CMSはホームページの更新に専門的なスキルを使わず、誰にでもスムーズに取り扱える手軽さが魅力であり、今では多くの企業に利用されています。2019年7月にQ-Successが発表したCMSシェアによると、CMSの中で最も多くのシェアを獲得しているのがWordPressであり30.4%でした。2番目に多く使われているCMSの約10倍のシェアがあることから、WordPressCMSを利用する多くの人にとって一般的な存在であることが推察されます。

参照:マイナビニュース・Squarespace増加 - 7月Webサイト向けCMSシェア

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

10時間の作業を2分に!Keywordmap(キーワードマップ)でSEO流入増の対策をしよう

Keywordmapは、自社だけではなく競合サイトの検索順位データや対策KWの抽出などにより、オーガニックの面並びにペイドの面での機会損失を防ぐことが可能です。効果的かつ効率的にコンテンツ制作を行いましょう。

ホームページとともに、情報収集源および発信源として私たちの生活に根付いているSNSもまた手軽にマーケティングに利用できるツールです。ホームページとSNSを更新を連動させることで、さらなる効率化が実現できるため、CMSとSNSの連携を設定している人が多いでしょう。

今回は、Twitterと最もシェアの大きいCMSであるWordPressの連携方法について解説します。

まだ連携設定をしていない方は、この機会に実践してみてはいかがでしょうか。設定するまでは少々手間がかかりますが、一度行えば業務効率化に大きく貢献するのでおすすめです。

Twitter(ツイッター)とWordPress(ワードプレス)の連携について

TwitterWordPressの連携方法についてご説明します。TwitterWordPressの投稿が拡散された場合、連携設定を行っておくことで、画像とテキストレイアウトがクリックされやすいに自動的に指定フォーマットに形成されます。記事投稿を効果的にSNSで拡散したい場合に必須とも言えます。

ここでは、Twitterカードの設定と人気プラグインである「All in One Seo Pack」を利用します。
All in One Seo Packは、SEO設定が手軽に行えるプラグインとして人気が高く、SNSのOGPの指定や、タイトルやディスクリプションの設定、sitemap.xmlの作成など、SEOのために必要となる作業を効率的に行うことができます。専門性の高いスキルを持たない人でも有効なSEOが可能になります。

(1)ソーシャルメディア設定画面を表示する

事前にAll in One Seo Packをインストールし有効化しておいてください。そして、WordPressの左側のメニューでAll in One Seoの機能管理を選択し、「ソーシャルメディア」を有効化します。

4_allinone_1.png

(2)画像設定をする

・「OG:Imageソースを選択」は「アイキャッチ画像」にしましょう。
・画像が見つからない場合はデフォルトを使用にチェックを入れた状態にします。Twitterに画像が設定されていない場合に使用する画像という意味です。
・デフォルトのOG:Imageは、上記の場合のデフォルト画像を指定します。
・他は空欄で大丈夫です。

4_allinone_2.png

(3)Twitter設定をする

・デフォルトTwitterカードは、「要約」を選択しておきます。
Twitterサイトは、@ではじまるTwitterユーザー名を入力します。
Twitter投稿者を表示は、投稿者を表示したい場合のみチェックをつけます。
Twitterドメインは、連携させるWordPressを搭載したホームページに使用しているドメインを入力してください。

4_allinone_3.png

最後に、ページの一番に下にある「設定を更新」をクリックして完了です。

(4)Twitterを設定する

自社のTwitter側を設定します。左側のメニュー「プロフィール」から「プロフィールを編集」を選択し、「ウェブサイト」にURLを入力し「保存」をクリックします。

4_allinone_4.png

(5)Twitterカードを登録する

Card validatorにアクセスし、URLを入力し、「Preview card」をクリックします。右側にTwitterカードのプレビューが表示されたら完了です。

4_allinone_5.png