直感的にホームページを作成してみよう

Googleサイトは無料で簡単にホームページを作れますが、整理すると以下2点はあらかじめ念頭に置く必要があります。

まず1つ目は、新しいGoogleサイトを利用する場合、無料プランでは独自ドメインを設定することができないということです。そのため、内部用にサイトを作る場合は問題ないですが、外部に公開する場合は独自ドメインの取得を検討することをオススメします。

2つ目は、無料版有料版にかかわらず、フッターには必ずGoogleサイトの情報が表示されることです。フッターに自社情報を掲載したい場合は、ワードプレスなどのホームページ作成ツールの使用をオススメします。

ホームページの作り方を見てみる

【Web担当必見】非生産的な工数をカット!リーンなサイト制作ができる「ferret One」とは?

【Web担当必見】非生産的な工数をカット!リーンなサイト制作ができる「ferret One」とは?

マーケター471名を対象にした「マーケターの働き方調査」の結果が発表されました。調査によると、マーケターの75%が「戦略/施策を考える時間を増やしたい」、55.6%が「施策の実行にかかっている時間を減らしたい」など、目の前の施策に追われ、次の戦略・施策を考える時間がとれていないことが浮き彫りになっています。マーケターの業務の中で、時間がかかりがちな業務の一ついえば、Webサイト制作/更新があげられるでしょう。デザインやプログラミングの知識やスキルなど、Webサイト制作に関する知識が少ないがゆえ、プロに依頼することが多くなります。そのため、時間はもちろん制作費もかかってしまうのが玉にキズ。また、

ホームページの制作フローを徹底解説

ホームページの制作フローを徹底解説

デザインやWeb制作のディレクション経験がない場合、自社のホームページはどのようにして制作すればいいのか戸惑う方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、Web担当者が日常的に行っているホームページの制作フローをまとめてみました。初心者でも安心してディレクション業務の「いろは」を学べるように、わかりやすく解説しております。ぜひご覧ください。