サイトの制作や運用時に、よく「CMS」という言葉が使われますが、実際のところ「CMSって何?」「他のシステムとの違いは?」とイマイチ内容を理解していない方も多いのではないでしょか?

今回は、CMSとは何かという基本的な情報やメリット・デメリットについて紹介します。

CMSとは?

CMSとは

CMSとは、「コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、Webサイト構築に必要な画像やテキストなどのコンテンツを一元管理できるシステムのことです。

HTMLCSSといった特別な知識がなくてもWebサイトの構築・運営が可能で、Web初心者の方でもスムーズに利用することができます。

CMSの種類

CMSは、大きく3つの規模に分かれています。

小規模CMS:すぐに利用することができ、無料のものが多い
中規模CMS:有料のものが多く、構築からサポートまで提供企業が行う
大規模CMS:目的や用途に応じて機能を追加でき、Webサイトの拡大にも適している

また、この他にも下記のように、それぞれの目的に適した種類のCMSがあります。

イーコマース系:ショッピングサイトなどの構築に適したCMS
ブログシステム系ブログ記事の更新に適したCMS
コミュニティ系:会員制のサイトやSNSに適したCMS
ポータルサイト:行政サイトやコーポレートサイトの制作に適したCMS

CMSの基本機能

CMSの基本機能は以下のとおりです。

  • バージョン管理機能
  • コンテンツ管理機能
  • サイトマップ機能
  • 検索機能
  • 権限管理機能
  • WYSIWYG機能
  • ホームページ更新機能 など

無料(オープンソース)と有料の違いとは?

CMSには、無料(オープンソース)と有料のものがありますが、「どんな違いがあるの?」と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

両者の違いは、「料金がかかるか」「サポートがあるか」です。

無料(オープンソース)のCMSは基本的にサポートがないため、トラブル発生時は自社のエンジニアが対応するか、外部の支援企業に依頼しなければならないという手間が発生します。

有料のCMSは、システムを提供する企業がサイトの構築やサポートを行うため、比較的利用しやすいのが特徴です。
様々なマーケティング機能を搭載しているため、本格的なWebサイト構築・運営に適しています。

CMSとHTMLの違いとは?

CMSHTMLの違いは、「システムであるか」「マークアップ用語であるか」です。

CMSとは、知識不要で誰でも簡単にWebサイトの構築・運営が可能なシステムのことを指します。

HTMLとは「ハイパーテキストマークアップランゲージ」の略で、基本的なマークアップ言語の1つです。

HTMLWebサイトを作る場合は、タグを使う必要があります。
習得すればスムーズにサイトを作ることができ、WEBの仕組みがよく理解できるようになりますが、1から習得するという方には少し時間がかかってしまうかもしれません。

エクセルを活用したCMS

エクセルで作成した資料をWebサイトに掲載したいけど、HTMLだと手間がかかってしまうためなかなか入れられない…という方も多いと思います。

CMSには、エクセルと連携できるものが多数販売されています。

エクセルとは表計算ソフトのことで、CMSとエクセルを連携することで、Webサイト構築の手間が省け、担当者の方の負担も大幅に軽減することができます。

データ量の多い表組みが手軽に管理できるため、CMSを導入する際は、エクセルやOpenOfficeなどの表計算ソフトと連携可能なサービスを選ぶと良いでしょう。

エクセルと連携ができると非常に便利です。