの文字数:140文字以内
・設置可能なコールトゥアクションの文言:続きを読む、購入する、サイトに行く、もっと見る、予約する

ビデオウェブサイトカードの作成方法

step1.

1.png
まず広告マネージャの画面を表示します。
画面上部に表示されているメニューのうち「クリエイティブ」をクリックするとプルダウンメニューが表示されますので「カード」を選択してください。

step2.

2.png
「カードライブラリ」の画面が表示されます。
画面右上に表示されている「カードを作成」をクリックし、さらに表示されるプルダウンメニューから「ビデオウェブサイトカード」をクリックしてください。

step3.

3.png
画面右側に「ウェブサイトカードを作成」というボックスが表示されますので、まずは「ヘッドライン」「ウェブサイトのURL」「カード名」を入力します。
入力が終わったら広告で使用したい動画を指定しますので、「動画を選択」をクリックしてください。

step4.

4.png
以前Twitter上でツイートした動画が表示されます。
ここで表示された動画を使用する場合は、該当の動画をクリックしてください。
新しく動画をアップロードする場合は「メディアライブラリ」にアクセスしてアップロードする必要があります。

step5.

5.png
新しくタブが開き「メディアライブラリ」が表示されたら、画面右上の「メディアをアップロード」をクリックします。
するとパソコン上に保存されている動画を選択できるようになりますので、広告に使用したい動画をアップロードしてください。

step6.

6.png
アップロードしたら「ウェブサイトカードを作成」というボックスが表示されているタブに戻ります。
リロードするとstep5でアップロードした動画が表示されますので、動画をクリックします。

step7.

7.png
動画がセットされます。
正しく広告が作成できたかを確認するために「プレビュー」をクリックしてください。

step8.

8.png
プレビュー画面が表示されます。
ここではiOSAndroid、パソコンのデスクトップのそれぞれでどのように表示されるのか確認できますので、正しいクリエイティブになっているか確認してください。
修正がある場合は「戻る」をクリックして修正、そのまま出稿してよければ「作成」をクリックします。

step9.

9.png
正しく保存できれば、カードライブラリの一覧に作成したビデオウェブサイトカードが表示されます。
表示されたら動画のサムネイル上にアイコンが表示されますので「ツイート」をクリックしてください。

step10.

10.png
新しくタブが開き、ツイート作成画面が表示されます。
ビデオウェブサイトカードとともに配信するツイート文を入力します。
ここで「広告用」にチェックを入れることを忘れないように注意してください。
チェックを入れなかった場合は、通常のツイートとして投稿されます。
ツイート文の入力・「広告用」にチェックをいれたら、すぐに配信する場合は「ツイート」、時間を指定してツイートする場合は「予約設定する」をクリックしてください。
なお、Twitterでは機密性の高いコンテンツについては予約設定を推奨しています。
これでカードの作成は完了です。

step11.

11.png
作成したカードがツイートされると、通常のウェブサイトカードの出稿と同様の方法でビデオウェブサイトカードを出稿することができます。
ウェブサイトカードの出稿方法については、ferret内の以下の記事にてご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

Twitter広告をもっと効果的にしてくれる、ウェブサイトカードの入稿方法を解説|ferret

インストリーム動画広告とは

「インストリーム動画広告」とは、Twitterのプレミアムコンテンツパートナーが配信している動画コンテンツの冒頭に挿入できる動画広告です。
YouTubeで動画を再生する際に、コンテンツが表示される前に再生され動画広告をイメージすると理解しやすくなります。
これまでも類似の広告はありましたが、どの動画コンテンツに対して広告を配信するのか広告主が決める必要がありました。
新しく発表になった「インストリーム動画広告」では、動画のカテゴリを選択するだけで広告を配信できるようになっているので、これまで以上に多くのユーザーへリーチしやすくなります。

動画の秒数に制限はありませんが、6秒以上の動画をインストリーム動画広告として出稿した場合は、5秒経過語にスキップボタンが表示されます。
そのため、5秒以内にユーザーの印象に強く残るクリエイティブが求められます。

インストリーム動画広告の出稿方法や費用については、Twitter Japanへ直接問い合わせが必要です。

まとめ

Twitterに限らず、近年各種SNSでも動画コンテンツに力を入れていプラットフォームが増加しています。
これはスマートフォンでの動画コンテンツエンゲージメントが高まりつつあることが要因のひとつと考えられます。
今回Twitterより発表された新しい動画広告2種は、どちらも動画コンテンツを利用した広告フォーマットです。
特にビデオウェブサイトカードについては、Twitterを利用している方であれば誰でも簡単に出稿することができます。
まだ発表されたばかりの広告フォーマットですので、早めに利用して他社との差別化を図ってみてはいかがでしょうか。