SNSマーケティングで注意するべきこと

どのようなマーケティングも共通ですが、メリットばかりではありません。
以下にSNSマーケティングの注意点をピックアップします。

継続的な運営には負担がかかる

SNSマーケティングは日々のアカウント運用が大切です。
適切な情報を配信し、価値のある顧客コミュニケーションを作り上げなければいけないため、業務としてのボリュームは大きいことを忘れてはいけません。
SNSの種類が多いとそれだけ運用の負担も増えるため、作業工数を見積もって計画的なプロジェクト進行を心がける必要があります。
とりあえずではじめると中途半端なアカウントを作り出し、企業イメージを損ねてしまう場合もあるので注意が必要です。

「炎上」のリスクがある

ちょっとした投稿からトラブルが生じてしまう可能性があるのがSNSの怖さでもあります。
運用担当者が個人アカウントと企業アカウントを間違えてしまったり、サービスに関する投稿でかえってユーザーに不信感を与えてしまったり、ケースは様々です。
SNS、特にTwitterはネガティブな内容のツイートが拡散されやすく、ひとたび炎上してしまうと収束させるのが非常に困難な状態になってしまうことも少なくありません。
些細なことでも人によってどのように受け取るかわからないので、投稿する内容を運用方針として定める必要があります。

SNSマーケティングに便利なツール3選

SNSマーケティングを成功させるために、様々なツールが開発されています。
今回ご紹介するのは、数あるサービスの中の一つです。

自社のニーズにあったサービスを導入することで、マーケティングを加速できるでしょう。

comnico Marketing Suite

image1.png
(画像引用)comnico Marketing Suite ホームページより
https://products.comnico.jp/cms/jp

Facebook、Twitter、Instagramの3つのSNSに対応したアカウント管理ツールです。
投稿管理や効果測定などSNSの運用にかかる時間を大幅に削減できます。
2019年2月時点で累計2,500アカウント以上の導入実績を誇り、多くの企業から支持されています。

シンプルで使いやすいインターフェースやサポート大切など利用者の使いやすさを追求している部分も魅力的です。

クチコミ@係長

image3.png
(画像引用)クチコミ@係長 ホームページより
https://service.hottolink.co.jp/service/kakaricho/

口コミデータの分析により、消費者のニーズやブランドイメージなど様々な情報を把握できます。自社の風評など気になる部分もスムーズに調査可能です。SNS上にある情報を有効活用し、商品やサービスの改善などに役立てられます。

また、SNS戦略の策定やキャンペーンの実施など、色々なフェーズに活用できるため、多くのシーンで活躍できるツールでしょう。

SINIS

image2.png
(画像引用)SINIS ホームページより
https://sinis.jp

SINIS(サイニス)はInstagramに特化した分析ツールです。
フォロワーの数の推移の確認や投稿の分析などが手軽に実行できます。
スマホアプリでのみ確認できたInstagramのビジネスアカウントのインサイトデータをPCでチェックすることも可能です。
データ出力も搭載しておりレポートティングも手軽に実施できます。