リスティング広告を行うのであれば、LP(ランディングページ)をつくることをおすすめします。通常のホームページリンクさせるのではなく、リスティング広告専用のLPを作成しますと、コンバージョン率を高めることができます。

本記事では、LP作成により、成果が改善した事例をご紹介します。

事例:通常のホームページとコンバージョン率を比較

事例サイト概要

事例LP:留学デビュー
どのようなホームページか:若年層の女性をターゲットにした海外留学比較サイト

参考リンクhttp://ryugaku-debut.net/

改善結果

【改善後】
CVRが既存サイトと比べ139%向上

【ホームページの目的】
・留学に関するコンテンツへの誘導、または資料請求。

【ポイント】
ファーストビューで全てが伝わるような構成に。
・ターゲットを若年層の女性に限定。
・留学経験のある女性に体験談をヒアリングし、リアリティのあるコンテンツを追求。

改善例

STEP1 課題~内容が多すぎることも問題

弊社のグループ会社では、インターネットで留学情報を探している人に向けて、世界各国の留学情報を発信するポータルサイトを運営しています。実際に留学体験をもつ女性からヒアリングをし、口コミ情報なども多数掲載し、順調にアクセスを伸ばしています。

そのため、女性の留学に関する情報量はかなりの領域で網羅し、ここを見ればたいていの情報は手に入る、とまで成長しました。いっぽうで、内容が多岐にわたるため、ユーザーはどこを見るべきか迷ってしまい、留学プログラムを紹介するゴールまで、たどりつかないことも増えてきました。

そこで、ホームページを回遊させるのではなく、圧倒的な情報量をつめこんだ、縦に長い単一ページLPを作り、既存ホームページと成果を比較してみることにしました。

STEP2 改善~ターゲットに配慮したLPの制作

Googleアナリティクスでコンバージョン分析

まずは、Googleアナリティクスや申し込みの状況から、成果の現状を把握しました。すると、コンバージョンしているユーザーには次の傾向があることがわかりました。

・「留学」や「ワーキングホリデー」などのビッグキーワード経由。
・大学生~社会人2年目の女性が多い。

これをふまえて、LPで留意すべきポイントを整理しました。

ターゲットユーザーの設定

競合・自社分析をふまえて、ターゲットユーザーを大学生~社会人2年目の女性に限定しました。そして、せっかく作るわけですから、通常のホームページよりも、シンプルでわかりやすい内容をめざしました。とくに、「行動力はあるし好奇心も旺盛。でも面倒な事が苦手」なタイプの女性をメインのターゲットとして想定しました。

タイプ別

さらに、行動パターンやどういうTVを見るか、好きな色は・・・、などより具体的にターゲットのイメージをふくらませました。そのうえで、次のことを意識して制作しました。

・解りやすさ
・親しみやすさ
・好奇心をくすぐる
・「とにかく簡単に!友達に説明する感覚」を重視。

LP制作時に留意したこと

さて次に、どのような構成にするべきかと考えました。そこで私たちは、留学経験のある知人や友人に聞いてみることにしました。

すると、「どんな勉強をして、社会の役に立って…」みたいな話ではなく、「日本人女子はモテる」「連日パーティに呼ばれる」というような、他のホームページではあまり見かけないようなことが聞きたい、ということでした。

まったくの予想外でした。一般的なつくりではマズイと直感し、体験談はすぐに目についた方が良いと考え、トップにおく構成に変更しました。

それ以外でも、以下のことに気をつけてデザインや文章を作りこみました。費用や期間など、とにかく具体的にイメージしやすいようなものを強調するようにしました。

・設定したユーザーイメージの趣味嗜好を反映させる。
・メインビジュアルは日本にはない景色を用い、ひと目で留学をイメージさせる
・ピンクやハートは惜しみなく使う。

考察~ターゲットにあったLPが重要

結果、コンバージョン率が既存サイトと比べて139%向上となり、広告の効率も良くなりました。ただ、やみくもにつくったのでは、それほど効果は上がらなかったのではないかと考えています。

・今あるホームページから、自社へのニーズを汲み取る。
・ターゲットユーザーに近い人物に、直接聞いてみる。
・デザインやディテールはターゲット目線で考え構成する。

LPに訪れたユーザーには、行動に移してもらわなくてはいけません。ですので、費用や期間の比較、ローンが使えるなどの、心配ごとを解消するコンテンツを掲載したことも良かったのではないかと、考えています。

学生ローン

これからも、ユーザー目線で留学に役立つ情報を、直接ヒアリングするなど手間をおしまず発信していこうと、スタッフ一同思います。