近年、消費者はモノを購入するよりも、体験にお金を払うことが増えました。そうした時代を牽引しているのが「サブスクリプション」と呼ばれるビジネスモデルです。

今回は大手企業の導入も増えつつあるサブスクリプションとはどんなビジネスモデルなのか、そのメリットとデメリットを解説します。

また、大手サービスのサブスクリプションも合わせてご紹介。今後の導入の参考にしてみてください。

目次

  1. サブスクリプションとは
    1. 定額制との違い
    2. メリット
    3. デメリット
  2. 大手有名サブスクリプション8選
    1. Hulu
    2. Kindle Unlimited
    3. PlayStation Now
    4. Dyson Technology +
    5. MECHAKARI
    6. Laxus
    7. Araeru
    8. coffee mafia
  3. サブスクリプションモデルでビジネスを展開

サブスクリプションとは

サブスクリプションとは、もともと「定期購読」という意味で、消費者が製品やサービスごとにお金を支払うのではなく、それを一定期間利用できる「権利」に対してお金を支払うビジネスモデルです。

Adobeのソフトウェアが買い切り型からサブスクリプション型に変えユーザーに利用権を与えたことからスタートし、現在は音楽配信サービスのSpotifyやApple musicなどでも採用されています。

消費者はモノを所有することから利用することへと志向が変化しているのです。

定額制との違い

毎月サービスに課金する「月額定額制」のモデルはほぼサブスクリプションと同義に使われますが、この2つには違いがあります。

定額制はただ製品やサービスに同じ金額で継続的に課金してもらうことを指しますが、サブスクリプションはさらに踏み込んで、顧客の必要としているものや顧客満足度に注目しています。

料金プランをいくつかに分けて利用権の範囲を変える、休止可能にする、無料お試し期間を入れて顧客のニーズに答えるなどして、いかに顧客との関係性を継続していくかがサブスクリプションを成功させる要となるのです。

参考:
5分でわかる「サブスクリプション」、単なる定額制との違いは?(※2019年11月時点でページが存在しないためリンクを削除しました)

メリット

サブスクリプションを導入することで、顧客側と企業側の両方にメリットがあります。

顧客側のメリット

・モノを持つ必要がなく、モノを置くスペースや管理する手間もかからない
・利用開始するためのコストが抑えられ、利用開始のハードルが下がる
・期間中は利用し放題のため、使えば使うほど1回あたりの金額がお得
・いつでも解約できる

企業側のメリット

・新規の導入障壁を下げ、利用者増加に期待できる
・継続的な売上として試算できる
・利用者リストや実際に利用された統計データが取れ、今後の改善に利用できる
・デジタル、アナログ問わずさまざまな業界や業種で導入できる

顧客側にも企業側にも多くのメリットがあるため、近年サブスクリプションを導入する企業が増えているのです。

デメリット

一方でサブスクリプションによって顧客側、企業側の両方にデメリットもあります。

顧客側のデメリット

・使わなくても料金は発生する
・利用開始のハードルが低いからこそ、いろいろ契約してしまい費用がかさみやすい
・使わない機能や興味のないサービスも含まれている

企業側のデメリット

・サービス開始直後のユーザー数が少なく、即利益にはつながらない
・新鮮なコンテンツを取り入れ続ける必要がある
・新鮮なコンテンツを入れるためのコストがかかる

サブスクリプションを開発する際には、こうしたデメリットを解決するための施策も考えてみると良いでしょう。

大手有名サブスクリプション8選

実際にどの企業がどんなサブスクリプションサービスを展開しているのでしょうか?最後に、大手サービスのサブスクリプションをご紹介します。

Hulu

1.png
hulu

動画配信サービスの中でも屈指の作品数を誇るHuluは、月額933円(税別)でスマホ、PC、タブレットなど多くの端末で動画を視聴できます。

さらに、日本テレビと連携しているため日テレオンデマンド内のコンテンツも視聴可能。
特に国内のドラマやアニメなどの作品に強く、一度放送された作品の見逃し配信もあります。

Kindle Unlimited

2.png
Kindle Unlimited

電子書籍を読み放題のサブスクリプションといえばKindle Unlimited。
日本の書籍や雑誌、コミックはもちろん、洋書も多数取り揃えて月額980円(税込)、30日間の無料お試し期間付きです。

Kindle端末はもちろん、PCやスマホからでも読めて持ち歩きできるのが魅力。
月に何冊も本を読む人や、書籍は読みたいけどあまりお金をかけたくない人のニーズを満たしています。

PlayStation Now

3.png
PlayStation Now

PlayStation Nowは従来のゲームソフトの購入を不要にして好きなゲームを好きなだけプレイできるサブスクリプションです。

月額2,315円(税抜)とやや高めですが、約400タイトルがストリーミング経由でプレイし放題になるので、いろいろなゲームを触ってみたい人におすすめ。
気に入ったゲームがあれば継続を休止し、そのゲームを購入してしばらく集中してプレイするという遊び方も可能です。

Dyson Technology +

4.png
Dyson Technology +

ダイソンの家電を自宅で利用できるサブスクリプションサービスです。
掃除機、空気洗浄機、ヘアドライヤーなど気になる商品が試せるので、ダイソンの家電を使ってみたい人におすすめ。

月額1,000円からと出費も少ないので、1ヶ月で解約して気に入った家電は購入するという使い方もできます。

MECHAKARI

5.png
MECHAKARI

ファッションサブスクリプションの代表格でもあるMECHAKARI(メチャカリ)は独特なサービス内容となっています。
月額5,800円(税込)でレンタルできる洋服はすべで新品・新作のアイテムで、返却期間がありません。
さらに気に入った洋服を60日間続けてレンタルすると自分のものになるというシステム。

いろいろな服を着てみたい、本当に気に入った服だけ欲しいという女性からの人気が高いです。

Laxus

6.png
Laxus

57の有名ブランドのバッグを月額6,800円(税込)でレンタルできるLaxusは、広告などで見て知っている人を人も多いのではないでしょうか。
高級ブランドのバッグは購入できなくても、定額で好きなバッグを自由にレンタルし放題のこのサービスは多くの女性を魅了しました。

往復送料は無料で返却期限もなし、さらに料金の中にキズや汚れの保証料も含まれているため、ユーザーは安心して利用することができます。

Araeru

7.png
Araeru
Araeruは月額4,000円から24時間365日いつでも指定のコインランドリーで洗濯・乾燥ができるコインランドリーのサブスクリプションです。
プランの中には洗濯から乾燥、畳むまでをやってくれる預け放題プランもあります。

スマホでコインランドリーの空き状況を確認することもでき、家事の時短や効率的に済ませたい人が利用しています。

coffee mafia

8.png
coffee mafia

coffee mafiaでは月額3,000円からの会費を払うことで、1杯300円のラージコーヒーを無料で飲めるだけでなく、対象のドリンクも240円引き、アルコール飲料も280円で注文することができます。

カフェで仕事や作業をすることが多く、何度も通う機会がある人は利用すればするほどお得になっていくのが魅力です。

サブスクリプションモデルでビジネスを展開

サブスクリプションサービスは昔ながらあったビジネスモデルでしたが、近年の消費者ニーズに合わせて急速に普及してきました。顧客数を増やし、より長く継続してもらえれば、単品を購入してもらうよりも高い収益が見込めるモデルでもあります。

これからビジネス展開することを考えている方は、サブスクリプションの導入も検討してみましょう。

もっとサブスクリプションを知る

リアル店舗にも波及するサブスクリプションモデルとは?普及の理由と導入のポイント

リアル店舗にも波及するサブスクリプションモデルとは?普及の理由と導入のポイント

利用期間によって課金される、サブスクリプション型のサービスが様々な業界で用いられるようになっています。今回は、普及の背景と導入の際のヒントをご紹介します。

サブスクリプションビジネスの成長率は7年で300%超え Zuoraがサブスクリプション・エコノミー・インデックスの最新版を発表

サブスクリプションビジネスの成長率は7年で300%超え Zuoraがサブスクリプション・エコノミー・インデックスの最新版を発表

2019年4月11日、米国でサブスクリプションビジネス支援事業を行うZuoraが、サブスプリクション・エコノミー・インデックス(以下SEI)の最新版を発表しました。 サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)とは、サブスクリプション・ビジネスの収益化のためのプラットフォームを提供しているZuoraが、その蓄積されたデータを使い、サブスクリプション・ビジネスの成長データをまとめたものです。